2018年 07月 31日
2018年7月 夏のくじゅう詣で2日目 ~法華院温泉山荘から牧ノ戸峠~
e0013365_22123656.jpg


起床は目覚ましのセット時間よりもかなり早い4時過ぎ。2度寝しようと試みますが,かなわず、スマホを持って1人で早目の朝風呂へと向かいます。温泉からテラスに出てみると、まだ外は暗い状態ですが、平治岳方面の山の端がうっすらと白んできています。「春はあけぼの、ようよう白くなりゆく山ぎわ、少し明りて、紫立ちたる雲の細くたなびきたる」と口ずさんだ後、「春ちゃいまんがな、真夏やんけ!」と1人突っ込み。素っ裸でテラスの上で1人漫才しているとだんだん寒くなってきました。再び湯舟にゆっくりと体を沈め、山中の温泉を心ゆくまで楽しみました。

e0013365_2214671.jpg

e0013365_22172285.jpg


温泉から帰ると、会社関係の仲間達を誘い、坊ガツルまで散歩に出掛けました。同僚が1人でテント泊しているので、その様子を見に行くのです。10分程で坊ガツルに到着。三角形の「SIX MOON DESIGN」のテントと聞いていましたので、探しますが、なかなか見つかりません。結局テント場を1周してやっと発見。緑色のテントは芝生と同化して発見しづらかったようです。次回はテント泊しにここに来たいな。

e0013365_22175387.jpg

e0013365_2218962.jpg

e0013365_22182757.jpg

e0013365_22184291.jpg

e0013365_22185996.jpg

e0013365_22191469.jpg

e0013365_22192834.jpg

e0013365_22194718.jpg

e0013365_2220312.jpg

e0013365_22201949.jpg

e0013365_22203437.jpg


山荘に戻り、朝食を食べ、いよいよ出発。山荘からのセメント道は、牧ノ戸峠からの登山道より厳しい急坂です。路傍に咲くヤマオダマキや乱舞するアサギマダラに癒されながら急坂をなんとかクリア。北千里ヶ原を目指します。

e0013365_22214066.jpg

e0013365_22215537.jpg


昨日は暗い色だった北千里ヶ浜の砂は、照りつける太陽を反射し真っ白に輝いていました。スガモリ越の下から左へとカーブし久住分かれ方面へと進みます。照りつける太陽から逃れたいところですが、日陰はありません。砂浜を過ぎ坂道に差し掛かったところで休憩。さらに大きな岩が重なる急坂になる手前で休憩し、久住分かれを目指します。全員が久住分かれに到着したところで記念撮影。法華院温泉山荘で買った「くじゅうに立つ!」Tシャツを着ていたN君が前に座ろうとしたので「ダメダメ、それじゃくじゅうに座るになるやん!N君は立って!」でパチリ。久住分かれから少し下り、昨日ランチ休憩をした避難小屋前の広場に到着です。しばらく休憩していると、老夫婦が通りかかりました。富士山登山を志しているらしく、練習で久住山を目指してきたとのこと。ただ、ここまでやっとの思いで到着したので、久住山山頂まで行くかどうか悩んでおられました。「久住山はもう目の前ですよ。ここまで来られたんですから大丈夫。今までよりは少し急になりますが、ゆっくりゆっくり歩けば40分くらいで山頂に着きますよ。是非頑張って!」と励ましたところ、「頑張ります!」と2人で山頂へと向かって行かれました。「ガンバ!」

e0013365_22224475.jpg

e0013365_2223185.jpg

e0013365_22231769.jpg

e0013365_22233857.jpg

e0013365_22235664.jpg

e0013365_22241481.jpg

e0013365_2228010.jpg

e0013365_22243726.jpg


ちょっと早目ですが、ここでご飯を食べることにします。ただ昨日と同じ場所ってのも芸がないので、星生崎直下の岩場の先のスペースを提案。みんなでその場所へと向かいます。ランチにはいい場所ですが、まだ誰も居ません。岩の上やその下のスペースを僕ら10名が占領してのランチタイム。今日のお昼は法華院温泉山荘特製弁当です♪

e0013365_22251013.jpg


ランチ後はまっすぐ牧ノ戸峠へと向かって下山します。
途中から足の具合が悪化したメンバーをS君が後ろからスリングで引っ張る形で下山。そのお陰でなんとか全員が無事に帰着しました。帰着後すぐに、久住山へと向かった老夫婦が「登って来ましたぁ~♪」と下山。「アドバイスしてもらったので登れました。ありがとうございます」と嬉しそう。良かった良かった。富士山登山も頑張ってくださいね。

e0013365_22254182.jpg

e0013365_22255584.jpg

e0013365_2226920.jpg

e0013365_22262514.jpg


下山後、温泉で汗を流し、ソフトクリームを食べ、さらに高速のSAで熊本ラーメンを食べて鹿児島に帰着。楽しい2日間でした。全員疲れ切って、帰りの車の中で爆睡したいと願っていたはずなんですが、往路同様、K氏のトークで誰も眠れず。そのお蔭で、帰宅後は自分のベッドで爆睡したことでしょうね。お疲れ様でした。

e0013365_22264990.jpg

e0013365_2227650.jpg


by ex-mlwalk326 | 2018-07-31 22:28 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)


<< ブログを再開しましたが・・・      2018年7月 夏のくじゅう詣... >>