2017年 02月 13日
2017初登山は岩宇土山で福寿草鑑賞
e0013365_2129282.jpg


2月8日にやっと今年の初登山に出掛けて来ました。この時期に登るならやはり咲き始めの福寿草を探しにいこうと同行者のharu&sakuraのお二人に相談したところ、久し振りにオコバ谷の福寿草を見たいとのこと。そういえば僕も岩宇土山にはもう10年近く行ってないしってことで、九連子登山口~九連子岳~岩宇土山~上福根山~オコバ谷~白崩平~九連子登山口を歩くことに。

取り急ぎ写真だけアップします。

e0013365_2145227.jpg

e0013365_21454048.jpg

e0013365_21455626.jpg

e0013365_21463435.jpg

e0013365_21465420.jpg

e0013365_2147109.jpg

e0013365_2147258.jpg

e0013365_21474094.jpg

e0013365_21475450.jpg

e0013365_21481496.jpg

e0013365_21483538.jpg

e0013365_21484898.jpg

e0013365_21491053.jpg

e0013365_21495793.jpg

e0013365_21501430.jpg

e0013365_21502826.jpg

e0013365_2150449.jpg

e0013365_2151411.jpg

e0013365_21511865.jpg

e0013365_2151303.jpg

e0013365_21514431.jpg

e0013365_21521240.jpg

e0013365_21522864.jpg

e0013365_21524723.jpg

e0013365_2153254.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2017-02-13 21:53 | 山行報告(その他九州の山) | Comments(0)
2017年 02月 13日
くじゅう天狗ヶ城朝駆け
e0013365_21181450.jpg


由布岳登山の翌朝はくじゅう天狗ヶ城へ朝駆けでした。

e0013365_21201630.jpg

e0013365_21203614.jpg

e0013365_21205341.jpg

e0013365_21211294.jpg

e0013365_21212646.jpg

e0013365_21214487.jpg

e0013365_2122316.jpg

e0013365_21222570.jpg

e0013365_21224162.jpg

e0013365_21225499.jpg

e0013365_21231071.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2017-02-13 21:23 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2016年 12月 20日
霧氷の由布岳(2016年12月)
e0013365_1853145.jpg


今年春の地震で崩壊の被害を受けたと聞き気になっていた由布岳。先日2013年の8月に登って以来3年半ぶりの東登山口からのルートを登ってきました。当初は3年半前と同様、東登山口から東峰に至り、マタエ・西峰経由でお鉢を巡る予定にしておりましたが、予定時間をかなり遅れて登山口に到着してしまった為、お鉢巡りまでできるかどうか微妙だなと思いながら登山口に到着。前回と同じ路肩に駐車し由布岳を見上げると、山頂が白くなっているように見えます。霧氷が付いているようです。これは楽しみ♪

e0013365_18371289.jpg

e0013365_1838667.jpg


2013年に登った時は夏真っ盛りの8月でしたが、今回は12月ということで、枯葉でフカフカ状態の登山道をしばらく進むと日向観察道との分岐に着きます。ブナの林を抜ける徐々に岩場が多くなりとロープが現れます。その後もいくつかの岩場を乗り越えながら高度をグングンと上げ、火口淵の分岐に到着すると・・・おおぉぉ~霧氷が付いています。今シーズンの初霧氷とのご対面♪ ここから山頂まではすぐなんですが、霧氷のトンネルで足止めをくらい、なかなか山頂にたどり着きません。いやぁ、今日ここに来て良かったな。

e0013365_1839086.jpg

e0013365_18413044.jpg

e0013365_1842478.jpg

e0013365_18423120.jpg

e0013365_18425717.jpg

e0013365_18433027.jpg

e0013365_1844711.jpg

e0013365_18451268.jpg

e0013365_18454457.jpg


東峰山頂は風が強く寒いので少し下ったところでのランチを取り、マタエでザックをデポし、西峰に取り付きます。熊本地震の直後には障子戸の岩場が地震で崩れたとの情報も流れましたが、実際に崩れているのは障子戸の右側の岩壁で、障子戸は無事に残っており、問題なく西峰まで到達できました。

時間的にはやはり厳しいと判断し、お鉢巡りはやめて下山しました。
次回も東登山口から登り、お鉢を周回したいと思います。

e0013365_18471234.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-12-20 18:56 | 山行報告(その他九州の山) | Comments(0)
2016年 12月 16日
阿蘇の夜明け
e0013365_21143192.jpg


早朝鹿児島を出発し、この日登る予定の由布岳を目指して阿蘇のミルクロードの大観峰付近を走ったのがちょうどご来光の時間帯。道路脇の展望ポイントからご来光を拝みました。雲海に覆われた阿蘇の町。幻想的な風景でした。

# by ex-mlwalk326 | 2016-12-16 21:15 | 写真 | Comments(0)
2016年 12月 04日
韓国岳からの展望
e0013365_558205.jpg
韓国岳山頂から屋久島が望めました。

会社の登山クラブ「Mont-Low-Walk」のメンバーと韓国岳に登ってきました。Mont-Low-Walkといえば、言わずと知れた雨男集団。ところが今日のこの天気! 久し振りに屋久島・祖母山・雲仙普賢岳まで見渡せる快晴でした。途中、外西さんとすれ違いご挨拶。また飲みに行き・・いや山にご一緒しましょう♪

e0013365_559512.jpg

e0013365_5592072.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-12-04 05:59 | 山行報告(霧島) | Comments(0)
2016年 11月 23日
田原山登山口
e0013365_21254410.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-11-23 21:25 | 季節 | Comments(0)
2016年 11月 23日
田原山(鋸山)
e0013365_2175111.jpg


11月22日に大分県国東半島にある田原山(鋸山)に行ってきました。
この時期にまだ紅葉が楽しめる可能性がある山として、当初中山仙境に行こうと考えていたのですが、外西さんから「それなら田原山とのセットで!」とのアドバイスがあり、調べたところ面白そうな山なので、結局田原山だけに登ることにしました。

次から次に現れる鎖場・ロープ場の連続。なかなか楽しめる山でした。
また春の時期に登ってみたいですね。

e0013365_21201310.jpg

e0013365_21203023.jpg

e0013365_2121132.jpg

e0013365_21211951.jpg

e0013365_21214014.jpg

e0013365_21215941.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-11-23 21:22 | 山行報告(その他九州の山) | Comments(0)
2016年 11月 22日
股覗き岩からの眺め(田原山・鋸山)
e0013365_22253538.jpg

e0013365_22255266.jpg


のこぎりさんはなかなか立派なものをお持ちのようで・・・
(太陽石と呼ばれている岩です)

# by ex-mlwalk326 | 2016-11-22 22:27 | 山行報告(その他九州の山) | Comments(0)
2016年 10月 28日
2016年10月 くじゅうの紅葉を堪能しました
e0013365_18443053.jpg


所属する山岳会関連の山仲間の一人からのくじゅうの紅葉を見てみたいので案内してほしいとの要望に応え、10月24日にくじゅう行きを計画。当初、例年のくじゅうの紅葉のピークを考え、日程的には三俣山がいいだろうと考えていました。ところが直前に情報を掻き集めた結果、今年の初秋の暑さの影響でくじゅうの紅葉は明らかに遅れ気味。今回の日程なら三俣山の紅葉はまだまだで、大船山の紅葉がピークを迎えていていい状態のようです。三俣山の南峰から直に坊ガツルに下山するコースを通れば両方の山を見ることも可能だと考えましたが、前日と前々日はかなりの雨が降っています。あの道は雨でぬかるむと登るのにも苦労するほどのドロドロズルズルになるコース。当日はとても下れる状況ではないだろうと判断し、大船山を男池や岳麓寺から登るルートを提案したのですが、できれば両方見たいと同行者が希望。南峰からの直登コースではなくスガモリに戻っていたのではかなり時間のロスになります。その一方で同行者の仕事の都合で鹿児島出発は23時半になる見込み。これでは前の晩にくじゅうに入り登山口近くで仮眠を取ることができないので、往復7時間を運転する僕にとっては両方登るのはかなりハードであることを伝え、男池からのルートで大船山だけに登ることに決定しました。

出発当日、仕事を終え、帰宅後モコと散歩。2時間の仮眠を取り23時半に同行者が我が家に到着。僕の車に乗り換え出発です。地震の影響で若干波打っている高速道路を熊本ICで降りて、ミルクロード経由でくじゅうへと向かいます。瀬ノ本でのトイレ休憩時に空を見上げると満天の星空が広がっています。時間もまだ早いし、もしかしたら三俣山も行けるかなという思いが僕の頭にチラチラし始めました。6時に歩き始めて7時15分でスガモリ越えで8時30分に三俣山山頂で・・・と山行スケジュールを考えながら運転。長者原の目の前で、「よしっ、両方登ろう」と予定変更を決断し長者原の駐車場へと入りました。

長者原到着後そのまま5:45からまだ暗い鉱山道路をヘッドライトを点けてスガモリ越方面へと歩き始めました。この道は9月にもモコを連れて歩いたばかりですが、今回はモコ連れではないので、途中からショートカットルートへと入ります(モコと歩く時はショートカットせずにひたすら鉱山道路を歩きます)。4月の地震で大きな岩が道路の真ん中に崩れ落ちている鉱山道路の前方には、珍しく2本の噴煙を上げている硫黄山。そして左手には大きなどっしりとした三俣山が聳えています。

e0013365_18474543.jpg
硫黄山から2本の噴気が上がっています
e0013365_1848348.jpg
泉水山に映る「影三俣」

スガモリ越でしばしの休憩後三俣山に取り付きます。快調に登り、西峰の山頂直前で振り返ると阿蘇方面に雲海が広がっているのが見渡せます。素晴らしい景色です。そこから程なくして西峰山頂に到着。長居はせずすぐに本峰へと向かいます。途中ですれ違った方にどうだったか尋ねたところ、「今年は色付きが悪い。まだまだこれからなのか、もしかしたらこのままで終わりなのか。」との返事。予想した通りです。分岐を右の第Ⅳ峰には向かわずまっすぐに左側の本峰山頂へと向かいます。すぐに本峰山頂に到着。急いで火口淵へと駆け寄ると・・・。色付きはしてきているものの、三俣山の紅葉のピークを過去に数回見ている者にとってはまだまだ色付きが少ないと感じる状況。南峰方面へ進む価値なしと判断し長居することなくスガモリ越へと下山を始めました。スガモリに近づいてきた辺りで、1人の男性に「326さんですか?」と声をかけられました。このブログを見て頂いている方のようで、「お仕事が忙しくなったんですね。プロフィール写真より少しふくよかになりましたか?」ははは。バレましたか。ここのプロフィール写真は10年前に撮影した今より10キロも痩せている時の写真なのです。改めて見ると確かにウエストがきゅっと締まってズボンは余りすぎてしわしわ。細すぎる(^^;

e0013365_18494460.jpg

e0013365_18502647.jpg
本峰から見た三俣山の紅葉
e0013365_18504190.jpg

e0013365_1851361.jpg

e0013365_18512818.jpg
雲海に浮かぶ根子岳

スガモリ越から北千里ヶ浜経由で法華院温泉山荘へと下り、ここで本番前の腹ごしらえ。今日のランチは手間をかけないコンビニ弁当です。食事を終え法華院を出発したのが、10時50分。坊ガツルに10時半と考えていたので、30分程遅れ気味です。坊ガツルから見える大船山の西側斜面は若干オレンジ色になっているように見えます。ただこの壁がピークの時の赤い状況にはなっていません。ということはこの壁よりも紅葉が早い御池の紅葉の状態がいいということでしょう。期待が膨らみます。坊ガツルはスルーしてそのまま大船山に取り付きます。

e0013365_1852312.jpg
北千里ヶ浜
e0013365_18525219.jpg
法華院温泉から望む大船山
e0013365_18531367.jpg
坊ガツルのテント場から望む大船山

5合目の手前辺りからちょっときついなという感じになり息が若干上がってきました。先程の方のご指摘通り一番細い時より10キロも太ってしまったのが影響しているようです。ダイエットしなきゃなぁと考えながら重くなった足を持ち上げやっと段原に到着。はやる気持ちはあるものの体の回復が大切なので、若干長めの休憩を取り、山頂へと歩き始めます。振り返りながら西側斜面の紅葉を確認しますが、やはりここの紅葉はまだピークを迎えていないようです。大船山山頂に到着し御池を眺めると・・・。
ほぼピーク状態の真っ赤な紅葉が目に飛び込んできました。素晴らしいです。僕同様にちょっときつかったのか、同行者は「登り返しが辛いから御池の淵には下りないで山頂に残る」とのこと。僕1人で下へと下り数枚の写真を撮影し再び山頂へと戻ります。あと岩一つで山頂というところで「326さん」と声がかかり、その声の主を確認すると、九州の登山誌「のぼろ」に写真を提供されている外西さんです。療養中と聞いていたので、ここでお会いできるとはびっくり。実は外西さんとは以前からくじゅうや霧島で時々お会いしてお話をしてきてはいたのですが、ちょうど1年前くじゅう黒岳の天狗岩の山頂でお会いした後、長者原の駐車場で焼酎を飲みながらお話をしたところ、二人とも焼酎を200種類以上自宅にキープしている焼酎好き、また伊佐市で居酒屋をやっている共通の知人がいたり、しかも彼の実家と僕の職場が車で5分程のところにあることなどの共通点がわかり、その後何度か彼の実家のある伊佐市で一緒に飲ませて頂いているのです。これからお薦めの撮影ポイントに案内しますよと誘って頂いたんですが、同行者が待っている状況だったので泣く泣くお断りをしました。残念。

e0013365_1855457.jpg
大船山西側斜面の紅葉。ピークまではもう少し
e0013365_18552331.jpg

e0013365_18555741.jpg
大船山の御池の紅葉。見事です
e0013365_18562293.jpg

e0013365_18564383.jpg
山頂で外西さんにお会いしました

存分に大船山の紅葉を楽しんだところで、14時頃坊ガツルに向けて下山を開始します。下山中ずっと考えていたのは、どのルートを歩いて長者原まで帰るかという事。当初は雨ヶ池コースで帰る予定だったんですが、ヘッドライトを点ける可能性があることを考えると法華院温泉から北千里ヶ浜~スガモリ越~鉱山道路経由で来た道を帰る方がいいのではと考え始めていたのです。それぞれのルートの特徴を説明したところ、足に疲れが溜まって来ている同行者は平坦な鉱山道路を歩きたいとのこと。来た道を戻ることに決まりました。法華院温泉からの登りは急なため辛いのではと心配していたんですが、岩場が多いことから手を使いながらの登山となり、大船山で息が上がったのが嘘のように楽に登ることができました。長い鉱山道路を歩き長者原に到着したのはもう暗くなった18時。久し振りに12時間を超える長時間の山行となりました。温泉で汗を流し、鹿児島への帰宅途中熊本のコンビニの駐車場で30分の仮眠を取り、自宅への帰着は23:45。くじゅうの紅葉を満喫した楽しい山行でしたが、さすがに今回は疲れました。日帰りでこのスケジュールはやっぱりハードです。次回はのんびりしたいな。

e0013365_18571395.jpg

e0013365_18573290.jpg

e0013365_18575293.jpg

e0013365_1858984.jpg
鉱山道路から望む夕日に赤く染まる三俣山

# by ex-mlwalk326 | 2016-10-28 19:24 | 山行報告(くじゅう) | Comments(2)
2016年 10月 26日
雲海(三俣山西峰より)
e0013365_2119373.jpg


# by ex-mlwalk326 | 2016-10-26 21:20 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)