<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013年 08月 30日
由布岳に行ってきました ~東登山口~お鉢めぐり~
e0013365_1284120.jpg
                                         霧に包まれる湯布院の街

8月26日と27日は僕の短い夏休み。今回は一人で由布岳やくじゅうの山々を登ろうかなと考えていました。が、前の記事で書いた通り、僕の雨男パワーは健在のようで、26日は大雨です。ただ救いなのは27日は晴れ予報ってこと。そこで26日の山行は諦め、知人にチケットを取ってもらっていた三浦雄一郎氏の講演会を拝聴。そのまま鹿児島市から高速に乗り、いざくじゅうへ・・・。湯布院の道の駅で車中泊すると翌朝のんびりできるのでいいのですが、そこは湯布院ICが目の前で、トラックがエンジンをふかす音がうるさく眠れなかった経験があるので、今回は敢えて湯布院までは行かずに長者原の駐車場で車中泊をします。大津のコンビニで買いこんだビールやつまみで一人宴会をして、早々と20時過ぎに就寝。深夜3時頃に目覚め、準備を整えて湯布院へと移動開始。まだ登り始めるには早すぎるので、トラックの音がうるさい湯布院の道の駅で1時間程二度寝しますzzz。

再び起床して食事をして準備を整えますが、夕べの一人宴会で食べすぎたジャンクフードが悪かったのか、何だかお腹の調子が思わしくありません。お腹の調子が悪い時は毎回バテて苦しい山行になってしまうので、ちょっと心配です。しかし雲一つない空に浮かぶ由布岳のシルエットを見るとそんな心配も吹き飛び、ワクワク感が溢れてきます。道の駅を後にして、湯布院の町に下っていくと、ガスの中に突入しました。湯布院に来るたびにこの町は霧に包まれていますので、今日もその状態のようです。町を抜け別府方面へと向かいます。途中から町を見下ろすとやはり湯布院の町はすっかり霧に隠されてしまっています。由布岳の正面登山口を過ぎ、しばらく走ったところを左折し、さらに数分走ったところに東登山口があります。道路向かいの鶴見岳登山口側は路肩が広く車を停めやすいのですが、「工事車両が通行しますので駐車はご遠慮ください」の看板があり、ここへの駐車は避け、200m程先に進んだところの路肩に駐車し、出発です。

e0013365_20324478.jpg
                                    東登山口から見上げる由布岳の岩峰
e0013365_203257100.jpg
                                   駐車場がないので路肩に駐車しました

薄暗い登山道を進むと、やがて大きな丸いバレーボールのようなスズメバチの巣をつけた大岩が現れます。その横を抜けると植林された森となり、トラロープで登山道をはずれないように誘導している道が続きます。やがて日向観察道との分岐に到着。ここを東峰方面へと進みます。緑が美しい緩やかな登山道なんですが、やはりお腹を下している影響なのか、心配した通り足が重くなってきました。息を荒げながらも歩を進めると、前方に何だか梯子らしきものが・・・。その梯子の残骸を乗り越えて進むとまたロープ付の岩場が現れます。この辺りから展望が開け、風も通り、心地よく高度を稼ぎます。さらにうれしいことに、この辺りからたくさんの花々が現れ始めました。ヒヨドリバナ、シモツケ、ヤマアジサイ、ツクシゼリ、ホソバシュロソウ、ノギラン、オトギリソウ、キリシマヒゴタイ、イヨフウロ、そして初めて見るホソバノヤマハハコ。多くの岩場を乗り越える面白さと多くの花に出会えるうれしさで、喘ぎながらも楽しく登り、東峰への分岐に到着。東峰山頂直下の岩場では手をかけたホールドのすぐ近くに何やら動くものが! ヒエッと手を放すとそこにはムカデ! と思いきや、よく見るとムカデのように大きなヤスデです。触らなくてよかったぁ~。

e0013365_20333966.jpg
                                 東登山口(大きな看板の裏にトイレがあります
e0013365_20335427.jpg

e0013365_2034583.jpg
                            植林されたエリアはトラロープで仕切られ道がわかりやすくなっています
e0013365_20341968.jpg
                                日向越に到着。ここから東峰へと向かいます
e0013365_20343288.jpg
                               小鳥のさえずりをききながら、のんびり歩きます
e0013365_20344731.jpg
                               徐々に道が荒れ始めます。前方に壊れた梯子が!
e0013365_2034597.jpg
                        ここからはロープの連続です。でもホールドが大きくロープを使わなくても登れます
e0013365_20351195.jpg
                                   この辺りから花もたくさん現れ始めました
e0013365_20352310.jpg

e0013365_20353682.jpg
                                  岩峰が近づいてきました。ワクワクします♪
e0013365_20354845.jpg
                                          鶴見岳と別府湾
e0013365_2036126.jpg
                                        まだまだ岩場が続きます
e0013365_20361273.jpg
                                    イヨフウロはたくさん咲いています
e0013365_20362421.jpg
                                    今回初めて見たホソバノヤマハハコ
e0013365_20363517.jpg
                                      岩場の連続!う~ん、楽しい♪
e0013365_20364673.jpg

e0013365_20365732.jpg
                                      九重連山もはっきり見渡せます
e0013365_20371148.jpg
                             周回コースに合流。ここから左に見える東峰へと向かいます
e0013365_20372393.jpg
                     東峰山頂直下の岩場にいた10センチほどの巨大ヤスデ。ムカデと見間違えてビビった!

東峰山頂からは湯布院の町、その横の倉木山、奥には九重連山が見渡せます。少し遅れて同じく東登山口から登ってきた男性としばし歓談し、西峰との鞍部であるマタエに向かいます。途中見たことがない花に遭遇。とりあえず写真撮りマタエに下ります。ここから一気に西峰に登りたいところですが、相変わらず足が重く、喘ぎながら岩場を乗り越えます。途中で迎えてくれるミヤコグサ、ホタルブクロなどの撮影で息を整え、そこからは一気に障子戸の壁も越えて西峰山頂に到着です。ここには先程東峰からの下山時に見た名前のわからない花らしいけどちょっと見た目が違う花がありました。この花については後述します。

e0013365_2039154.jpg
                       東峰山頂からの展望。眼下に湯布院の街、その左に倉木山、奥に九重連山が見渡せます
e0013365_20391797.jpg
                                           東峰から臨む西峰
e0013365_20393478.jpg
                                             鶴見岳方面
e0013365_2039501.jpg

e0013365_2041449.jpg
                                       東峰と西峰の鞍部にあたるマタエ
e0013365_20412026.jpg
                                             西峰に到着

西峰でちょっと休憩して、由布岳4度目にして初めての挑戦となるお鉢めぐりコースに向かいます。徐々にギザギザとした岩峰が近づいてきます。ワクワクです♪ 動画を撮りながらクリアしようと思っていたのですが、やはり片手でここを超えるのは無理。動画撮影はすぐにあきらめ、先へと進みます。大きな岩の手前に下へと回り込む巻道ができていますが、とりあえずまっすぐ岩を乗り越えようとしてみますが、登ったはいいが先へは降りれそうになく、やはり巻道を通って意外とあっさりクリアです。ただここから東峰への周回道に合流するまでの登りがかなりの急坂で、少々バテ気味の僕はヒーヒー喘ぎながらやっとの思いで、再び東峰へと戻ってきました。お腹がすいてきていましたが、日除けのない山頂ではなく、少しでも日陰がありそうなマタエでご飯を食べることにして、マタエに向けて下山を始めました。もうすぐマタエというところで、再びあの名前のわからない花に遭遇。ちょうどそこに1人の男性が登ってきて、「この花の写真は撮らないんですか?」と声をかけてきました。「さっき撮りました。これなんていう花ですか?」と尋ねてみると「シオガマギクですよ」とのこと。ちょうどいいタイミングで花に詳しい方に遭遇しました。「西峰にはこれと似た花で上から見ると台風の渦巻きみたいに見える花がありましたよ」と伝えたところ、「それはトモエシオガマだね」とのこと。花に詳しいその方と別れた直後、「うん?今の人、もしかして「あれんこれん」のkigoさんじゃないかな?」って気になり始めました。Kigoさんのような気がする。もう1回東峰に追いかけて確認しようか?でも今日はそんな元気ないし。。。まぁご飯食べてる間に下りて来られるかもと思い、マタエの岩の陰お待ちかねのランチタイム。今日は軽量化の為、コンビニ弁当だけです。残念ながら食べている間にkigoさんらしき男性は下りてこられず、あとでkigoさんのブログでチェックしようと思い、正面登山口方面へと下山を開始しました。(下山後kigoさんブログをチェックした結果、シオガマギクの記事をアップされており、やはりkigoさんであることが判明。お声かけずに申し訳なかったです)

e0013365_20414970.jpg
                                由布岳4度目にして初めてのお鉢めぐり。ワクワク♪
e0013365_2042143.jpg
                                          やっぱ岩場は面白い!
e0013365_20421481.jpg
                                        この日2度目の東峰山頂
e0013365_20423070.jpg
                            シオガマギクです。教えてくれたkigoさん、ありがとうございます
e0013365_20424458.jpg
                              マタエでのランチタイム。コンビニ弁当ですが美味美味♪

花を探しながらゆっくりと下りていたのですが、下山途中足首がガクっと軽い捻挫のようになりバランスを崩し転倒。念の為靴紐を締め直し歩き始めますが、再び同じように足首が捻挫のようになり再び転倒。結局、日向自然観察路への分岐まで4回も同じ症状で転倒したのです。当初の計画では、正面登山口に着く手前の分岐を日向自然観察路へと進み日向岳に立ち寄り東登山口へと向かうことにしていたのですが、この日の足の状態ではこれ以上足場の悪い登山道を歩くことは厳しいだろうと判断し、分岐を曲がらずにまっすぐ正面登山口へと下山し、そこから車道を歩き東登山口まで戻ることにしました。1時間程の車道歩きを覚悟して、炎天下の車道をひたすら歩き続けます。途中、目の前に車が停まり「どこまで行くの?乗っけて行こうか?」という親切な方の車に乗せて貰い、あっという間に東登山口に到着~って妄想をしながら歩くこと45分で東登山口に帰着。帰りに長者原のタデ原湿原で花散策をして帰りました。

e0013365_20442440.jpg
                                    今回初めて見たカワラナデシコ
e0013365_20443726.jpg
                          当初の計画ではここから日向自然観察路を歩く予定だったんですが・・・
e0013365_20444965.jpg
                              計画を変更し、由布岳正面登山口に下山しました
e0013365_2045178.jpg
                                      この分岐を左へと進みます
e0013365_20451218.jpg
                             45分間の車道歩きを経て無事に?東登山口に帰着
e0013365_204524100.jpg
                               帰りに長者原のタデ原湿原に立ち寄りました
e0013365_2045459.jpg
                                            ヒゴタイ
e0013365_20455520.jpg
                                     くじゅうはもう秋の気配です
e0013365_20461129.jpg

①ホソバノヤマハハコ ②アキノキリンソウ ③ヤマアジサイ ④ノリウツギ ⑤ノギラン ⑥オトギリソウ ⑦ツクシゼリ ⑧ツクシアザミ ⑨キンミズヒキ ⑩シモツケ ⑪ヒヨドリバナ ⑫ホソバシュロソウ ⑬シオガマギク
e0013365_2046227.jpg

①ホタルブクロ ②フクオウソウ ③ミヤコグサ ④ママコナ ⑤キリシマヒゴタイ ⑥ウツボグサ ⑦ミヤマキリシマ ⑧ミズヒキ ⑨ベニイタドリ ⑩カワラナデシコ ⑪キツネノボタン ⑫ゲンノショウコ ⑬サイヨウシャジン
e0013365_20463560.jpg

①ヒゴタイ ②マツムシソウ ③マルバハギ ④シラヒゲソウ ⑤ワレモコウ ⑥サワヒヨドリ ⑦ヤマウド ⑧ヤマトラノオ ⑨シモツケソウ ⑩サワギキョウ ⑪タムラソウ ⑫クサフジ ⑬アソノコギリソウ

by ex-mlwalk326 | 2013-08-30 12:08 | 山行報告(その他九州の山) | Comments(4)
2013年 08月 29日
由布岳に行ってきました ~速報~
e0013365_0285943.jpg
                                由布岳東峰から臨む湯布院の街と九重連山

8月26日の午後、鹿児島市で三浦雄一郎氏の講演会を聴いた後、そのまま高速に乗り、長者原で車中泊。翌27日に由布岳に登ってきました。ルートは東登山口~東峰~マタエ~西峰~お鉢めぐり~東峰~マタエ~正面登山口~(車道歩き)~東登山口です。足首の調子が悪くマタエからの下山時に4回も転倒。当初日向観察路を通り東登山口に戻る予定だったんですが、これ以上登山道は歩けないと判断し車道を歩いた次第。休憩も入れて合計8時間。東登山口からの登りとお鉢めぐりは結構面白いルートでした。

詳細レポはしばらくお待ちください。

by ex-mlwalk326 | 2013-08-29 00:30 | 山行報告(その他九州の山) | Comments(0)
2013年 08月 28日
三浦雄一郎氏講演会
e0013365_965266.jpg


8月26日と27日は、僕の短い夏休み。
2日間で由布岳や九重方面を歩こうと思っておりましたが、ある知人から「80歳でエベレストに登頂した三浦雄一郎氏の講演会があるけど、チケット手配できるよ」との嬉しいお誘いがあり、とりあえず2枚予約してもらいました。2日間が晴れなら、誰かに譲って僕は山に行こうと考えていたんですが、やっぱさすが僕です。山に行こうと計画した日は土砂降り予報・・・。で、三浦氏の講演会に行ってきました。この講演会はクラーク記念国際高等学校の校長である氏が学校関係者や生徒・保護者を中心に若干の一般参加者も集めての講演会。恥ずかしながら、彼がこの学校の校長先生だったことも、この学校の存在すら初めて知った次第。まじめでまっすぐな印象の生徒が多いと感じました。

さて、講演会の前に、5月のエベレスト登頂の記録ビデオが上映されました。その後1時間ほどの講演。たくさんのスタッフの支えとそれを上回る本人の強い意志、夢の達成に向かうエネルギーの強さを感じました。あきらめないこと!大切ですね。

それとエベレストに向かうトレーニングは近くの低山から始めたらしいのですが、毎日両足に5キロずつの重りと2~30キロの重量のザックを背負って歩いたとのこと。僕もモコちゃん散歩に足のウェイトをつけようかな。

by ex-mlwalk326 | 2013-08-28 21:30 | 山の話 | Comments(2)
2013年 08月 09日
有田の街角
e0013365_0302549.jpg
                               有田の町は風鈴も有田焼。涼しい音を奏でていました♪

by ex-mlwalk326 | 2013-08-09 00:31 | 写真 | Comments(0)
2013年 08月 09日
恋する鯉?!
e0013365_0273983.jpg
                              有田の柿右衛門窯の池にいたハートマーク模様のある鯉
e0013365_028597.jpg
                                  確かに見れただけでいい事ありそうな幸せな気分♪

by ex-mlwalk326 | 2013-08-09 00:27 | 写真 | Comments(0)
2013年 08月 02日
2013年雨の清掃登山
e0013365_10224851.jpg


7月28日(日)に、韓国岳~大浪池のコースでの清掃登山を実施しました。当初は28日(日)と29日(月)の2日間に渡る霧島清掃登山(1日目の登山&バーベキュー&テント泊&2日目の登山)を計画していたのですが、やはりMLWが企画するからなのか、僕が参加するからなのか、この2日間だけは完全に雨予報。20人を超える保険申請の期限は金曜日。でも申請後に「雨だから参加しない」という人が出てくる可能性もあり、無駄な経費を発生させない為に、泣く泣く木曜日に、1日目の登山のみの実施とバーベキュー・テント泊・2日目の登山の中止を決定。1日目の登山に参加予定だった人の中から、雨でも参加できる人の人数を把握してから保険申請を行いました。8名の確認が取れましたが、直前で山岳会メンバーの紹介で女性2名が参加することとなり、合計10名。僕とS君、Kさんを除く6名はほぼ初心者のようですので、たとえ雨の登山でも、また行きたいと思ってもらえる楽しい登山になればと願いつつ大浪池登山口へと車を走らせます。登山口でしばらく待っていると、とても山には似つかわしくないブロロロ~という重低音のマフラー音を鳴り響かせてKさんがやってきました。女性ですが、どっからみても走り屋の車です。まぁ僕も以前はソアラで登山に来ていたので、人のことは言えませんが(笑)。大浪池にKさんの車をデポ。友達3人を含む4人を僕の車に乗せてえびの高原へと移動します。

今回は、装備が充分でない初心者が多いため、レインウェア、スパッツ、ザックカバーなどを貸出し、準備をします。山岳会から参加予定だったTさんは、急用のため参加できなくなったとのことでしたが、集合場所まで来てくれて僕らを見送ってくれました。次回は一緒に登りましょうね。硫黄山との分岐で疲れない歩き方を講習、その後、缶やビンなど埋まっているゴミを掘り返しながら、ゆっくり登ります。30年ぐらい埋まってたんじゃないかというようなゴミが結構あるもんですね。5合目はやはり休憩場所になっているだけあって、かなりのゴミが落ちています。登山靴のアウトソールが落ちていたことから、急遽この場で登山靴やスパッツについてのプチ講習。6合目から先はゴミだけじゃなく7合目と9合目の標識も同時に探して貰いながら、ガスって何も見えない山頂に到着です。ここではあまり長居をせず、すぐに大浪池方面へと下山を始めます。下山開始直後のガレ場や段差の高い木の階段など雨の日は滑りやすく危険なコースなのでゆっくり慎重に下山します。やがて韓国岳避難小屋に到着。中に入りお待ちかねのランチです。

e0013365_11322369.jpg

e0013365_11352135.jpg

e0013365_11353256.jpg


僕のランチは4回連続の味噌ラーメン。今回はキャベツを炒めてトッピングしました。5個パックを買ったので次まではラーメンが続きます(笑)。食後は僕のザックをひっくり返して、基本装備の講習会。こういう基本講習は何度やってもいいんだよね。 

当初の計画では、昨年同様ここから西周りと東周りの2チームに分かれることになっていましたが、人数も少ないので、全員で岩場の多い東回りコースを歩くことにします。途中数ヶ所で岩場から池を覗きこみますが、見えるのは真っ白なガスのみ。下が見えないので岩場での怖さも今一つ??

展望台で記念撮影をして、またまた滑りやす石畳の登山道を慎重に下り、大浪池登山口に無事に帰着♪ みんなの拾ったゴミを集めてみると・・・過去にないほど大漁です♪ みんな雨の中を頑張ってくれました。ありがとー♪ と、ここで何やら打ち上げ(飲み会)の話がチラホラ♪ 温泉で汗を流してから、ホテルで開催中の「世界のビール祭り」へと出掛けることになりました。で、ホテルまであと1~2分のところで、携帯がチロチロリン♪ なんとhigetiasさんの奥様mamatiasさんからです。お二人の娘さんのEさんが仕事で、僕が勤務するホテルにこの日泊まるらしいのです。噂の美人なら喜んで♪とお誘いしたところ、一緒に飲むことに。E子さんのお父さんであるhigetiasさんの山キチ度を聞けば聞くほど、こだわり方が僕に似てるなぁと思い、「ヒゲさんってB型?」「はいB型です」「やっぱりなぁ」。てな感じで楽しい時間を過ごさせて頂きました。E子さん、ありがとうございました。約束通り、次は山でご一緒しましょうね♪

e0013365_137991.jpg

e0013365_13131042.jpg

e0013365_13133250.jpg

e0013365_13134438.jpg

e0013365_13135454.jpg


※当日参加したS君のブログ記事はこちら

by ex-mlwalk326 | 2013-08-02 10:46 | 山行報告(霧島) | Comments(2)