<   2009年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2009年 10月 28日
2009年 雨のくじゅう紅葉散策 ~①黒岳~
e0013365_7333835.jpg


昨年会社の登山クラブMont-Low-Walk(以下MLW)の仲間達と紅葉の黒岳に登った後、行ったメンバーからは来年も行きたい、行けなかったメンバーからも来年こそは!という声が多く、今年もMLWでくじゅうの紅葉散策を企画。まめっち&フェアビューさんとのテント泊山行の翌週となり、2週連続でのくじゅう山行となりました。1週間前からすでに長期予報では常に雨マークが点灯。晴れは期待できなくともせめて雨だけは降らないでほしいと思いつつ、いよいよ出発当日を迎えました。今回は参加できずに一人留守番の相方からギロリ白い目で送り出され、後ろ髪を引かれながらもワクワクして24日の夜仲間と3人で鹿児島を出発。1日目の登山口は男池ですが、とりあえず長者原を今夜の宿に設定。到着後車の中でそれぞれ缶ビールやチュウハイでのささやかな前夜祭。翌日の山行に思いをはせシュラフに潜り込みます。

早朝4時半に起床。すぐに男池駐車場に移動します。男池で朝食を取り準備を整えている間に徐々に山のシルエットが見えてきました。残念ながら上の方はガスっているようです。まだ薄暗い6時過ぎに男池をノンビリ出発しました。かくし水を過ぎソババッケに近付くにつれ徐々に赤や黄色に色付いた木々が目立ち始めます。昨年はソババッケから赤く色付いた山肌が見えていたのですが、ガスで霞んではっきりと見えない状態です。ソババッケを過ぎシャクナゲの多い岩場を乗り越えると風穴まではゴロゴロとした石が多い足場の悪い道になります。この辺りの紅葉はちょうど見頃を迎えているようで鮮やかな赤い葉が目立ちます。風穴でしばし休憩をして天狗分れまでの急坂に取り付きます。坂の途中の紅葉に癒されながら高度を上げていきます。ただ、今年はかなり紅葉が早いようなんです。昨年ここを歩いたのは11月4日。山頂付近はもうとっくにピークは過ぎた状態でしたが、ここの坂の紅葉は意外にも結構いい状態だったんです。ところが今年はこの坂の紅葉も終盤を迎えているような印象を受けました。

e0013365_7382094.jpg
                                      ソババッケに到着です
e0013365_7383174.jpg

e0013365_7384061.jpg
                             ソババッケから風穴まではウ美しい紅葉が続きます
e0013365_7385085.jpg

e0013365_739054.jpg

e0013365_7391026.jpg

e0013365_7392056.jpg

e0013365_739303.jpg

e0013365_7394275.jpg

e0013365_7395382.jpg
                                  風穴の中から外の紅葉を見上げます
e0013365_740318.jpg
                                    風穴から天狗分れまでの急な登り
e0013365_7401842.jpg

e0013365_7402857.jpg

e0013365_740386.jpg

e0013365_7405133.jpg

e0013365_741163.jpg

e0013365_7411160.jpg


天狗分れに到着した途端に雨が降り出しました。ここでレインウェアを着込み、まず高塚山へと進みます。山頂は雨とガスで視界ゼロ状態。記念撮影だけして早々と下山です。天狗分れに戻った時に黄色いレインウェアを来た女性が一人。四季山遊会でご一緒したことのあるKさんです。彼女と少しお話をしてから、僕らはザックをデポし身軽になって天狗岩へと向いました。雨で滑りやすいので注意しながら慎重に岩場をよじ登ります。天狗岩も全く展望がきかないので、そそくさと下山です。急な岩場の下りに慣れていないメンバー達は少しおっかなびっくりで腰が引けている状態。慎重にゆっくり下りていきます。こうして再び天狗分れに戻り、やっとお待ちかねのランチタイム。餅入りラーメンで冷えた体を温めます。

e0013365_7413210.jpg
                                       高塚山での記念撮影
e0013365_7414323.jpg
                              天狗岩からの下山。滑りやすいので慎重に下ります
e0013365_7415479.jpg


風穴に向けて下山している途中のこと、後ろから男性に声を掛けられました。振り返るとなんと四季山遊会黒ぴょんさんです。風穴に下りてからもしばらくテント泊の話など山談義に花を咲かせました。黒ぴょんさんとくじゅうで偶然お会いしたのは今回で3回目。「きっとまたここでお会いできますね」と再会を約束し僕らは先にソババッケ方面へと進みました。

男池に帰着すると迷わず「ギャラリー茶屋おいちゃん家」に立ち寄ります。鹿児島の326ですと挨拶すると笑顔で出迎えて頂きました。美味しいつくねをゲットして駐車場で半分頂き、温泉へと移動します。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-10-28 07:43 | 山行報告(くじゅう) | Comments(17)
2009年 10月 26日
2009年 雨のくじゅう紅葉散策~速報~
e0013365_2253204.jpg


10月25日、26日と会社の仲間たちとくじゅうを歩いてきました。
残念ながら雨とガスの2日間となってしまい、写真は僅かしかありません。
今日はとりあえず2枚のみ速報としてUPします。

e0013365_22584489.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-10-26 22:59 | 山行報告(くじゅう) | Comments(14)
2009年 10月 24日
またまた行ってきます♪
先週のくじゅう大船山・三俣山山行に続き、今週末もくじゅうに行ってきます。
今回は会社の登山クラブ「Mont-Low-Walk」の仲間達と3人での山行です。
25日日曜日に男池~高塚山~天狗岩のピストン、26日月曜日に天候次第ですが、再び三俣山を目指そうかと考えていますが、
残念ながら天気はおもいっきり下り坂・・・
状況次第では星生山・肥前ヶ城辺りを散策するかも・・・?
美しい紅葉を見れるかは微妙ですが、とりあえず、今夜から出発です。

では皆さん、くじゅうでお会いしましょう♪

e0013365_655381.jpg
                           昨年2008年11月4日に撮影した写真です。(今年の写真ではありません)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-10-24 06:57 | 山の話 | Comments(4)
2009年 10月 23日
2009年秋のくじゅう初テント泊 ~⑧帰路~
e0013365_19563676.jpg


北千里ヶ浜から法華院山荘経由で坊ガツルへと戻ってきました。戻ったところで、前方を歩く相方が「あぁ~!」と叫びました。それに呼応するかのように前方に立つ男性も「あぁ~!」。続いて僕も「あぁ~!」と叫びます。そうなんです。彼はちょうど2年前に紅葉の大船山を歩いた際に、段原で「ぼちぼちいこかの人ですよね」と声を掛けてくれた福岡のNさんでした。今回はご家族で大船山に登ってこられたようです。予期しない偶然の再会ってほんとにうれしいものですね。Nさんとはきっとまたすぐにくじゅうで再会できそうな気がします。
※2年前お会いした時の記事

遅い昼食を済ませ、テントを撤収します。朝はかなり結露で湿った状態でしたが、丸1日ほぼ好天だったのでテントも、中のシュラフもすっかり乾いています。撤収作業を終えたのはすでに夕闇が迫りつつある16:50。隣でテントを設営し始めていたカップルに頼んで記念撮影。ヘッドライトを装着して坊ガツルを後にします。

歩き始めは再び腰ベルトの位置がうまく合わずに足の付け根に痛みを感じていましたが、歩きながら細かく調整しているうちにベルトの位置が上がり、痛みを感じずに歩けるようになりました。ヘッドライトの力を借りながら慎重に下り登山口に帰着。すぐにいつもの温泉へと移動し汗を流しました。結局くじゅうを出発したのは20時過ぎ。眠気と戦いながら何とか自宅に帰りついたのは23時半。片付けもろくにしないまますぐに布団に潜り込んだのは言うまでもありません。

今回もたくさんの山仲間や美しい風景に出会い、また初テント泊という経験もでき、とても満足しています。テント泊するにあたり色々とアドバイスしてくれたまめっちやフェアビューさんには改めて感謝感謝です。ありがとうございましたm(_ _)m

e0013365_19555565.jpg
                                       三俣山を振り返ります
e0013365_1956565.jpg

e0013365_19565167.jpg
                                 絶好の夕駆け日和。1日ずれてたらなぁ~
e0013365_1956595.jpg
                                     あっ、ほんとだ。中央にNさん発見!
e0013365_1957892.jpg

e0013365_1957156.jpg
                           秋のくじゅう。また来年も来るぞ~! あっ、明後日も行くんだった^^;
e0013365_19572885.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-10-23 20:02 | 山行報告(くじゅう) | Comments(10)
2009年 10月 23日
2009年秋のくじゅう初テント泊 ~⑦三俣山2~
e0013365_13352717.jpg


大鍋の底ではすでにたくさんの登山者がランチしたり、写真を撮ったりと賑わっています。陽光が差し込むたびに「来た――!」と叫びシャッターを押しまくりながらのんびり歩き本峰への急な登りに取り付きました。木の枝を掴みながら急な登りをクリアし本峰にたどり着くと、そこには何と満面の笑顔のマスターが!相方の赤い帽子に気がつきしばらく上で待っていてくれたようです。春の復活祭以来の再会。本峰山頂の北峰の展望がきく場所で長い間山の話で盛り上がりました。見せてもらった三脚の自由雲台もいいですね。早速欲しいものリストに追加です(笑)

e0013365_13365522.jpg
                             大鍋の底から見上げる紅葉です。太陽の光が射すと輝きます
e0013365_1337152.jpg

e0013365_13381958.jpg

e0013365_13383184.jpg

e0013365_13402089.jpg

e0013365_13402924.jpg

e0013365_13413939.jpg

e0013365_1344383.jpg

e0013365_13454487.jpg

e0013365_13455564.jpg
                                     本峰の山頂から見た北峰の紅葉
e0013365_1346514.jpg


そろそろお腹がすいてきました。本峰から第Ⅳ峰に移動し、南峰とのコルから北千里ヶ浜を目指し坊ガツルに戻ることにします。途中までマスターにご一緒してもらい楽しく歩きます。マスターと分かれる分岐ではいつまでもマスターの後姿をカメラで追い続ける面々。恥ずかしそうに隠れながら登るマスターを見送り、僕らはそこから北千里ヶ浜へと下ります。この道は3年程前相方と2人で歩いた道です。最後のガレ場を慎重に下りきると白い砂浜が広がる北千里ヶ浜です。坊ガツルまでもう一息。

e0013365_13472662.jpg
                                   隊長となった相方が皆を従えて行進中♪
e0013365_13484368.jpg
                                           南峰の紅葉
e0013365_13491019.jpg
                                 午後から雲が取れた大船山。最高だろうなぁ~
e0013365_14322412.jpg

e0013365_14332015.jpg
                                        北千里ヶ浜へと下ります
e0013365_14334159.jpg

e0013365_1434043.jpg
                                    北千里ヶ浜から望む硫黄山と星生山
e0013365_14345698.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-10-23 08:02 | 山行報告(くじゅう) | Comments(4)
2009年 10月 23日
2009年秋のくじゅう初テント泊 ~⑥三俣山1~
e0013365_12581867.jpg


三俣山は何度も歩いていますが、坊ガツルから直登するコースは初めてです。かなり厳しいコースとのことですが、やはり初めての道はワクワクします☆ 取り付き口を教えてもらい、しばらく進むとすぐに急な登りです。軽いサブザックを背負っているためか、あまり息が上がることもなく順調に高度を稼いでいきます。振り返ると山頂に軽くガスをまとった大船山が見えます。さらに進む前を歩くまめっちが前方を歩くパーティーに追いついたようで、女性の話し声が聞こえています(実はこの方がブログで交流したことのあるrainy25さんだったようです。お会いしたかったなぁ~)。

e0013365_7473798.jpg
                                    ルンルン♪ 跳ねるように歩く相方☆
e0013365_12595286.jpg
                                     いよいよ三俣山に取り付きます
e0013365_130979.jpg

e0013365_1302316.jpg
                                  振り返ると坊ガツル、立中山、その奥に大船山

中腹を越えるとさらに傾斜が増してきますが、赤く色付いたドウダンツツジも現れ始めるので、きつさを感じることなく心地良く登っていきます。山頂が近くなると周囲に黒く焦げた枝が現れ始めました。昨年南峰の山火事で焼けた痕です。予想していたよりは周囲に緑が戻ってきていますが、焼けた木々の回復は難しそうな感じですね。

e0013365_132829.jpg

e0013365_1322296.jpg
                                山頂が近くなると紅葉したドウダンツツジが増えてきます
e0013365_1323947.jpg

e0013365_1325338.jpg
                                      HANAちゃんも頑張ってます
e0013365_134029.jpg
                                          黒く焼け焦げた木々

程なく南峰に到着。すぐに右回り(反時計周り)で周回コースへと進みます。すぐに視界に小鍋の紅葉が飛び込んできました。軽くガスっているので鮮やかさはありませんが、かなり色付き進んでいるというか、かなりピークに近い状態だというのがわかります。しばらく進んだ岩峰で陽光が差し込むのを待ちながら写真を撮り、そこから大鍋の底へと下ります。

e0013365_13243855.jpg
                                         周回コースに進むと・・・
e0013365_13245390.jpg
                                      真っ赤な紅葉が待っていました
e0013365_13265078.jpg

e0013365_1327461.jpg

e0013365_13271931.jpg

e0013365_13273320.jpg
                                           小鍋の紅葉
e0013365_13333232.jpg
                                       さぁ、大鍋の底へと下ります

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-10-23 07:54 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)
2009年 10月 22日
2009年秋のくじゅう初テント泊 ~⑤坊ガツルの夜~
e0013365_1041163.jpg


夕焼けに染まる大船山の紅葉を見たくて夕駆けしてきたのですが、残念ながらこの状況ではこれ以上の陽光は望めません。仕方なく下山することにします(17:25)。途中から暗くなってきたのでヘッドライトに頼りながら慎重に下り、1時間強で坊ガツルに帰着しました(18:35)。またここでは今年の春にお会いしたボッチさんにも遭遇。ご一緒していた山項目さんにもご挨拶しました。その後テントに戻り、歩いて法華院温泉へと向います。休憩室やトイレを借りることは多いのですが、温泉を利用するのは初めてです。温泉利用料は500円。山の中の温泉なので石鹸・シャンプー類は一切使うことができず、汗を流し体を温めるだけの温泉ですが、テント泊で温泉に入れるというのはやはり有難いです。

温泉を出る時にまめっちやフェアビューさんがビールを買っています。ダメモトで相方に「僕もビール飲みた~い!」と言うとすぐにまめっちとフェアビューさんが「今日ぐらい許してやってよ」とめっちゃくちゃ有難い助け舟♪ お陰で温泉後の美味しいビールにありつけることになりました☆

再びテントに戻り、今度は夕食の準備です。20時半頃からの準備になり、ご飯にありつけたのはなんと21時頃になってしまいました。僕達の夕食はカレーライス。冷えたビールとともに美味しく頂きました☆

気がつけばすでに22時半を過ぎています。静かな坊ガツルでこんなに遅くまで飲んでいるのですから、すでにもうかなり周りには迷惑をかけてしまっています。「皆さんごめんなさいm(_ _)m」と心の中で叫びながらテントに戻り、23:00頃就寝。長い時間外にいたので体は冷え切っていましたが、出発直前に買ってきたユニクロのヒートテックのタイツやフリースを2枚着込んだお陰で(僕は寒がりなんです^^;)心地良く眠ることができました。

e0013365_10424847.jpg

e0013365_10432939.jpg
                               夕食はレトルトカレーです☆
e0013365_10433971.jpg


隣で寝ている相方叩き起こされ優しくゆすり起こされたのは明け方の4時頃。トイレに行きたいからつきあってほしいとのこと。シュラフから這い出した際に、シュラフが濡れているのに気付きました。マットも一部濡れています。テントの内側に当たると濡れてしまうだろうと思い広いエアライズ3の中央に2人の寝床を配置したんですが、それでも夜露は襲ってきたようです。やはりシュラフカバーが必要なのかなと実感しました。外に出ると何と満天の星空です。こりゃあ、朝駆けも最高だろうなぁと思いながら再びシュラフに潜り込み、ZZZzzz。。。

6時に再びごそごそ這い出します。すると先程まで広がっていた満天の星空が一面の曇り空に変わっています。やがて中岳や白口岳方面の山壁がオレンジ色に輝き始めました。大船山山頂はガスがかかったり、山頂が見え隠れ。きっと山頂はブロッケン撮り放題状態だろうなぁ~♪と思いながら、のんびりと朝食の準備です。

まめっちはエアライズのテントにDXフライを装着しているので、前室が広く、そこがHANAちゃんの寝床になっていると同時に、朝食などもそこで準備をすることができるので雨風や寒さ対策としては万全です。実は今回出発直前に、僕もエアライズ用のDXフライやモンベルのミニタープHX、スノーピークのペンタなどを追加購入して持っていこうと調べまくったんですが、結局今回は様子を見ることに。確かにDXフライは完全にカバーされる広い前室があるので風の強い日や雨の日、寒い日には威力を発揮しそうです。またタープは春~夏の時期のキャンプでは気持ちよく過ごせそう。いずれどちらかを揃えたいと思いますが、もうしばらくじっくり検討です。

話を戻します。朝食を終え炊事棟で洗い物をしていると、そこにいーさんが登場!久しぶりの再会です。さらに一緒にいらっしゃった女性はかずさんでした。とても楽しいブログを書かれる方で、山歩きができる喜びや楽しさがストレートに伝わってくるブログです。その後お2人は大船山へと向っていかれました。さて、僕らもテントはそのままにして、ちょっくら三俣山を直登してきましょうか!

e0013365_10443262.jpg

e0013365_10444267.jpg
                               ガスで見え隠れする大船山山頂

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-10-22 07:18 | 山行報告(くじゅう) | Comments(12)
2009年 10月 21日
2009年秋のくじゅう初テント泊 ~④御池の紅葉~
e0013365_102351.jpg


御池の紅葉は完全なピークとは言えないけど、かなりピークに近いような感じに見えます。太陽が隠れているのであざやかさには欠けていますが、それなりに美しい紅葉を楽しむことができました。雨が少なかったせいなのか、以前よりも水の量が少ないようです。風が強く湖面に映る紅葉は諦めていたのですが、帰る直前に少しだけ「鏡」を見せてくれました。

e0013365_1024773.jpg

e0013365_10241790.jpg

e0013365_10242783.jpg

e0013365_10251867.jpg

e0013365_10252892.jpg

e0013365_10255377.jpg

e0013365_10282737.jpg

e0013365_10284116.jpg

e0013365_10285444.jpg

e0013365_10293586.jpg
                           まるで犬のように見えます。「ワンコ岩」と名付けましょう♪
e0013365_10295578.jpg
                            「ワンコ岩」の上にいるのは・・・
e0013365_10305023.jpg
                       ドカベンの岩城にそっくり!「いわき岩」と名付けましょう(笑) 子供も笑顔で寄り添ってます☆
にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-10-21 08:25 | 山行報告(くじゅう) | Comments(4)
2009年 10月 21日
2009年秋のくじゅう初テント泊 ~③大船山の紅葉
e0013365_825067.jpg


かなりのんびりと過ごした後、いよいよ大船山に向けて出発です(14:40)。5合目辺りまではモミジの紅葉が目に付きますが、段原が近付いてくる辺りから徐々にドウダンツツジの紅葉が目立つようになってきました。やがて山頂が見えてくると程なく段原に到着です。ガスってはいませんが、霞んでいるような雲の多いすっきりしない状況です。さぁオレンジに染まっている山頂へと急ぎます。山頂直下のドウダンツツジの紅葉はまだ少し早いかなと思っていたんですが、実際に来て見るとかなりピークに近いような状況です。山頂到着(16:20)までは太陽が出ていませんでしたが、山頂で撮影をしていると短い時間でしたが陽光が差し込み山肌をあざやかなオレンジ色に輝かせてくれました。他の登山者はおらず、紅葉ピーク時期の大船山山頂を僕ら4人+1匹が独占しています。しばし山頂の岩場から撮影した後、御池へと移動します。

e0013365_833624.jpg

e0013365_834635.jpg
                                    5合目からの展望
e0013365_844853.jpg
                              段原直下からは赤く染まった山頂の山肌が見えます
e0013365_85038.jpg

e0013365_87854.jpg

e0013365_871956.jpg

e0013365_872910.jpg

e0013365_8101339.jpg

e0013365_8102550.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-10-21 07:13 | 山行報告(くじゅう) | Comments(2)
2009年 10月 21日
2009年秋のくじゅう初テント泊 ~②テント設営~
e0013365_729462.jpg


左前方に大船山を望みながらススキが揺れる大船林道を進むと程なく坊ガツルに到着(11:40)。早速テント設営開始です。オートキャンプ等で慣れているのでパパパッと手際よく今夜のお宿を設営。すぐにランチの準備です。僕らは昼間から豪勢に具材たっぷりの鍋焼きうどん風お鍋だぞ~と思っていると、目の前でまめっちは何やら粉の入った袋を取り出しコッヘルに水と一緒に投入。ダンゴをこね始めました!坊ガツルでダンゴ作りから始めるとは!恐れ入りました。

ランチを終えまったりしていると、そこに大船山に登ってきたhigetiasさんご夫妻が「まだここにいたのか~」と叫びながら再び登場。しばし楽しいひとときを過ごしました☆(mamatiasさん、携帯見つかってよかったですね♪)。また春に一緒に歩いたAD君とよく行動を共にされている黄昏のカメラダマンさんも近くにテントを張っておられました。直前まで雨の天気予報だったせいでしょうか、予想していたよりもかなりテントの数は少なめのようです。

e0013365_7352398.jpg
                               大船林道を坊ガツルへと向います
e0013365_7353327.jpg

e0013365_7354586.jpg

e0013365_737835.jpg
                                  坊ガツルに到着です☆
e0013365_7372251.jpg
                                テントを設営し早速ランチの準備
e0013365_7373658.jpg
                            キャップテンスタッグのミニロールテーブルも大活躍!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-10-21 07:00 | 山行報告(くじゅう) | Comments(0)