<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 09月 26日
MLW韓国岳山行
e0013365_727578.jpg


「Mont-Low-Walk」(以下MLW)・・・、
雨男の集団としてその名を広めつつある登山クラブ。
今年だけでも、4月の白鳥山・時雨岳では曇りで最後にパラパラと雨、6月は雨で中止、7月の清掃登山でも後半にわか雨、そして8月は台風で中止・・・。そろそろ水不足の関東から正式な遠征要請が来そうなほどの確率で雨に当たっています。

そのMLWに最近一人の女性が入会。彼女はホテルの社員ではないのですが、ホテル内にある協力会社の社員さんで、全国各地を転々とする転勤族。前任者もMLWのメンバーで彼女が参加した2回とも雨。そして今回MLWに初参加となる女性メンバーのデビューとなるはずだった8月は台風で中止!それだけでMLWの入会資格充分です(笑)。鹿児島転勤の前から屋久島には行きたかったらしく、実際に屋久島に行って、山の魅力に取りつかれてしまったとのこと。「韓国岳山頂から高千穂峰を眺めてみたい」という彼女の希望を叶えるべく、今回は韓国岳に登ります。24日はMLWにしては珍しく晴れの天気予報。しかし、昨年9月の稲尾岳では晴れの天気予報で雨を降らすという驚異のパワーを見せつけたMLWだけに、今回も安心はできません。

当初5名の参加予定だったんですが、1名が前日に仕事の為キャンセル。もう一人も仕事の為、午後から参加とのことで、3人でえびの高原へと向かいます。大浪池登山口を過ぎ、えびの高原へと車を走らせていると、フロントガラスになにやらポツポツ・・・「なんじゃこりゃ~!」雨粒です。本当に僕らの雨男パワーって凄いぞと実感です(笑)

登山口前の無料駐車場に滑り込み、準備をしていると曇っていた空も徐々に晴れあがり、青空が広がり、山頂付近もはっきりと見えるようになってきました。はやる気持ちを抑え、駐車場の隅を陣取り、初参加の女性に簡単な勉強会を実施。僕のザックの中身を全部出し、道具とその必要性の講義です。講義を終えるといよいよ韓国岳に取りつきます。1合目辺りで、バテない足の運びを教えます。その後3合目辺りまでは僕の後をピッタリとついて足の運びを練習しながら登っていたようでした。5合目で休憩中にガスが出始め、6合目辺りはガスの天然ミストの中を登ります。8合目辺りまで来るとガスは取れましたが、山頂に近づいても高千穂峰の姿は確認できません。山頂で記念撮影をしていると徐々に高千穂峰が姿を現し始め、最終的にはすっきりと綺麗な姿を見せてくれました。山頂でコンビニ弁当を美味しく頂き、下山を始めます。前回の韓国岳で怪我した膝はもう痛まないものの、足を滑らさないように慎重に下ります。もうすぐ5合目というところで、遅れて参加の1名+もう一人新入社員の女性と遭遇。彼女が一緒とは聞いていなかったのですが、服装はバッチリ山ガール☆。登山が好きとのこと。また1人MLWに女性が加わりました。彼女が晴れ女であることを心より祈ります(笑)。

e0013365_7284443.jpg
                             韓国岳無料駐車場を出発します
e0013365_7285974.jpg
                          8合目を過ぎたところから火口を見下ろします
e0013365_7292540.jpg
                                 山頂での記念撮影
e0013365_7295222.jpg
           ガスって見えなかった高千穂峰が徐々に姿を現し、最終的に1枚目の写真用のようにきれいに見えました
e0013365_730361.jpg
                             薄い雲海を突き破り上がる桜島の噴煙
e0013365_7301353.jpg
                           2度目の噴火。雷のような音が響きました

当初の計画では韓国岳、池めぐりコースを歩くことにしていたんですが、時間も押していたので、池めぐりコースは諦め、硫黄山をノンビリ周回して駐車場に戻り、えびの高原に移動しました。ここで独身時代に通っていた美容室経営の男性とバッタリ。しばしの歓談後、歩いてえびの高原エコミュージアムセンター横のベンチでまったりとコヒータイム。その後、後発隊の2名も合流して、えびの高原荘の温泉で冷えた体を温めて帰りました。

※一眼レフがドック入りしているので、写真はすべてコンデジで撮影しています。

e0013365_731090.jpg
                              途中でMLW第2部隊と遭遇
e0013365_7311152.jpg

e0013365_7312312.jpg
                     硫黄山横の池に立ち寄りました。「霧島ガエル」は今日も笑顔です
e0013365_7475112.jpg
                                  センブリ
e0013365_7481513.jpg
                                キリシマヒゴタイ
e0013365_7484371.jpg
                                 フクオウソウ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2012-09-26 07:50 | 山行報告(霧島) | Comments(6)
2012年 09月 16日
韓国岳朝駆け登山
e0013365_8555189.jpg


最近は多忙な為なかなか山に行けず、やっと山に行けたと思えば雨ばかり・・・。登山解禁後初めての韓国岳は暴風雨(登山口で相方のご両親と偶然に会い一緒に登りました)、2度目の挑戦もずっと雨。そして先月末に会社の登山クラブで企画した韓国岳登山は台風による暴風雨の為中止。ここまでくれば自分の雨男パワーを強く確信するレベル。関東の水不足解消の為に、ダム周辺の山に遠征登山に出掛けようかと思うほどです。

多忙な日々が続く中ではありますが、13日は何とか丸一日休めそうな気配。天気予報は朝は曇りで昼から晴れの予報です。行ってしまえ~と急遽13日の朝駆け登山を決め、12日の夜、帰宅後ドタバタと荷物を詰め込みます。夜中にドタバタと起きて準備をすると寝ている相方を起こしてしまうので、準備ができたら道具をすべて車に積んで、えびの高原に向けて出発しました。えびの高原の有料駐車場に到着したのは0時過ぎ。この時間は管理人さんがいないので、出入りは自由です。トイレの近くに駐車して外に出てみました。空を見上げると一番明るく輝く星と三日月は見えるものの、その他の星はあまり見えません。うっすらとガスっているようです。天気の快復を祈りつつビールのミニ缶を一気に飲み干し、0時半にシュラフに潜り込みました。

起床は明け方3時。外に出てみると・・・。おおおお~、満天の星空が広がっているじゃああ~りませんか!キタァ~~♪ テンションアゲアゲ状態で無料駐車場に移動します。すでに2台の車が停まっており、登山の準備をしています。隣の車の主は、大きな青いジュラルミンケースを担いで登るようです。この方は僕が朝駆け登山をする度にお会いしているような気がします。重量は36キロとのこと。1回登るごとに身長が1センチずつ縮まりそうな重さですね。ただでさえ小さい僕は遠慮しときます。

先に到着されていた2組の登山者は3時半頃登って行かれました。遅れること20分、3時50分に僕も韓国岳に向けて出発です。硫黄山と韓国岳の間に三日月が浮かんでいます。月明かりの中うっすらと見える韓国岳山頂にはガスはかかっていないようです。今日こそは新燃岳が拝めるぞという期待に自ずと足取りも軽くなります。3合目で休憩中の36キロの方(体重じゃなく荷物の重量)と言葉を交わし、5合目で先行するカップルに挨拶をして先に進みます。満天の星空に向かって「もうすぐだから頑張れよ、隠れるんじゃないぞ!」と独り言を言いながら登ります。8合目辺りで何となくヘッドライトが弱くなった?と思って空を見上げると何と星の姿が消えているじゃぁありませんか!そこからさらに視界は悪くなり、とうとう足元しか見えない程の濃いガスに包まれてしまいました。「あ~あ、さすが俺!」ちょっと暗い気分になりつつも、まだ日の出までは時間があるので岩陰で待つことにします。ここまでTシャツ1枚で登ってきましたが、山頂で長袖シャツ+フリース+レインウェアを着込み、手袋もして風の当らない岩陰でじっと明るくなるのを待ちます。日の出の時間になりやっとほのかに明るくなってはきたものの、相変わらず山頂はガスの中。ご来光を拝める様子はありません。ここでご来光を諦め、ブロッケン撮影を狙うこととし、縦走路の奥の方へと進みました。以前奥の方から火口内に溜まったガスの中にブロッケンを発生させたことがあったので、同じような写真を撮影しようと思ったのです。岩場に立ち振り返ると韓国岳山頂付近にはガスが溜まっています。ここで太陽が顔を出してくれるとブロッケンが見れるはず・・・。太陽早く出てこい!と待っていると太陽より先になんと高千穂峰がうっすらと雲海の中から顔を出し始めたのです。「おおおキターーーー!」こりゃもうブロッケンどころではありません。カメラを高千穂峰側に向け直しシャッターを切りまくります。ご来光の瞬間は撮れなかったけど充分に満足し山頂へと向かって歩いていると、この日の朝駆け組のカップルが「326さんですか?」と声をかけてくださいました。以前から僕のブログを見て頂いているようで、しかもご近所さんみたいです。平日に霧島を歩いておられるようですから、きっとまたお会いすることがあると思います。うりさんご夫妻、今後ともヨロシクお願い致します。

e0013365_8591475.jpg
                      ガスの中待った甲斐がありやっと太陽が顔を出してくれました
e0013365_8593212.jpg

e0013365_8594574.jpg
                        太陽のパワーが足りない状態のできそこないブロッケン
e0013365_931357.jpg
                               高千穂峰が見えてきました♪
e0013365_93327.jpg

e0013365_934850.jpg

e0013365_94933.jpg
                             雲の中から新燃岳も姿を現し始めました♪
e0013365_942633.jpg

e0013365_944849.jpg


山頂に戻り、おにぎりを食べ、軽くブロッケンもどきを発生させ、山頂の岩場に咲くダイモンジソウを撮影している時に事件発生。山頂付近の岩場で濡れた岩が滑り、足を踏み外し左膝から岩に激突。カメラも岩に強打してしまったのです。動けない程のあまりの痛さに2年前の右手の骨折を思い出しました。この痛みはヤバいかも・・・。でも痛みはあるものの腫れはないのでたぶん骨はやられていないと確信。一方のカメラは、シャッターは押せるもののモニターが真っ暗なまま何も表示されません。ドック入り決定です。めったに持ち歩かないストックを今日に限って1本持ってきていたのが幸いし、ストックの助けを借りながらゆっくりと下山を始めました。膝を曲げると痛みがあるので、できるだけ左の膝を曲げないように下りていきます。いつもの2倍以上ゆっくりしたペースで慎重に下っていると、前方から登って来たご夫婦の男性から「今日はモコちゃんは一緒じゃないんですか?」と声を掛けられました。お話を聞いてみると、なんとこれまでお互いのブログ上で何度かコメントさせて頂いていた「トミー&ジュミーの旅JOURNAL」のトミーさん&ジュミーさんでした。登山口で僕の車を見かけて、きっと僕が登っていると思いながら歩いてこられたとのこと。お声掛けありがとうございます。ここでお二人としばし楽しく歓談。トミー&ジュミーさん、またお会いしましょう。そこからしばらく下ったところで、前方からこちらにカメラを向けて撮影している女性発見。後ろを振り返ってみても誰もいないし、いい風景でもありません。明らかに僕を撮影しているようです。すると「ホテル京セラの方ですよね」と声をかけて来られました。この方も僕のブログを見て頂いてるとのこと。しかも持っているカメラはD7000。いいカメラです。山頂でカメラが壊れたことだし、次のカメラを買ってくれないかなと一瞬頭に物欲が湧き上がりましたが、相方が買ってくれる訳ないよなとすぐに打消し。この方ともしばし歓談し、2時間ほどかけてやっとえびの高原まで戻ってきました。

e0013365_951225.jpg
                           韓国岳山頂の火口壁に咲くダイモンジソウ
e0013365_95268.jpg
                           山頂でブロッケンもどきを発生させてみました

実はこの日は朝駆けだけではなく、もう一つ目的があったのです。それは新湯分岐からえびの高原まで続く霧島スカイラインの車道沿いを花を探しながら歩くこと。ただ予想以上に時間が経ってしまっていること、さらに左足を負傷してしまったことにより、下山後病院へ行く時間を確保しなければならないことで、予定のコースを歩くことはできません。足は痛いものの段差の少ない車道歩きならできそうなので、大浪池からえびの高原までのコースの中間地点まで歩くことにしました。結果から言うと、まだ時期が早かったのか、狙っていた花は全く咲いていませんでした。10月初旬頃にもう一度チャレンジしてみようと思います。

下山後病院で検査した結果、骨や半月板などにも損傷はなく、強度の打撲とのこと。今は痛みも和らいできています。下山時に左足をかばって歩いたせいか、翌日は怪我した左足以上に右足の太ももの筋肉痛が耐えられないレベルで痛かったです。当日は左足を引きずり、その翌日には右足をひきずって歩いてました。皆さんも怪我には気を付けましょうね。

e0013365_954465.jpg

①キリシマヒゴタイ ②イタドリ ③ゲンノショウコ ④キガンピ(白花) ⑤アキノキリンソウ ⑥イヌトウバナ ⑦ナガサキオトギリ
⑧ヤマジノホトトギス ⑨トウバナ ⑩キガンピ ⑪ツクシアザミ ⑫ツクシコウモリ ⑬ダイモンジソウ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2012-09-16 08:37 | 山行報告(霧島) | Comments(16)
2012年 09月 13日
韓国岳朝駆け登山 ~速報~
e0013365_1363425.jpg


9月13日に韓国岳に朝駆けしてきました。
詳細レポはしばらくお待ちください。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2012-09-13 13:06 | 山行報告(鹿児島県内の山) | Comments(2)