<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 28日
2012年錦秋のくじゅう ~③鍋の宴~
e0013365_8302729.jpg


今宵の宿に戻り、準備を整え、法華院温泉へと向かいます。T元君は真夏のビーチのような恰好。寒がりの僕には考えられない軽装ですが、実は本人も寒かったようです。久し振りの法華院温泉は、湯舟が白く変わっていました。鹿児島から来られたという男性と話をしながら汗を流し、体を温め、天国天国♪ 湯上り後は強風の中での夕食準備を想定し、少し多めに着込み、ビールも買って準備万端!コンデジカメラを持参しなかったので、「山で飲める幸せ」との記念撮影は次回にお預けです。

さぁお楽しみの夕食の準備です。今回は夕食は各自簡単にカレーでも食べて、その後2次会をゆっくり僕のテントの中でしようかなと当初考えていたのですが、今回は仕事の都合で参加できなかったテントマニアの蕎麦王子(燃料王子ともいう)とユカリンとの飲み会の席で、「折角だから鍋でもしたら?」の提案を採用、自宅からアルマイト鍋を持ち出し持って来ています。夕食にちょうどいいかもと思い、木のテーブルの近くにテントを設営したものの、強風の為そこで夕食を食べる状況ではありません。そこで、女性2名が僕のテント内に、男性2名がペンタの下に座り、鍋パーティーのスタートです♪ 途中から具材が焦げ付き始め、微妙にオコゲ風味の鍋にはりましたが、それでも温かいお鍋を美味しく頂きました。鍋終了後は4名全員が僕のテント内に入り(エアライズ3は広いので、4人入っても大丈夫です)、しばし歓談。すぐ近くに別の登山者のテントもあったので、早めに解散、就寝しました。

e0013365_83102.jpg
                                今宵の宴会場
e0013365_8311551.jpg

e0013365_8312966.jpg
                        待ちに待った瞬間♪ 山で飲める幸せ☆
e0013365_8314457.jpg

e0013365_8315969.jpg

e0013365_8321095.jpg


強風でバタバタとテントやタープがバタつく音で何度か目が覚めましたが、前日が2時間ほどの睡眠しか取れていないので、ぐっすり4時半頃まで爆睡☆ 5時前にごそごそと起き出しテントの外に出てみると、残念ながらまだ重い雲が全ての山々にのしかかっています。あぁ~今日もダメかなとちょっとブルーになりながらも朝食の準備に取り掛かります。献立は昨日の鍋の残り汁にご飯を投入しての雑炊です。オコゲ味の雑炊ですが、それはそれで美味しく頂きました。さらにソーセージと卵を炒めたものを副菜として作り、ユカリンの入れてくれたコーヒーでまったりのんびり朝食を頂いたので、予定を大幅にオーバー! 6時出発の予定のはずが、もう7時半です。慌てて準備を整えます。その頃から少しづつ雲が薄くなり始め青空が広がってきました。今日は最高の景色が拝めそうです☆ 予定より2時間遅れの8時に坊ガツルを出発し、三俣山に向かって歩き始めました。

e0013365_8494077.jpg
                         朝からボリュームたっぷりの雑炊♪
e0013365_8495035.jpg

e0013365_850141.jpg
                          このオコゲ、取れましぇ~ん^^;

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2012-10-28 08:32 | 山行報告(くじゅう) | Comments(2)
2012年 10月 27日
2012年錦秋のくじゅう ~②大船山~
e0013365_729392.jpg


坊ガツルから見上げると、大船山の山頂付近はかなりの速度でガスが流れており、山頂は時々見え隠れする程度。ちょうどガスが取れるタイミングならいい感じに紅葉が見れそうです。その瞬間を期待し登り始めると、すぐに道をロスト。プチ遭難から脱出し登山道に戻ったところで、前方からどこかで見たことある若い男性がやってきます。誰か思い出さずにいると、T元君が「あっモンベルの人ですね」と声を掛けました。そうだ、モンベル鹿児島店の店員さんです。彼の今夜の宿「モンベル ステラリッジ」を購入した時に対応してくれた店員さんとのことでした。モンベルの彼から、「ガスが取れた時の紅葉は素晴らしい!」と聞きテンションが上がります。5合目からの展望は全くないものの、ガスが取れることを期待してぐんぐん登り、段原に到着。ここは強風が吹き荒れ、かなり寒くあまり長居できる状況ではありません。すぐに山頂へと向かいます。ここから山頂へはガスと強風で紅葉を全く楽しめる状況ではありませんでした。山頂についてもしばらくガスが晴れる感じではなかったので、先に御池へと下ることにしました。御池の淵にはすでにたくさんの登山者がスタンバイし、ガスが晴れるのを待っています。待つこと数分、それまでガスで白く霞んでいた御池の紅葉が鮮やかに浮かび始めました。ガスが切れ始めたのです。周りからどよめきが上がります。しばし撮影後山頂へと戻ります。その途中展望のいい場所で待っているとちょうどいいタイミングでガスが取れ御池に陽光が差し込みました。めっちゃ綺麗です。まさにピークの状態です。山頂に戻ると先程と変わらず、飛ばされそうな強風。日帰り予定のEmiちゃんの時間も気になっていたので、先に記念撮影をして彼女は先に下山することになりました。テン泊組の4人は山頂の風の来ない場所でフリースなど防寒着を着こみ、ガスが晴れるのを待ちます。しばらく待っていると、一番綺麗な手前の斜面だけガスが晴れてきました。北大船山の方までは見えませんでしたが、それでも十分に美しい斜面を見れたので満足満足! さぁ、坊ガツルへと下山開始です。

e0013365_7301637.jpg

e0013365_7302789.jpg

e0013365_7303886.jpg

e0013365_7304981.jpg

e0013365_7305967.jpg

e0013365_73199.jpg

e0013365_7311891.jpg

e0013365_7312788.jpg

e0013365_7314021.jpg

e0013365_7315033.jpg

e0013365_7353447.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2012-10-27 07:33 | 山行報告(くじゅう) | Comments(2)
2012年 10月 26日
2012年錦秋のくじゅう ~①坊ガツルまで~
e0013365_20205163.jpg


10月18日~19日の2日間、坊ガツルにテント泊し、くじゅうの紅葉を堪能してきましたので報告致します。

霧島山岳会にはいくつかのワーキンググループがあり、そのグループごとに毎月1回の定例登山を企画し実施しています。僕の所属する第3ワーキンググループは2月の仰烏帽子山登山に続いて10月の定例登山が2回目の担当。偶然霧島市在住者が3人も所属しているので、打合せ(と称する飲み会)を実施しやすいのは大変好都合です。9月に実施した飲み会、いや打合せ会で、偶然3人とも平日休みが取れるメンバーだったこともあり、定例登山初の平日開催とすることを決定。10月といえばやはりくじゅうの紅葉でしょうということで坊ガツルでテント泊をしての紅葉散策の企画を立案。看護師さんなど平日に休めるメンバーも多い他の山岳会会員の参加を募ったんですが、結局集まったのはテント泊希望者4名と日帰り1名の計5名。もう少し参加してもらえると思っていただけに少し残念。また相方と休みが合えば、連れて行きたいところでしたが、残念ながら休みが合わず、相方&モコちゃんはお留守番となりました。

日が近付くにつれ気になってきたのは、もちろん天気です。あと1週間となった頃から南の海上に何やら気になる物体がうろうろ。超ノンビリペースの台風がまさに18日からのくじゅう行きに合わせて北上すべく機会を伺っているようなのです。結局台風の直撃は避けられましたが、風が強いことが予想されます。テント泊には若干の不安が残りますが、まぁ大丈夫でしょう。

今回はテント泊予定者の中に女性2名がいたのですが、1名は装備は持っているものの、テント泊は初めて。もう一人はまだ装備も持っておらず、すべて日帰り予定の女性や僕からの貸し出し品。その為、テント泊での快適な過ごし方を教える為にも、僕はできるだけ多くの装備を持参することにしました。その結果、この時期の坊ガツルでのテント泊にしては若干重めとなりましたが、快適なテント泊の為ですから、頑張って背負いましょう。

集合時間は18日の午前3時半。もう一人の男性参加者T元君はさらに2泊する予定なので、単独で先に出発しています。集合場所で女性2名(ユカリンとカオリン)を僕の車に乗せ出発です。えびのPAで、日帰り予定のEmiさんと合流。ここからは2台でくじゅうへと向かいます。今回参加の女性3名はすべて看護師さん。僕の相方も看護師だし、看護師の女性は山好きが多いようですね。

午前7時に長者原に到着し、少し前に到着していたT元君と合流。僕の車を長者原にデポし、T元号&Emiちゃん号の2台で吉部へと移動します。吉部の有料駐車場の管理人はやたらと話好きなおばさんで、お隣さんとの隣人トラブルの話をし始めます。あの~僕ら急ぐんですけどって感じで戸惑っていると、同じ血の臭いを嗅ぎつけたのか、スーパーおしゃべりのT元君に、「コーヒーを入れるから帰りはゆっくり寄っていきなさい」と念押し。T元君には帰りに犠牲になってもらいましょう。

e0013365_20215336.jpg
                            今回もドイター エアコンタクト65+10が活躍します
e0013365_20221281.jpg
                                    吉部の駐車場を出発します

吉部からの登山道は3つあります。通常は登山計画書ポストが設置してある登山口(このルートは暮雨の滝を経由するルートです)、小さな橋の横のゲート脇から登るルート、さらにその奥にももう一つ。みんなの意見を聞き、今回は真ん中のルートを歩くことにしました。ここを歩くのは4回目かな。では、男性2名、女性3名、合計6名での霧島山岳会定例登山の出発です。歩き始めてすぐにサラシナショウマの花が迎えてくれました。その後しばらくは川の水音を聞きながら登っていきます。もう時期は過ぎていますが、ツリフネソウやヒヨドリバナ、アキチョウジの花も咲いています。小さな林道をクロスし、さらに登って行くと大船林道に着きます。色づき始めた木々のトンネルを歩く緩やかな林道歩きですが、重たい荷物を背負っているとやはり息が上がります。でも途中すれ違った登山者に「大学生ですか?」と声を掛けられ舞い上がる女性たち♪ 一気に元気を吹き返したようです(笑)。またここでは、終焉を迎えているオタカラコウやゲンノショウコも少しだけ花を咲かせていました。

e0013365_2023122.jpg

e0013365_202311100.jpg

e0013365_20232629.jpg

e0013365_20234215.jpg


T君をよく知っている方は、想像できると思いますが・・・。
彼はとにかくよくしゃべり周りを笑わせるんです。車の中も歩きながらもとにかくず~~っと面白いことをしゃべり続けています。だから彼と歩くときつい坂道も楽しく歩けるんです。坊ガツルが近づきリンドウを見つけた時、女子たちが「これは春に咲くリンドウと一緒ですか?」と質問。それに「あれはハルリンドウだよ」と答えると、T君がすかさず、「ここはタイセンリンドウ」「・・・」さすがに疲れてきました(笑)

坊ガツルが近づくと両サイドに山々が見えてきますが、三俣山も平治岳も大船山もどんよりとした低い雲に覆われています。さらに台風の影響でかなり風も強く、大きく揺れるススキの穂の間を抜けて坊ガツルに到着しました。場所を決めてすぐにテントの設営に着手。1人では贅沢過ぎると言うか大き過ぎるエアライズ3を設営し、さらにそれを覆うようにスノーピークのペンタシールド(ペンタ)を設営。設営が終わったら簡単に昼食を済ませ、20Lのサブザックを担いで大船山へと出発です。

e0013365_20241797.jpg

e0013365_20243365.jpg

e0013365_20245954.jpg

e0013365_20253613.jpg
                       Emiちゃんが貸してくれたニーモ オビ2P(カオリンの宿です)
e0013365_20255343.jpg
                           ユカリンの宿は評価の高いニーモ タニ2P 
e0013365_2026353.jpg
                               T元君はモンベルのステラリッジ
e0013365_20261371.jpg
                             僕の宿はエアライズ3+ペンタです

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2012-10-26 20:26 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2012年 10月 20日
秋の霧島連山(朝駆けレポ)
e0013365_913959.jpg


10月12日は個人的に韓国岳の朝駆けをしたいと考えて為、会社の登山クラブ「Mont-Low-Walk」メンバーに声をかけたところ、一人参加希望があったので、MLW初参加のK君と登ってきました。前日に霧島山岳会のメンバーT氏が朝駆けしてきたとの記事をfacebookにアップしていたので、「僕は明日行きます」とコメントしたところ、彼は2日連続で行くとのこと。彼の同僚も一緒に4人での登山となりました。

夜中に相方を起こしてしまうので、僕は23時頃帰宅後すぐに登山準備を整え、0時半に出発。えびの高原の有料駐車場(夜中は無料で入れます)のトイレに近い場所に駐車し、1:30にシュラフに潜り込み就寝。2:30に起床し準備を整え、登山口前の無料駐車場へと移動しました。すでにT氏の車が停まっています。まだ待ち合わせ時間には早いので、しばらくそのまま待っているとK君の車も到着。起きてきたT氏&フレンドの4人で登り始めました。空は満点の星空、三日月も浮かんでいます。月明かりに照らされた山のシルエットを見る限り山頂には雲がかかっている様子はありません。今日はいい朝日が拝めそうです。

5合目から、改めて目の前の韓国岳山頂方面を眺めてみても雲は全くないようです。ワクワクしながら歩を進めいよいよ山頂へと到着です。まだ真っ暗な状態ながら、東の空はかすかにオレンジ色になり始めています。この白み始める変化が好きなので、日の出時刻より遅くとも30分以上前には到着していたいんです。やがて少しずつ明るくなり始めた頃、眼下の大浪池を見下ろすと、大浪池火口にはこんもりと雲が火口を覆っています。韓国岳火口に目を転じると、ここもうっすらと雲が流れ込んでいます。南側は霞んでおり、桜島さへも見えない状態ですが、北側はえびのや小林の町は霧に隠れていますが、その上には高い山々が顔を出しており、遠く雲仙普賢岳や祖母山まではっきりと見渡せます。

e0013365_971924.jpg
                                    大浪池
e0013365_973362.jpg
                              市房山の左奥には祖母山が見えます
e0013365_974675.jpg


T氏が一般家庭にあるようなピーピー笛ヤカンを取り出し、コーヒーをいれてくれました。ふとヤカンに目をやると何となく面白い映像が映し出されています。まるで魚眼レンズのように楽しい写真が撮れるのでしばらく遊んでしまいました。ヤカンに向かってレンズを構えている様はさぞ変なオジサンだったことでしょう。やがて、オレンジ色の朝日が顔を出しました。しばらく山頂で撮影した後、すぐに奥の方へと駆け出し、ススキを入れて撮影再開です。秋らしい風景をカメラにおさめることができました。

e0013365_981683.jpg
                                 ピーピーヤカンが面白い!
e0013365_982892.jpg

e0013365_984191.jpg

e0013365_99279.jpg

e0013365_9105349.jpg

e0013365_9114174.jpg
                                   韓国岳火口
e0013365_911532.jpg
                              この岩登りてぇ~とよだれを流すT氏
e0013365_912580.jpg
                          まるで3000m級の山々にいるかのような写真が撮れます
e0013365_9121682.jpg
                               奥に小さく高千穂峰が見えます
e0013365_9123584.jpg
                                 記念撮影もヤカンで!

撮影を堪能した後は、T氏&フレンドはえび高原方面へと下山、僕らは大浪池方面へと下山しました。段差のある木の階段は濡れていると滑りやすく大変危険ですが、この日は濡れておらず比較的安全に歩けました。下山後避難小屋で腹を満たし、えびの高原に続く道へと進みます。えびの高原でトイレ休憩を済ませ、今度は白鳥山を目指します。展望台でコーヒーを飲み、しばしまったり。その後池めぐりコースに合流し、六観音御池~不動池方面へと進みます。途中色付きはじめているモミジもチラホラ。でも見頃はもちろんまだまだです。甑岳まで足を延ばしたいところでしたが、10月末にMLWで甑岳に行きたいと思っているので、今日は我慢し無料駐車場まで戻ってきました。ここで、初参加のK君に僕のザックの中身をすべて細かく説明。買いたいものが山ほど増えた様子。ちゃんと優先順位を考えて無理せず少しずつ揃えていきましょうね。

e0013365_9155863.jpg
                                この景色を心に刻み下山開始
e0013365_9161282.jpg
                                   木道を進ます
e0013365_9162525.jpg
                             やっぱ、美しい! ついつい振返ります
e0013365_9163827.jpg

e0013365_916492.jpg
                             池めぐりコース上の赤松林(好きな場所です)
e0013365_917095.jpg
                                   二湖展望台より
e0013365_9172389.jpg
                             白鳥山にて(写っているのはK君)
e0013365_9173771.jpg
                          ストーンサークル発見! リンドウを守っています
e0013365_917525.jpg

e0013365_918553.jpg
                               色付きはじめたばかりです

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2012-10-20 09:01 | 山行報告(霧島) | Comments(4)
2012年 10月 19日
2012年錦秋のくじゅう(速報) ~大船山・三俣山~
e0013365_2321892.jpg
                                        大船山の御池(10月18日)
e0013365_23212687.jpg
                                        三俣山の大鍋(10月19日)


どちらもピークです。ご覧になりたい方はお急ぎください!

by ex-mlwalk326 | 2012-10-19 23:23 | 山行報告(くじゅう) | Comments(2)
2012年 10月 16日
秋の霧島連山
e0013365_827597.jpg


10月12日に朝駆けしてきました。
詳細は後日・・・たぶん。

by ex-mlwalk326 | 2012-10-16 08:27 | 山行報告(霧島) | Comments(2)