2016年 11月 23日
田原山(鋸山)
e0013365_2175111.jpg


11月22日に大分県国東半島にある田原山(鋸山)に行ってきました。
この時期にまだ紅葉が楽しめる可能性がある山として、当初中山仙境に行こうと考えていたのですが、外西さんから「それなら田原山とのセットで!」とのアドバイスがあり、調べたところ面白そうな山なので、結局田原山だけに登ることにしました。

次から次に現れる鎖場・ロープ場の連続。なかなか楽しめる山でした。
また春の時期に登ってみたいですね。

e0013365_21201310.jpg

e0013365_21203023.jpg

e0013365_2121132.jpg

e0013365_21211951.jpg

e0013365_21214014.jpg

e0013365_21215941.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-11-23 21:22 | 山行報告(その他九州の山) | Comments(0)
2016年 11月 22日
股覗き岩からの眺め(田原山・鋸山)
e0013365_22253538.jpg

e0013365_22255266.jpg


のこぎりさんはなかなか立派なものをお持ちのようで・・・
(太陽石と呼ばれている岩です)

# by ex-mlwalk326 | 2016-11-22 22:27 | 山行報告(その他九州の山) | Comments(0)
2016年 10月 28日
2016年10月 くじゅうの紅葉を堪能しました
e0013365_18443053.jpg


所属する山岳会関連の山仲間の一人からのくじゅうの紅葉を見てみたいので案内してほしいとの要望に応え、10月24日にくじゅう行きを計画。当初、例年のくじゅうの紅葉のピークを考え、日程的には三俣山がいいだろうと考えていました。ところが直前に情報を掻き集めた結果、今年の初秋の暑さの影響でくじゅうの紅葉は明らかに遅れ気味。今回の日程なら三俣山の紅葉はまだまだで、大船山の紅葉がピークを迎えていていい状態のようです。三俣山の南峰から直に坊ガツルに下山するコースを通れば両方の山を見ることも可能だと考えましたが、前日と前々日はかなりの雨が降っています。あの道は雨でぬかるむと登るのにも苦労するほどのドロドロズルズルになるコース。当日はとても下れる状況ではないだろうと判断し、大船山を男池や岳麓寺から登るルートを提案したのですが、できれば両方見たいと同行者が希望。南峰からの直登コースではなくスガモリに戻っていたのではかなり時間のロスになります。その一方で同行者の仕事の都合で鹿児島出発は23時半になる見込み。これでは前の晩にくじゅうに入り登山口近くで仮眠を取ることができないので、往復7時間を運転する僕にとっては両方登るのはかなりハードであることを伝え、男池からのルートで大船山だけに登ることに決定しました。

出発当日、仕事を終え、帰宅後モコと散歩。2時間の仮眠を取り23時半に同行者が我が家に到着。僕の車に乗り換え出発です。地震の影響で若干波打っている高速道路を熊本ICで降りて、ミルクロード経由でくじゅうへと向かいます。瀬ノ本でのトイレ休憩時に空を見上げると満天の星空が広がっています。時間もまだ早いし、もしかしたら三俣山も行けるかなという思いが僕の頭にチラチラし始めました。6時に歩き始めて7時15分でスガモリ越えで8時30分に三俣山山頂で・・・と山行スケジュールを考えながら運転。長者原の目の前で、「よしっ、両方登ろう」と予定変更を決断し長者原の駐車場へと入りました。

長者原到着後そのまま5:45からまだ暗い鉱山道路をヘッドライトを点けてスガモリ越方面へと歩き始めました。この道は9月にもモコを連れて歩いたばかりですが、今回はモコ連れではないので、途中からショートカットルートへと入ります(モコと歩く時はショートカットせずにひたすら鉱山道路を歩きます)。4月の地震で大きな岩が道路の真ん中に崩れ落ちている鉱山道路の前方には、珍しく2本の噴煙を上げている硫黄山。そして左手には大きなどっしりとした三俣山が聳えています。

e0013365_18474543.jpg
硫黄山から2本の噴気が上がっています
e0013365_1848348.jpg
泉水山に映る「影三俣」

スガモリ越でしばしの休憩後三俣山に取り付きます。快調に登り、西峰の山頂直前で振り返ると阿蘇方面に雲海が広がっているのが見渡せます。素晴らしい景色です。そこから程なくして西峰山頂に到着。長居はせずすぐに本峰へと向かいます。途中ですれ違った方にどうだったか尋ねたところ、「今年は色付きが悪い。まだまだこれからなのか、もしかしたらこのままで終わりなのか。」との返事。予想した通りです。分岐を右の第Ⅳ峰には向かわずまっすぐに左側の本峰山頂へと向かいます。すぐに本峰山頂に到着。急いで火口淵へと駆け寄ると・・・。色付きはしてきているものの、三俣山の紅葉のピークを過去に数回見ている者にとってはまだまだ色付きが少ないと感じる状況。南峰方面へ進む価値なしと判断し長居することなくスガモリ越へと下山を始めました。スガモリに近づいてきた辺りで、1人の男性に「326さんですか?」と声をかけられました。このブログを見て頂いている方のようで、「お仕事が忙しくなったんですね。プロフィール写真より少しふくよかになりましたか?」ははは。バレましたか。ここのプロフィール写真は10年前に撮影した今より10キロも痩せている時の写真なのです。改めて見ると確かにウエストがきゅっと締まってズボンは余りすぎてしわしわ。細すぎる(^^;

e0013365_18494460.jpg

e0013365_18502647.jpg
本峰から見た三俣山の紅葉
e0013365_18504190.jpg

e0013365_1851361.jpg

e0013365_18512818.jpg
雲海に浮かぶ根子岳

スガモリ越から北千里ヶ浜経由で法華院温泉山荘へと下り、ここで本番前の腹ごしらえ。今日のランチは手間をかけないコンビニ弁当です。食事を終え法華院を出発したのが、10時50分。坊ガツルに10時半と考えていたので、30分程遅れ気味です。坊ガツルから見える大船山の西側斜面は若干オレンジ色になっているように見えます。ただこの壁がピークの時の赤い状況にはなっていません。ということはこの壁よりも紅葉が早い御池の紅葉の状態がいいということでしょう。期待が膨らみます。坊ガツルはスルーしてそのまま大船山に取り付きます。

e0013365_1852312.jpg
北千里ヶ浜
e0013365_18525219.jpg
法華院温泉から望む大船山
e0013365_18531367.jpg
坊ガツルのテント場から望む大船山

5合目の手前辺りからちょっときついなという感じになり息が若干上がってきました。先程の方のご指摘通り一番細い時より10キロも太ってしまったのが影響しているようです。ダイエットしなきゃなぁと考えながら重くなった足を持ち上げやっと段原に到着。はやる気持ちはあるものの体の回復が大切なので、若干長めの休憩を取り、山頂へと歩き始めます。振り返りながら西側斜面の紅葉を確認しますが、やはりここの紅葉はまだピークを迎えていないようです。大船山山頂に到着し御池を眺めると・・・。
ほぼピーク状態の真っ赤な紅葉が目に飛び込んできました。素晴らしいです。僕同様にちょっときつかったのか、同行者は「登り返しが辛いから御池の淵には下りないで山頂に残る」とのこと。僕1人で下へと下り数枚の写真を撮影し再び山頂へと戻ります。あと岩一つで山頂というところで「326さん」と声がかかり、その声の主を確認すると、九州の登山誌「のぼろ」に写真を提供されている外西さんです。療養中と聞いていたので、ここでお会いできるとはびっくり。実は外西さんとは以前からくじゅうや霧島で時々お会いしてお話をしてきてはいたのですが、ちょうど1年前くじゅう黒岳の天狗岩の山頂でお会いした後、長者原の駐車場で焼酎を飲みながらお話をしたところ、二人とも焼酎を200種類以上自宅にキープしている焼酎好き、また伊佐市で居酒屋をやっている共通の知人がいたり、しかも彼の実家と僕の職場が車で5分程のところにあることなどの共通点がわかり、その後何度か彼の実家のある伊佐市で一緒に飲ませて頂いているのです。これからお薦めの撮影ポイントに案内しますよと誘って頂いたんですが、同行者が待っている状況だったので泣く泣くお断りをしました。残念。

e0013365_1855457.jpg
大船山西側斜面の紅葉。ピークまではもう少し
e0013365_18552331.jpg

e0013365_18555741.jpg
大船山の御池の紅葉。見事です
e0013365_18562293.jpg

e0013365_18564383.jpg
山頂で外西さんにお会いしました

存分に大船山の紅葉を楽しんだところで、14時頃坊ガツルに向けて下山を開始します。下山中ずっと考えていたのは、どのルートを歩いて長者原まで帰るかという事。当初は雨ヶ池コースで帰る予定だったんですが、ヘッドライトを点ける可能性があることを考えると法華院温泉から北千里ヶ浜~スガモリ越~鉱山道路経由で来た道を帰る方がいいのではと考え始めていたのです。それぞれのルートの特徴を説明したところ、足に疲れが溜まって来ている同行者は平坦な鉱山道路を歩きたいとのこと。来た道を戻ることに決まりました。法華院温泉からの登りは急なため辛いのではと心配していたんですが、岩場が多いことから手を使いながらの登山となり、大船山で息が上がったのが嘘のように楽に登ることができました。長い鉱山道路を歩き長者原に到着したのはもう暗くなった18時。久し振りに12時間を超える長時間の山行となりました。温泉で汗を流し、鹿児島への帰宅途中熊本のコンビニの駐車場で30分の仮眠を取り、自宅への帰着は23:45。くじゅうの紅葉を満喫した楽しい山行でしたが、さすがに今回は疲れました。日帰りでこのスケジュールはやっぱりハードです。次回はのんびりしたいな。

e0013365_18571395.jpg

e0013365_18573290.jpg

e0013365_18575293.jpg

e0013365_1858984.jpg
鉱山道路から望む夕日に赤く染まる三俣山

# by ex-mlwalk326 | 2016-10-28 19:24 | 山行報告(くじゅう) | Comments(2)
2016年 10月 26日
雲海(三俣山西峰より)
e0013365_2119373.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-10-26 21:20 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2016年 10月 26日
2016年10月 くじゅうの紅葉速報
2010年10月24日に鹿児島から日帰りで、くじゅう連山の三俣山、大船山の紅葉を見てきました。
先ずは写真3枚をアップします。詳しい山行レポはしばらくお待ちください。

e0013365_5473723.jpg

e0013365_5481260.jpg

e0013365_5524261.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-10-26 05:48 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2016年 09月 07日
2016年9月 初秋のくじゅう散策
e0013365_8115879.jpg


2年ぶりにモコと初秋の坊ガツルにテント泊に行こうと計画していたのですが、2日目の天気予報が雨。残念ながらテント泊をあきらめ、天気の良い1日目だけくじゅうに行き、花散策をすることにしました。

仕事を終え、21時半頃に自宅を出発。途中睡魔に襲われ、高速のパーキングエリアで1時間ほど仮眠して再出発すると、熊本が近づくにつれて高速道路が波打ったり、橋のつなぎ目が盛り上がっていたり、道の状態が悪くなってきました。こんなところにも熊本大地震の被害の大きさを感じます。

くじゅうに到着したのは深夜2時頃。空は満天の星が広がっています。今から準備して歩き始めれば、最高の朝駆けになるなという思いが湧いてきたものの、再び睡魔に襲われていたので、とりあえず30分程寝ようと床に就いたのですが、やはり睡魔には勝てず、朝まで爆睡でした。

モコと一緒ということもあり、ドロドロ道が予想される牧ノ戸峠からのコースは避けて、長者原から鉱山道路を歩きスガモリ越経由で坊ガツルで休憩。その後ピークを踏むことなく、雨ヶ池経由で長者原に戻るコースをノンビリと歩きます。

e0013365_8531775.jpg


鉱山道路は普段歩くショートカットコースは歩かず、遠回りをして鉱山道路を歩き続けます。モコと一緒の時はいつもこの道です。前方に硫黄山の噴気が見え始めると道路上に大きな落石がいくつも崩れ落ちてきていて道の一部をふさいでいます。今ここで再び大きな揺れが来ないことを祈りながらこの場所を通り過ぎます。スガモリ越で休憩中、前の晩に坊ガツルでテント泊してきた男性がやってきました。テント泊してきたとは思えないほどの小さく軽そうなザック。日帰りの僕のザックより小さい!僕も軽量化をもっと検討しなきゃ。最近重たい荷物がきつくなってきたし・・・。

e0013365_9233074.jpg

e0013365_9235370.jpg

e0013365_9241245.jpg

e0013365_9243017.jpg


北千里ヶ浜を進み、法華院温泉山荘に向かいます。山荘でしばし休憩し、続いて坊ガツルへ。テントは張られおらず、誰もいません。軽く食事をして、花散策に出掛けます。もう終わりかけでしたが、今年もシラヒゲソウやアケボノソウに会えました。帰りも雨ヶ池からの下りでたくさんのツルリンドウに会えました。

e0013365_9335794.jpg

e0013365_9343028.jpg

e0013365_9345220.jpg

e0013365_9351659.jpg

e0013365_9354449.jpg

e0013365_936946.jpg

e0013365_9364647.jpg

e0013365_937446.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-09-07 09:38 | 山行報告(くじゅう) | Comments(2)
2016年 08月 15日
韓国岳のダイモンジソウ
e0013365_1416533.jpg


韓国岳山頂のダイモンジソウ。咲くにはまだ早いかなと思ったんですが、2株ほど花を咲かせていました。

下山途中に追いつき、その後ずっと一緒に下山した、シェルティのハルちゃん。かなりの人見知りのようで、ずっと逃げ回られていました。女性とワンちゃんにだけは優しいオジサンだから、今度会ったら遊んでね ♪

e0013365_14255742.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-08-15 14:26 | 山行報告(霧島) | Comments(2)
2016年 07月 18日
韓国岳朝駆け撃沈と韓国岳火口湖
e0013365_17384096.jpg


山友の1人からお誘いがあり、韓国岳の朝駆けに行ってきました。結果は残念ながらガスで何も見えず撃沈。下山後えびの高原でコーヒーをすすりながら雲の動きを見ていると、若干薄くなってきたような・・・。体力もたっぷり残っているし、しかも数日前に山友でもあり写真友でもある外西さんから送られてきた韓国岳火口湖が青々としていてキレイ。火口湖は過去何度も見てきましたが、こんなに青々した火口湖は見たことないし、連れの山友は火口湖自体を見たことがない。ってことで2度目の韓国岳登山が決定。再び登山口へと向かいます。現在は硫黄山の火山活動の影響で、通常の登山口と登山口前の無料駐車場は閉鎖されているため、少し手前の路肩に駐車して出発です。

e0013365_18201793.jpg


途中「326さんですか?」と声を掛けられました。数年前霧島やくじゅう、またサービスエリアの駐車場など色々な場所で何度も偶然にもお会いしていたご夫妻でした。気付いて頂きありがとうございます。またどこかのお山でお会いしましょう。

さて本日2度目の山頂は、残念ながら1回目の朝駆け時と同じようにガスに包まれています。山頂でのんびりご飯を食べたり、カメラを火口に向けて構えて待つこと1時間以上。徐々にガスが薄くなり火口湖がチラチラ見え始めました。さらに20分程待つと火口内のガスが晴れて綺麗な火口湖が姿を現してくれました。

e0013365_18205643.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-07-18 18:21 | 山行報告(霧島) | Comments(2)
2016年 07月 08日
ナツツバキ
e0013365_5211488.jpg


韓国岳下山後、不動池の前の道を小林市方面に少し進んだところの道路脇に咲くナツツバキを撮影してきました。今年も綺麗に花を咲かせてくれていました。

e0013365_5231243.jpg

e0013365_5233071.jpg

e0013365_5234997.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-07-08 05:23 | 季節 | Comments(0)
2016年 07月 07日
久しぶりの韓国岳朝駆け登山
e0013365_22281245.jpg


昨日7月6日に久し振りにご来光を拝みに韓国岳に登ってきました。
山頂には僕一人。この景色を独り占めとは贅沢な朝だな。

e0013365_2231184.jpg

e0013365_22313888.jpg

e0013365_22315695.jpg

e0013365_22321383.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-07-07 22:32 | 山行報告(霧島) | Comments(2)