<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2013年 05月 28日
2013年初夏のくじゅう第1弾 ~涌蓋山~
e0013365_748739.jpg


5月21日に会社の登山クラブ「Mont-Low-Walk(以下MLW)」のメンバーと日帰りでくじゅう・涌蓋山に登ってきました。実は27日も再び日帰りでのくじゅう行きが決定しています。というのも、最近MLWの新規入会者が多く、登録メンバーはすでに23人程に増えています。しかも同じ部署に4~5人いる部署もあり、勤務シフトの都合上全員が一度に参加できないことから、登山シーズンの5月に関しては、1週間おきに2度のくじゅう山行を計画することになったのです。1回目の参加メンバーは女性2名を含む6名。その内2名は学校卒業後初登山ですが、事前に登山靴やザックを買ったり、とても楽しみにしていたようで、彼らの願いが届いたのか、MLWにしては珍しく、4月の石堂山に続いて快晴の天気予報です。

また、走行中にエンストするというトラブルの為、前回の石堂山登山後約3週間もドック入りしていた愛車フレンディ君が、25万円の請求書とともに前日に納車(涙)。ギリギリで今回の山行に間に合いました。当日は早朝4時に集合、高速で熊本へと向かいますが、丁度この日から始まった工事の為、八代-松橋間が通行止め。この区間は一般道を走ります。ミルクロードを九重へと走りますが、晴れの天気予報のはずが、霞の為全く九重連山の姿は見えず。瀬の本まで近づいてやっと少しずつ山の形がうっすらと見えてきました。今はこの状態ですが、時間が経つにつれてガスは晴れてきそうな感じです。

八丁原の駐車場に停め、登山準備を始めます。地図の見方や簡単なコンパスの使い方を説明してから出発。一目山の横を巻くようにして進みます。この辺りから見える涌蓋山ははるか遠く。まだまだ先は長いです。一目山の下では、僕自身初めて見るナルコユリを発見。登山道では他にも沢山の花々を見ることができましたが、圧巻はハルリンドウ。道中のあちこち、ハルリンドウだらけというぐらい咲き誇っていました。

e0013365_7482470.jpg
                            登山道は一目山を巻くように始まります
e0013365_7484589.jpg
                               遥か遠くに目指す涌蓋山
e0013365_7494654.jpg

e0013365_751187.jpg

e0013365_7512831.jpg
                             ミソコブシ下山中に九重連山を臨む

草原を抜け少しだけ林道を歩いたところからクマザサが生い茂る林の中へと入っていきます。しばらく進むと森を抜け、涼しい風が汗を飛ばしてくれる場所に出ました。ここで皆「涼しぃ~♪」と一休み。時間が経つにつれて霞や雲が取れ、強い日差しがジリジリと肌を焼く暑さの中、この自然の風はたまりません♪ クマザサの中に点在するミヤマキリシマを愛でながらゆっくり登ると手前のピーク女岳に到着。もう山頂はすぐそこ。あえぎながらも一気に登りきり、そのまま広い山頂に到着。標柱を通り過ぎ、奥へと進み、僕がここに来るといつも食事をするテラスでのランチタイム。ここで取り出したのは、前日の夜到着したばかりのニューギア「トランギア ストームクッカーS ブラックバージョン」。早速フライパンでモヤシを軽く炒め、続いてラーメンを茹でて、炒めたモヤシとチャーシューを入れて、チャーシュー味噌ラーメンの出来上がり。美味美味♪ 炒め&ラーメン&食後のコーヒーで燃料のアルコールをほぼ使い切りました。次回からは予備燃料の持参が必要ですね。

e0013365_7521039.jpg
                       林道からクマザサの生い茂るこの道へと入っていきます
e0013365_75232100.jpg
                               手前のピーク女岳に到着
e0013365_7524663.jpg

e0013365_7531599.jpg

e0013365_7533139.jpg

e0013365_754333.jpg
                           この日のメニューはモヤシチャーシューラーメン   
e0013365_7542051.jpg
                            食後のカフェタイムを楽しんだ後は・・・
e0013365_7544772.jpg
                                     爆睡!
e0013365_75513100.jpg

e0013365_7553114.jpg


お腹もいっぱいになったところで、山頂に戻り標柱を囲んで記念撮影をし、下山を始めます。林道から先、再びミソコブシには戻らず西側を巻いて歩きます。やがて最後の目的地である一目山の麓まで戻ってきました。下から見上げるとなだらかで登りやすい山に見えますが、過去2回登った経験ではかなりきつかった印象の山。でもそれをみんなには言わずに歩き始めたところ、やはり中間地点辺りで、みんなヒーヒーいい始めています。僕も同じくヒーヒー言いながらやっと山頂に到着。その後楽しく記念撮影をして下山。下山後は牧ノ戸峠でノンアルコールビールを一気飲み☆ さらにソフトクリームも頂き、久しぶりに会ったHANAちゃんにご挨拶をして温泉(山恵の湯)へ。こうして日帰りくじゅう山行の1回目が無事に終了しました。

e0013365_7561056.jpg

e0013365_7563326.jpg
                              ミソコブシを巻いて登ります
e0013365_7565776.jpg
                                  何かの練習中?
e0013365_7571936.jpg
                          緩やかに見える一目山。実はかなり手強いんです
e0013365_7573734.jpg
                              山頂からは九重連山が見渡せます
e0013365_758081.jpg
                         一目山(ひとめやま)だけに一目散に逃げるポーズ(笑)
e0013365_06748.jpg
            
          ①ナルコユリ ②ジシバリ ③アセビ ④キスミレ ⑤ウマノアシガタ ⑥ヒメハギ ⑦セイヨウタンポポ
          ⑧イワカガミ ⑨ニガナ ⑩ミヤマキリシマ ⑪マイヅルソウ ⑫キジムシロ ⑬ハルリンドウ

by ex-mlwalk326 | 2013-05-28 07:59 | 山行報告(くじゅう) | Comments(2)
2013年 05月 11日
霧島の中の屋久島
e0013365_9252882.jpg


昨日、雨の中を再び高千穂峰古道(高千穂嶽道)を歩いてきました。
今回の目的は、先日見つけた登山道脇のスズメバチの巣穴と思しき場所の特定、各ポイントごとの経過時間の確認、集合場所の確認等々・・・。

歩きはじめこそ雨は降っていなかったものの、すぐに降り出し、本降りの雨の中全身びしょぬれになって歩いてきました。
前回偶然迷い込んだ枯れ沢をルートに入れるべく、途中から敢えて枯れ沢に入り下山。霧に煙る苔むした枯れ沢はまるで屋久島の風景。近い内にもう1回下見登山に出掛け、沢歩きの距離をさらに延長できないか検証してくる予定です。ハチ・アブが多そうな場所なので、これからの季節はどうかと思いますが、冬から春にかけての時期には面白いコースになりそうです。

e0013365_9374967.jpg

e0013365_9513881.jpg


by ex-mlwalk326 | 2013-05-11 09:38 | 山行報告(霧島) | Comments(0)
2013年 05月 03日
高千穂嶽道
e0013365_822632.jpg
                            高千穂嶽道と彫られた石柱

数年前、霧島神宮を散策している時に偶然見つけたこの石柱。「高千穂嶽道(おたけみち)」と彫られています。その時気になって少し歩いてみたのですが、登山装備ではなかった為途中で退散。登りたいと思いながら数年が過ぎてしまっていました。その道を昨日一人で歩いてきました。初めて歩く道でしかも道が不明瞭な可能性もある為、事前に25.000分の1の地図に磁北線を引いた地図を用意。コンパスも必要です。

霧島神宮の左下にある駐車場に停め、地図とコンパスを片手に10:10にスタート。5分程石の階段を登ると本殿の左奥に着きます。ここにこの石柱があります。歩き始めてすぐに新湯林道に似た林道歩きになります。しかしすぐに山の中へと入っていきます。矢印の案内板や赤テープがあるので迷うことはありません。

e0013365_942511.jpg
                         この駐車場を利用させてもらいました
e0013365_92031.jpg
                                石段が続きます
e0013365_921321.jpg
                            霧島神宮本殿の左奥に着きます
e0013365_922595.jpg

e0013365_923956.jpg

e0013365_925116.jpg

e0013365_93462.jpg


30分程林の中を進むと霧島ハイツ下の車道に出ます(10:42)。車道を横切ると目の前に林の中へと続く道が伸びています。車で高千穂河原へと登るくねくねした道の左側の林の中を歩いて進む道で、急な坂道はなく、緩い傾斜の道がずっと続く登山道です。地図とコンパスを見ながら、道が伸びている方角をチェック、自分のいる場所を確認しながら歩きます。道はほぼわかりやすいのですが、一部赤テープもなく不明な場所も「こっちかな?」と先へ進むとその先に赤テープを発見するといった具合で、特に道を失う事もなく進み、車道と出会う場所まで出てきました(11:37)。ここからさらに林へと入り、11:57に高千穂河原に到着。所要時間は約2時間程度です。

e0013365_9101725.jpg
                      霧島ハイツ下の車道を横切ります。正面に道が続いています
e0013365_9103472.jpg

e0013365_9104973.jpg
                          美しい新緑に癒されながらの登りです
e0013365_91123.jpg
                            途中車道に出ますが再び林の中へ・・・
e0013365_9111469.jpg
                              高千穂河原に到着です

高千穂河原でトイレ休憩を済ませ、12:10に先日解禁したばかりの中岳中腹探勝路に向けて出発します。登る程に灰が多くなり、高千穂峰のように砂場を登る感じになっていきます。灰に埋もれながらも嬉しい事にミヤマキリシマは見事に咲き始めていました。まだ蕾が多く、開花状況は1~2分咲きといった状況なので、5月10日から20日ぐらいが見頃ではないかと思われます。ミヤマキリシマ以外にもヒメハギやクサボケが花を咲かせていたのは嬉しかったです。途中のベンチでコンビニ弁当のランチを食べて下山(13:22)。13:30に高千穂河原を出発し下山を開始します。

e0013365_917538.jpg

e0013365_918620.jpg
                              公園の砂場のような登山道
e0013365_9181895.jpg
                                ミヤマキリシマ
e0013365_9183047.jpg
                               登山禁止が続く中岳
e0013365_9184592.jpg
                                  クサボケ
e0013365_919155.jpg
                                  奥に高千穂峰
e0013365_919126.jpg
                                今日はコンビニ弁当です

高千穂河原から途中車道に出会うところまでは林の中を歩きますが、下山はここから違うルートを歩くことにします。というのも、途中登山道のすぐ脇にスズメバチの巣があった為、その場所を迂回したいと考えたのです。車道を10分程歩いたところから再び林の中へと入ります。ここは林業用の林道となっており、しばらくは伐採された木々が転がる味気のない風景を見ながらの荒れた林道歩きです。分岐を右に曲がりしばらく進むと、登りに使った道に合流・・・するはずなんですが、というかもうとっくに合流しているはずなんですが、道が見つかりません。枯れた沢が進行方向に向かって伸びており、確か登りの時もすぐ横に沢があったとの記憶から、しばらくはこの沢を下ることにします。灰に埋もれた固めの砂場のような道が続きます。やがて道は岩場が多くなり面白くなってきました。苔むした岩場も多く慎重に進みます。やがてちょっと高い岩場にぶちあたります。降りれないことはないのですが、今日は一人だし念の為、ここで沢を断念し左側にあるはずの正規ルートへ戻ることにしました。するとこの場所の横に、沢から登るルートが出来ています。みんなここで断念するようです。正規ルートに戻り、車道を横切り、霧島神宮に帰着。観光客に交じって神宮で安全登山のお礼をして駐車場に戻りました(15:10)

e0013365_9265028.jpg
                                  ヤマツツジ
e0013365_927566.jpg
                                 10分程車道を歩きます
e0013365_9271861.jpg
                             林道を歩いて登山道に合流のはずが・・・
e0013365_9461792.jpg
                               青が下山時に歩いた迂回ルート

by ex-mlwalk326 | 2013-05-03 08:32 | 山行報告(霧島) | Comments(0)