2019年 12月 31日
ブログを再開しましたが・・・
業務多忙の為、滞っていましたブログ更新を再開しました。
滞っていた期間、facebookにアップしてきた出来事を少しずつ、現在から過去にさかのぼる形で、
こちらにも転載していきますので、どうぞ過去ログをさかのぼってご覧ください。

ただ、相変わらず多忙なため、以前のようにタイムリーに記事のアップができない状況です。
頑張ってみるけど、また滞っても、御容赦くださいね。

by 326

# by ex-mlwalk326 | 2019-12-31 00:00 | お知らせ
2018年 10月 25日
2018年10月 秋のくじゅう詣で ~紅葉の三俣山~
e0013365_18092023.jpg

1023日にくじゅう三俣山の紅葉を楽しんできましたので、ご報告します。


7月に法華院山荘泊で2日間くじゅうを歩いたメンバーと秋には紅葉を見に行こうと語ったのはついこの前のような気がしていましたが、その紅葉の時期がやってきました。残念ながら参加できないメンバーも多く、今回は4名での山行となりました。山に行くとなると気になるのは天気です。10日間天気予報では晴れマークがズラリと並ぶ中この日だけ雨マーク。もっと近くなれば晴れに変わるよと安心していましたが、1週間前、5日前になっても雨マークが点灯中。3日程前にやっと雨マークが消えて喜んだのも束の間、前日には再び非情の雨マーク点灯。三俣山の紅葉はガスに包まれ何も見れないかもしれません。登山口の長者原から眺める三俣山の様子で、三俣山に向かうか、それとも歩きながら頭上の紅葉を楽しめる黒岳にするかを判断することにします。集合時間の午前3:45の少し前にメンバーの1人から「登山靴を忘れたから取りに帰る」とのLINEが。先が思いやられますが、集合場所に着いてから気付くよりいいか。


やまなみハイウェイからも九重連山の姿は雲の中に隠れ見ることができません。やっぱ無理かなって思いながら紅葉が美しい牧ノ戸峠を越え長者原に到着するとどうでしょう。なんと青空が広がり山々が姿を現しています。「やっぱ僕の(私の)日頃の行いがいいからだぁ」とその時4人全員が心の中で思ったことでしょう。三俣山はかすかに山頂にガスを携えていましたが、必ずガスは取れるという根拠のない自信に基づいて、予定通り三俣山を目指すことにします。


鉱山道路のコンクリート道をのんびり歩き、途中からショートカットルートへと入ります。再び鉱山道路に合流してしばらくガレ場を登るとスガモリ越です。ここで短い休憩を取り三俣山に取り付きます。最初のピーク「西峰」を過ぎさらに進みますが、今時点ではまだ山頂付近はガスではっきり見えない状態です。ガスが晴れる様子がないので、分岐を右に取り「第Ⅳ峰」に寄り道してから「本峰」へと向かいます。

e0013365_18122503.jpg
e0013365_18130827.jpg
e0013365_18134075.jpg
e0013365_18142342.jpg

本峰への途中で数名の登山者とすれ違いました。「ガスで何も見えんかったぁ」と残念そう。僕らが来たからすぐに晴れるのに、待ちきれなかったようです。分岐からすぐに本峰に到着。急いで大鍋の淵へと進みますが、やはり真っ赤になっているであろう北峰はガスで何も見えません。ここでしばらく待つことにします。するとどうでしょう。3分もたたないうちにガスが薄くなり始め、北峰の姿がガスの隙間から見え始めました。徐々に薄くなっていくガス。そしてとうとうその全貌を見せてくれたのです。「あとは太陽の光がほしい」と思っていると今度は太陽が射し始めました。先程までは登山道脇の紅葉したドウダンツツジに「わぁ、綺麗~」と言っていた女性メンバーにすかさず「君もね!」と突っ込んでいたメンバーも、突っ込みきれないほどの「キレイ」の連発です。わずか数分前に諦めて帰って行ったグループは引き返してくればいいのにと思っていましたが、結局戻ってはきませんでした。残念!

e0013365_18163562.jpg
e0013365_18170285.jpg
e0013365_18180627.jpg
e0013365_18172554.jpg
e0013365_18190551.jpg
e0013365_18183977.jpg

本峰からの景色を堪能したあとは、南峰経由で小鍋へと向かいます。しばらく北峰方面へと進み、撮影してから大鍋に下れるところにあるスペースまで戻りランチ休憩。この辺りから徐々に雲が広がってきました。

e0013365_18202009.jpg
e0013365_18205522.jpg
e0013365_18214250.jpg
e0013365_18211823.jpg
e0013365_18222733.jpg
e0013365_18225667.jpg
e0013365_18232831.jpg
当初の予定では南峰まで戻ってから第Ⅳ峰とのコルまで下りそこから北千里ヶ浜方面へと下り、法華院温泉経由で雨ヶ池経由で長者原に戻る予定でしたが、ここまででかなり時間を掛けてしまっているので、予定を変更し、南峰と第4峰のコルから下り西峰への登山道へと合流し、そのままスガモリ越経由で来た道を戻ることにします。西峰登山道への合流地点手前でとうとう雨が降り出しレインウェア装着。鉱山道路のショートカットルートは雨でドロドロになりかなり危険な状態でしたが、なんとか尻餅つかずに下り切りました。下山後は山恵の湯で汗を流し、高速の宮原SAでいきなりステーキを食べ楽しかった1日は終了。次は1~2月頃に雪のくじゅうを堪能しましょう!




# by ex-mlwalk326 | 2018-10-25 18:24 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2018年 07月 31日
2018年7月 夏のくじゅう詣で2日目 ~法華院温泉山荘から牧ノ戸峠~
e0013365_22123656.jpg


起床は目覚ましのセット時間よりもかなり早い4時過ぎ。2度寝しようと試みますが,かなわず、スマホを持って1人で早目の朝風呂へと向かいます。温泉からテラスに出てみると、まだ外は暗い状態ですが、平治岳方面の山の端がうっすらと白んできています。「春はあけぼの、ようよう白くなりゆく山ぎわ、少し明りて、紫立ちたる雲の細くたなびきたる」と口ずさんだ後、「春ちゃいまんがな、真夏やんけ!」と1人突っ込み。素っ裸でテラスの上で1人漫才しているとだんだん寒くなってきました。再び湯舟にゆっくりと体を沈め、山中の温泉を心ゆくまで楽しみました。

e0013365_2214671.jpg

e0013365_22172285.jpg


温泉から帰ると、会社関係の仲間達を誘い、坊ガツルまで散歩に出掛けました。同僚が1人でテント泊しているので、その様子を見に行くのです。10分程で坊ガツルに到着。三角形の「SIX MOON DESIGN」のテントと聞いていましたので、探しますが、なかなか見つかりません。結局テント場を1周してやっと発見。緑色のテントは芝生と同化して発見しづらかったようです。次回はテント泊しにここに来たいな。

e0013365_22175387.jpg

e0013365_2218962.jpg

e0013365_22182757.jpg

e0013365_22184291.jpg

e0013365_22185996.jpg

e0013365_22191469.jpg

e0013365_22192834.jpg

e0013365_22194718.jpg

e0013365_2220312.jpg

e0013365_22201949.jpg

e0013365_22203437.jpg


山荘に戻り、朝食を食べ、いよいよ出発。山荘からのセメント道は、牧ノ戸峠からの登山道より厳しい急坂です。路傍に咲くヤマオダマキや乱舞するアサギマダラに癒されながら急坂をなんとかクリア。北千里ヶ原を目指します。

e0013365_22214066.jpg

e0013365_22215537.jpg


昨日は暗い色だった北千里ヶ浜の砂は、照りつける太陽を反射し真っ白に輝いていました。スガモリ越の下から左へとカーブし久住分かれ方面へと進みます。照りつける太陽から逃れたいところですが、日陰はありません。砂浜を過ぎ坂道に差し掛かったところで休憩。さらに大きな岩が重なる急坂になる手前で休憩し、久住分かれを目指します。全員が久住分かれに到着したところで記念撮影。法華院温泉山荘で買った「くじゅうに立つ!」Tシャツを着ていたN君が前に座ろうとしたので「ダメダメ、それじゃくじゅうに座るになるやん!N君は立って!」でパチリ。久住分かれから少し下り、昨日ランチ休憩をした避難小屋前の広場に到着です。しばらく休憩していると、老夫婦が通りかかりました。富士山登山を志しているらしく、練習で久住山を目指してきたとのこと。ただ、ここまでやっとの思いで到着したので、久住山山頂まで行くかどうか悩んでおられました。「久住山はもう目の前ですよ。ここまで来られたんですから大丈夫。今までよりは少し急になりますが、ゆっくりゆっくり歩けば40分くらいで山頂に着きますよ。是非頑張って!」と励ましたところ、「頑張ります!」と2人で山頂へと向かって行かれました。「ガンバ!」

e0013365_22224475.jpg

e0013365_2223185.jpg

e0013365_22231769.jpg

e0013365_22233857.jpg

e0013365_22235664.jpg

e0013365_22241481.jpg

e0013365_2228010.jpg

e0013365_22243726.jpg


ちょっと早目ですが、ここでご飯を食べることにします。ただ昨日と同じ場所ってのも芸がないので、星生崎直下の岩場の先のスペースを提案。みんなでその場所へと向かいます。ランチにはいい場所ですが、まだ誰も居ません。岩の上やその下のスペースを僕ら10名が占領してのランチタイム。今日のお昼は法華院温泉山荘特製弁当です♪

e0013365_22251013.jpg


ランチ後はまっすぐ牧ノ戸峠へと向かって下山します。
途中から足の具合が悪化したメンバーをS君が後ろからスリングで引っ張る形で下山。そのお陰でなんとか全員が無事に帰着しました。帰着後すぐに、久住山へと向かった老夫婦が「登って来ましたぁ~♪」と下山。「アドバイスしてもらったので登れました。ありがとうございます」と嬉しそう。良かった良かった。富士山登山も頑張ってくださいね。

e0013365_22254182.jpg

e0013365_22255584.jpg

e0013365_2226920.jpg

e0013365_22262514.jpg


下山後、温泉で汗を流し、ソフトクリームを食べ、さらに高速のSAで熊本ラーメンを食べて鹿児島に帰着。楽しい2日間でした。全員疲れ切って、帰りの車の中で爆睡したいと願っていたはずなんですが、往路同様、K氏のトークで誰も眠れず。そのお蔭で、帰宅後は自分のベッドで爆睡したことでしょうね。お疲れ様でした。

e0013365_22264990.jpg

e0013365_2227650.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2018-07-31 22:28 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2018年 07月 30日
2018年7月 夏のくじゅう詣で1日目 ~牧ノ戸峠から法華院温泉山荘~
e0013365_23102774.jpg


7月24日と25日に夏のくじゅうを楽しんできましたので報告します。
僕が毒牙にかけた山弟子&山仲間といえば、このブログにも何度も登場している妄想登山家S君。本人は空想登山家だと主張していましたが、最近は自分でも妄想登山家と言い出し始めました。意外と気に入ってるみたいです(笑)。そのS君の友人がN君。N君とはこの数年一緒にお酒を飲んだり、カラオケで盛り上がったり、一緒にゴルフの打ちっぱなしに行ったり、ラウンドしたりと、遊び仲間として楽しんでいるんですが、まだ一緒にしたことがないのが登山。そこで今年の春頃の飲み会の時に、「一緒にくじゅうに行こう」と盛り上がり、S君が基本計画を立て少しずつ準備を進めていたのです。そんな折、会社の山仲間の一人K氏がくじゅうの立体地図が欲しいから近々行くことがあったら買ってきてほしいと言ってきたのです。7月に行くから一緒にどうですか?と気軽に声をかけたところ、何と彼と同じ部署の山好きメンバー大勢に声を掛けたらしく、「じゃ5人参加します」。「えっ」。N君の初登山・初くじゅうという趣旨があるだけにあまり増えすぎるはどうかなと、恐る恐るS君に「大丈夫かなぁ?」って聞いたところ、お腹だけじゃなく器も大きいS君はすかさずOK。流石見かけ通りの太っ腹!さらにS君繋がりのAちゃんも参加とのことで総勢10名の大所帯に成長!まるでS君のお腹・・・そろそろ怒られそうです(笑)

初心者といえるメンバーはN君だけじゃなく、こちらのチームにも大勢います。事前に備品リストを配布したり、レインウェア・ザックカバー・スパッツなどの備品を貸し出したりして着々とその日に向けての準備を進めて行きました。ところが出発の1週間程前に、僕自身に出発が危うくなる事態が発生。数日前に何とかその危険を回避し、いよいよ出発の前日。集合は午前3:45なので午前1時過ぎには起床しなければなりません。前日は早目に仕事を切り上げ、21時頃に床に就いたものの全く寝付けません。部屋中羊だらけになるぐらい数えても、焼酎を軽く飲んでみても寝付けない。まるで遠足前日の小学生のようです。結局1時間半程ウトウトしたくらいで起床時間になってしまいました。夜中にヘッドライトつけてモコの散歩を済ませ、いよいよ自宅を出ます。今回モコはお留守番。今日の夕方には鹿児島市からお袋がモコの世話に来てくれる予定なので安心です。

3:45集合で予定通り4:00に出発しました。僕の会社の山仲間チームは総勢6名。僕のフレンディ号でくじゅうに向かいます。一方S君チームは4名です。S君の家と僕の家は歩いてわずか5分程の距離ですが、フレンディ号は山道で大勢乗せて早く走ると後ろの席の人が車酔いをする可能性が高いので、2台一緒には行かず、僕らは少し早目に出発し牧ノ戸峠で落ち合う予定です。「早起きのため睡眠不足の人は車の中で寝ていいよ。K氏が静かにさえしてくれればね」と皆には伝えていたのですが、案の定車の中ではK氏のトーク全開。誰も寝れないまま牧ノ戸峠に到着。制限速度を守る安全運転で4時間かかると想定していたのですが、何故なのかどういう訳か3時間半で到着しました。牧ノ戸峠で待つこと30分。ちょっとだけ遠回りをした為遅れてしまったS君号が到着。初めて顔を合わせるメンバーも多い為、簡単な自己紹介をし、準備体操で体をほぐしていよいよ出発です。80Lのグレゴリーパリセード+ウエストバッグ+一眼レフカメラの総重量は17.5kg。たかだか山小屋泊にしてはなかなかの重さです。途中でバテなきゃいいけど・・・。

e0013365_23113748.jpg
牧ノ戸峠で準備中の面々

分かってはいるものの、この重量でしかも歩き始めということもあり、牧ノ戸峠からのコンクリート道はやはりきついですね。途中アサギマダラが飛んでいましたが、歳のせいかその名前が出てきません。しばらく悩んでも出て来そうになかったので、S君に「この蝶の名前何だっけ?」と聞くと「なんとかマダラ」。すかさず僕が「そう、アサギマダラだぁ」。S君のヒントのお蔭でやっと思い出しました。今日も師匠と弟子の連携バッチリです。程なく最初のピーク沓掛山に到着。すでに汗だくです。初くじゅうの数名だけはしっかりと沓掛山のピークを踏んでもらい、先を急ぎます。

e0013365_23132759.jpg
初くじゅうの3人・・・娘ということにしておこう
e0013365_2313471.jpg
ヒヨドリバナにアサギマダラが群れています
e0013365_2314246.jpg

e0013365_2314146.jpg


オトギリソウ、イブキトラノオ、ヒヨドリバナ、ウツボグサ、サイヨウシャジン、ワレモコウ、ノギラン、ノリウツギ、シモツケソウ、ホソバシュロソウ、コバギボウシなどの花々が咲く道を進みます。休憩の度に、夏登山の必需品である扇子がいい仕事してくれました。自分にたっぷり風を送った後は周りのメンバーに風を送ります。生き返る瞬間です。
扇ヶ鼻分岐を過ぎ、西千里ヶ浜を抜け、星生崎の下の岩場を越えると久住分かれ手前の避難小屋がある広場に出ます。本来は久住山山頂付近でのランチを予定していましたが、悪化しつつある天候も考慮し、時々ガスがかかる盟主久住山の姿が目の前に見えるこの場所で早目のランチです。

e0013365_23145896.jpg

e0013365_2315988.jpg

e0013365_23152094.jpg

e0013365_23153478.jpg
避難小屋前広場でのランチタイム
e0013365_23155420.jpg
盟主久住山の雄姿

ランチ後、久住分かれ経由で久住山へと向かいます。ゆっくりと大きく右へカーブしながら山頂へと近づき、大きな岩が現れ始めしばらく進むと山頂です。山頂は展望もきかない状態だった為、長居はせず稲星山方面へと進み東千里ヶ浜へと下ります。ここで雷鳴が遠くから聞こえ始め徐々に近づいてきます。雨もポツポツ・・・。ここでレインウェアを着込み雨に備えるか、それとも雷を避ける為、10分程のところにある避難小屋「池ノ小屋」へと急ぐか。結論は小屋へ急げ!徐々に大きくなる雷鳴にビビり、また大粒になっていく雨に打たれながらも小屋へとスピードアップ。雨に打たれながらもレインウェア着てる暇はありません。何とか小屋に逃げ込みしばらくすると雷鳴は遠ざかっていきました。雷に追われ急いだのでバテてしまっていた数名が小屋で留守番をしてくれることになったので、残るメンバーは重たいザックを小屋に置いて、楽ちんスタイルで中岳にダッシュ。身軽過ぎてほんとにピョンピョンと中岳の岩場を乗り越え軽~く山頂制覇。今回の当初の目的だったN君を九州本土最高峰の山頂に連れて行くという目的達成です。しかし身軽だったなぁ、いつもこんな感じで軽く登りたいもんです。
御池に住む「くじゅうカエル」の横を抜け、久住分かれに戻ってきました。すでに15時半を過ぎています。スケジュールからかなり遅れているようですし、天気も気になるので急ぎたいところですが、岩での打撲や膝の関節痛、外反母趾痛など、軽めの負傷者が出て来はじめています。ゆっくり歩かなきゃと思っていてもついついペースが速くなってしまい、立ち止まって後続をしばらく待つ状況が続きます。急な下りが一段落した辺りで再び雷鳴が近づいてきました。急な雨に備え、ここでレインウェアを着込みます。手間取る初心者にスパッツを付けてあげる山の先輩達。頼もしい光景です。雨で湿っていつもより黄色っぽく見える北千里ヶ浜の砂上を進みます。猿岩を過ぎ眼前に広がる坊ガツル方面へと下っていくと今日のお宿「法華院温泉山荘」に到着です。今回のメンバー10名の内1人だけは坊ガツルでのテント泊。彼とは食事後の談話室での2次会で合流予定。山荘泊の9名はそれぞれの個室へと入り、急ぎ温泉を浴び、ビールで乾杯。2次会後22時半に就寝しました。
e0013365_23171640.jpg
久住山登頂を喜ぶN君
e0013365_23173635.jpg
九州本土最高峰中岳を目指します
e0013365_23175339.jpg
N君、登頂おめでとう!
e0013365_23181112.jpg

e0013365_23182831.jpg
僕326です
e0013365_23184525.jpg

e0013365_2319644.jpg

e0013365_23192342.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2018-07-30 23:19 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2018年 07月 29日
2018年 真夏のくじゅう山行 ~アサギマダラ~
e0013365_22261932.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2018-07-29 22:27 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2018年 07月 27日
2018年 真夏のくじゅう山行 ~坊ガツルの朝~
e0013365_224511.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2018-07-27 22:05 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2018年 05月 11日
4ヶ月ぶりの登山(2018年5月11日高千穂峰のミヤマキリシマ)
e0013365_1937972.jpg


前回の登山が今年の初登山で1月11日。なんと4ヶ月ぶjりの登山でした。
昨日外西さんから高千穂峰のミヤマキリシマが咲き始めたとのLINEをもらっていたので、4ヶ月ぶりとなる登山は高千穂峰。情報通りだいぶ咲き始めていました。ピークは1週間後かな。来週行ける方は是非高千穂峰に登ってみてくださいね。

e0013365_1945380.jpg

新緑がきれいです
e0013365_19453849.jpg

e0013365_19455534.jpg

e0013365_1946934.jpg

e0013365_19462358.jpg

e0013365_19463716.jpg

e0013365_19465290.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2018-05-11 19:47 | 山行報告(霧島) | Comments(0)
2017年 11月 09日
2017年霧島 名残りの紅葉散策(池めぐり~甑岳)
e0013365_18840100.jpg


会社の登山クラブ「Mont-Low-Walk」の仲間達と霧島の紅葉散策に出掛けてきました。2日前までは6名参加予定でしたが、直前で仕事の都合などで3名のドタキャン。結局いつものメンバー3名での山行となりました。コースは、えびの高原~白鳥山~六観音御池~甑岳~不動池~えびの高原です。

白鳥山山頂では、綺麗なお嬢さん2人と多くの撮影スタッフがドローンも交えて撮影してました。何の番組だったのかな? 紅葉はすでに終息に向かっていますが、六観音御池辺りではまだ赤く輝く紅葉も若干見られます。テレビで紹介されていたらしく、平日とはいえかなり多くの登山者が紅葉散策に来ているようでした。

e0013365_18301779.jpg

e0013365_18303911.jpg


硫黄山の火山活動が活発になって以来入山禁止になっていた甑岳ですが、先月末に規制が緩和された為、今回は久し振りに向かいます。しばらく人が歩いていなかったり台風の影響もあるのか、登山道は若干荒れ気味の様子でした。急坂を登りきると山頂にコーヒーの香りが漂っています。思わず「うわぁコーヒーのいい香りだぁ」と叫び、コーヒーを飲んでいらした先客にご挨拶。霧島市と鹿児島市から来られた方々でした。若干スケジュールが押し気味だったのとお腹がすいていたので、山頂ではあまりゆっくりせずにすぐに火口へと下り、全く寒くなくポカポカ陽気の中お弁当を美味しく頂きました。

以前のMLWでは考えられない程の最高の天気の中での山歩きを存分に楽しんだ1日でした。

e0013365_18421376.jpg

e0013365_18423736.jpg

e0013365_18425272.jpg

e0013365_1843614.jpg

e0013365_1843207.jpg

e0013365_18434414.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2017-11-09 18:43 | 山行報告(霧島) | Comments(0)
2017年 09月 15日
くじゅう・阿蘇の花々
e0013365_20402378.jpg


①アケボノソウ ②クサフジ ③バアソブ ④キツネノカミソリ ⑤ハバヤマボクチ ⑥キスゲ ⑦ホソバシュロソウ ⑧コバギボウシ ⑨ツルリンドウ ⑩ツクシフウロ ⑪タムラソウ ⑫ヤツシロソウ ⑬サワヒヨドリ ⑭アソノコギリソウ ⑮シオン ⑯ミズトンボ 

# by ex-mlwalk326 | 2017-09-15 20:53 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2017年 09月 15日
2017年8月 夏のくじゅう詣で(坊ガツル~長者原
e0013365_18563048.jpg


坊ガツルの木道脇では、アカバナやシラヒゲソウを見れましたが、アケボノソウはまだのようです。法華院温泉山荘に到着後モコを日陰に繋いで、僕は談話室でランチタイムです。談話室で居合わせた方々と談笑した後、法華院を出発。北千里が浜へと向かう登りをちょっとバテ気味で登り切り、北千里が浜をスガモリ越へと向かいます。

e0013365_1857715.jpg


鉱山道路からショートカットコースへと入りたいところですが、モコと一緒に歩く時はいつも遠回りですが鉱山道路を歩き続けます。車1台程の幅しかない鉱山道路をしばらく歩いていると、前方にボックスタイプの軽自動車が停車しており道を塞いでいます。こんなところで何してんだろうと思いながらも近づいていくと、突然前方の軽自動車が僕の方に向かってバックしてきました。慌てて道の脇に避けようとすると、ドアが開いて中から男性が「後ろに乗ってください。蜂がいます。」と叫んできました。そりゃ大変だとモコを抱っこして後ろに乗せてもらいました。「登山者からの通報で来たんです。今巣を壊したところだから、蜂が怒っているので危険です」とのこと。「危ないですね~」って言いながら、このまま長者原に連れて行ってもらえるなんてラッキー♪って思っていると、「もうここなら大丈夫ですよ」えっ?まだ20mくらいしか進んでないし。「遠くまでは追いかけてこないですから」えっだってたった20m、長者原じゃないの~?と心の中で叫びながらお礼を言って下車。期待させやがってぇ~と思いながら蜂が怖いので急いでその場を離れました。しばらくするとモコがバテてきたのか、日陰を歩きたがるようになってきました。コンクリート舗装道路が熱くて足裏が痛いのかもしれません。モコ頑張れ~と励ましながらもさらに進むと右の後ろ足を地面に付けずに歩き始めました。肉球を痛めたようです。仕方なくそこから長者原までモコを抱っこして歩きました。以前も何度かこの道を足を痛めたモコを抱っこして歩いたことがあります。いつもこの道だねとモコに話し掛けながら前よりをずっしりと重くなったモコを抱っこ。さすがに腕がかなり疲れました。

e0013365_1901182.jpg

e0013365_1858468.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2017-09-15 18:58 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)