<   2008年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2008年 11月 28日
新しいテレビがやってきました♪
先週18日の夜、テレビを見てた時のこと。。。
突然画面の左右が収縮されて半分くらいの画面になってしまったのです。
何じゃこりゃ、と何度か電源ON/OFFをすると元に戻りその後はちゃんと見ることができたのですが、
翌朝スイッチを入れると

・・・シーンという音・・・

そして待機電源の赤ランプが点滅・・・

10年近く見ていた32型の平面ブラウン管テレビがとうとう天国に召されたようです。

夜、相方に相談すると、
「私が昔使っていたパソコン(今はほとんど使っていません)でテレビ見れるからそれでいいよ」
「へっ? そんな小さな画面で、しかも画質相当悪いし・・・」

2011年のデジタル放送完全移行直前まで、最悪パソコンテレビという悲しい環境で我慢するのかなぁと
沈んでいたところ、その翌日の20日になって突然相方
「テレビ買おうか!明日○○ダ電機に見に行こう」と言い出したのです♪

何が彼女を変えたのか?
考えられる理由は二つ。
一つは、彼女の大好きな浅田真央ちゃんが活躍するスケートのシーズンが始まったこと。
綺麗な画像で彼女の演技を見たいと思ったようなんです。
そしてもう一つは、この日の昼間、相方は仕事の僕を残し1人で韓国岳に出掛け素晴らしい樹氷を見て
感動して帰ってきており、ウキウキドキドキのハイテンションだったので、気が大きくなっていたのでしょう。

こうして21日に近所の○○ダ電機に視察に出掛けました。
視察のつもりだったのですが、結局その場で購入決定。25日に新しい液晶テレビが我が家にやってきました♪
いやぁ~綺麗です☆ 感動しております☆ 真央ちゃんに感謝~♪ タイミングよくやってきた寒波に感謝~♪

しばらくは二人揃ってテレビっこになりそうな我が家です(笑)

e0013365_8542393.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-28 08:57 | 出来事 | Comments(7)
2008年 11月 25日
僕が好きなジャズの1曲
昨日、相方と1週間遅れの誕生日も穏やかに過ぎ、また一つ歳を重ねました。
おじさん街道まっしぐらではありますが、いつまでも気持ちは若くあり続けたいなと思います。
アウトドアライフとはちょっとかけ離れますが、目指しているのはオープンカーが似合うお爺さんです(笑)

さて、音楽なら何でも聴く僕ですが、一番好きなジャンルはJAZZ♪
メインストリームからフリージャズまで何でも聴きまくります。
家にはジャズのLPレコードを400枚程持っているのですが、以前聴いていたスピーカーが調子悪かったので
結婚を機に処分して以来未だに新しいスピーカーを入手できず、レコードを聴ける環境が出来てないんです。
中古でもいいから小さなスピーカーを手に入れたい!でも今のところはスピーカーよりカメラが先!って
感じなので、まだまだ先になりそうです。もうしばらくはCDで我慢です。

ジャズにはいい曲、素晴らしい演奏がたくさんあるので、その中から1枚、1曲を選ぶのは至難の技です。
でも僕には「これしかない!」という1曲があります。
フリージャズのテナーサックス奏者アルバート・アイラーの「My Name is Albert Ayler」というアルバムに
収録されている「Summertime」です。夕べYou Tubeで検索してみたらUPされているのに気付きました。
スタンダード曲とはいえ、フリージャズで有名な奏者が演奏していますので、ジャズを深く聞き込んでいない方や
綺麗なジャズがお好きな方にはちょっと違和感があるかもしれません。
でもボリュームを大きくして、暗い部屋で静かに目を閉じて音に集中して聞いてみてください。
魂の叫びのような嘆きのサックスにきっと引き込まれてしまうことでしょう。

では、こちらでお聴きください。

e0013365_7313767.jpg


※以前UPしたAlbert Ayler関連の記事です
※ジャズではありませんがジャニス・ジョプリンのサマータイムも最高です!まじ!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-25 07:33 | JAZZ | Comments(0)
2008年 11月 20日
2008年冬 韓国岳初雪&樹氷
まるで僕が見てきたかのようなタイトルですが、実は今日僕が仕事中に休みの相方から
「天気がいいから韓国岳に行ってきた☆」とメールが・・・

今日は天気もよく、霧島市街地から見ても山頂を白く化粧した韓国岳が望める状態。
きっと最高の登山になったんだろうなぁと指をくわえ、よだれを垂らしながら会議に出席・・・

帰宅後相方の写真を見ると・・・

すごい!きれい!うらやましー

明日は休みだけど、今夜は雨が降りそうだし・・・
今回は無理かなぁ~
とりあえず相方の写真をちょっと拝借・・・

続きは相方のブログをご覧下さい。

e0013365_23315441.jpg

e0013365_23323087.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-20 23:33 | 山行記録 | Comments(9)
2008年 11月 14日
ヤモリがいたよ♪
先日台所奥のサッシの手前に何か動くもの発見。。。
よく見ると何とヤモリです!
我が家でヤモリを見るのは初めて。
興味津々でよく見ると足の指の形とか大きな目がなんだかとても可愛いのです♪
思わずしばらくの間まじまじと観察してしまいました。

ヤモリ(家守)は害虫を食べてくれるので家を守ると言われ、ヤモリのいる家には不幸はこないと
昔から言われています。
どうか頑張ってこの家で生き延びるんだよ~と願いつつコンデジで写真をパチリ☆

我が家におけるヤモリ君の最強の敵はなんと言っても相方。。。
見つかると新聞紙で叩かれてしまいそうだから、お願いだから相方には見つからないでね、ヤモリ君☆

e0013365_7261827.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-14 07:28 | 出来事 | Comments(4)
2008年 11月 13日
火山ガスで死にかけた!?
もう7~8年前でしょうか。阿蘇の仙酔峡から馬鹿尾根を登り高岳・中岳を一人で歩いた時のことです。
中岳山頂辺りで急にけたたましいサイレンの音が耳に飛び込んできました。
火山ガスが発生しているとの緊急放送のようです。
放送を流しているのはこれから向かおうとしている火口展望台の方向です。

「えっ危険って言われても今そっちに向かってるんですけど・・・」

1人での登山。当然周りには誰もいません。もちろん相談する相手なんかいません。
引き返すより前に進んだほうが早く帰れるし、どうしようかと思いつつも足は火口展望台へと向かいます。
展望台までは特に問題なく歩いてきました。「別に危険なこと何もないやん」と思っていた時です。
何だか急に息苦しくなってきたのです(臭気があったかどうかは記憶がありません)。

「い、息ができない。。。」
「ヒィ~ゼェ~」

喘息の持病を持っている訳ではないのですが、まるで喘息の発作が出たように息苦しくゼェ~ゼェ~と
か細い息しかできないのです。
タオルで口を塞ぎ必死で歩き、ロープウェイの駅も近くなり、少し回復してきた頃にようやく監視員らしき若者が
50ccの原付バイクで遊歩道を登ってきて「大丈夫ですか?」と聞いてきました。

「大丈夫じゃないわい!死ぬかと思ったわ!もうちょっと早く助けに来んかい!」

と言おうかとも思ったんですが、警告を無視した自分が悪いし、そんな元気も度胸もないし、もう駅は目の前だし。
ゼェ~ゼェ~言いながらも「大丈夫です」と答えやっと駅に逃げ込んだという苦い思い出があるのです。

後から知ったことなのですが、この阿蘇山では私が喘息症状に襲われた数年前の1997年に観光客2名が
SO2ガス(二酸化硫黄、亜硫酸ガス)による喘息などの発作で死亡しているんです。
僕もまるで喘息の発作を引き起こしているような状態だったし、相当危なかったなと後から考えるとぞっとします。

火山ガスは危険です。時に命の危険にさらされます。
立ち入り禁止地区や登山規制地域には決して立ち入らないようにしましょう。

e0013365_6533526.jpg
                              阿蘇の中岳火口は今でも噴煙を上げています
e0013365_6525080.jpg
                                   前を歩く2人は私の両親です

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-13 06:56 | 山の話 | Comments(8)
2008年 11月 12日
雨の霧島を歩いてきました ~②新燃岳・復路~
食事後すぐに新燃岳へと向かいます。火口淵に到着しましたが、予想通りガスで何も見えません。ただシューという噴気の音は大きく聞こえてきます。風が強いのでガス臭いかもしれませんが一応山頂までは行ってみることにします。登山道は灰色の火山灰で覆われています。しばらく歩いているとガスが一瞬切れて火口が姿を現しました。エメラルドグリーンの火口湖は小さくなっているような感じです。コンデジで撮影したあと、ザックから一眼デジタルカメラを取り出そうとしているうちに再びガスの中。。。結局このあと姿を見せてはくれませんでした。山頂が近づくにつれて硫黄臭が強くなってきます。初めて阿蘇高岳~中岳に1人で行った時の悪夢を思い出します。これについては明日UPしましょう。

山頂で記念撮影を済ませすぐに戻ります。ガス臭いこの場所に長居は無用です。
このまま逃げるようにかなり早いペースで新燃岳を後にし、そのままの早いペースを保ったまま登山口まで戻ってきました。S氏は初めての登山でしたが、テニスなどの運動を普段からしているせいか、早いペースだと感じることもなく無理なく歩けたようです。恐るべし!

こうしてまた1人の若者が326の毒牙にかかり、山地獄へと足を踏み入れてしまったようです。
さぁ次の獲物は誰だ~と目を輝かす326なのでした(笑)

e0013365_7451687.jpg
                             一瞬だけ火口湖が姿を見せてくれました
e0013365_7442130.jpg
                             火口淵の登山道は灰に覆われています
e0013365_745253.jpg
                                ガスに霞むミツバツツジのトンネル
e0013365_7455655.jpg

e0013365_7461084.jpg

e0013365_7462760.jpg

e0013365_7464246.jpg

e0013365_7465319.jpg

e0013365_747656.jpg

e0013365_7471888.jpg

e0013365_7473439.jpg

e0013365_7474635.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-12 07:57 | 山行記録 | Comments(4)
2008年 11月 11日
雨の霧島を歩いてきました ~①獅子戸岳まで~
仕事でお付き合いのある某生活情報紙の営業マンS氏は週に2回程度広告掲載の打合せに来館します。この数回、打合せが終わり一息ついたときに出る話題は。。。山。。。
小中学校の頃の遠足で登って以来登山をしたことがない彼ですが、僕のブログを教えたところ、僕以上に僕の山記録に詳しくなっているのです(笑)。さらに大崩山の話をしたところ、ワク塚~坊主尾根コースがすっかり頭に入っているほどネットで調べまくる熱の入れようです! それなら一緒に登りましょうかということになり、登りたい山を尋ねると高千穂峰を霧島東神社から登りたいとのこと。。。
このコースは山ヒルが出るのでもう少し寒くなってからがいいと思い、今回連れて行ったのは新湯温泉から新湯林道を通り獅子戸岳や新燃岳に行くコース。登りの少ない楽なコースだし、今ならそこそこ紅葉も楽しめるから、初めての登山にしてはいいかなと思ったのです。

山の道具は何も持っていないということで、ザック、ザックカバー、レインウェア上下、スパッツ、ストックを用意。流石に登山靴は用意できないので、靴は自前のスポーツシューズ。これで準備完了。雨の予報でしたが11月9日に出掛けてきました。登山口で彼のスポーツシューズに防水スプレーを吹きかけさらにスパッツを装着して準備完了。そぼふる雨の新湯温泉を出発です。

いきなり大股でハイペースで歩き始める彼に、スタートしてしばらくはゆっくり歩くようアドバイス。さらに山歩きと町歩きの違いや疲れない歩き方、山の道具について説明しながら林道を進みます。徐々に紅葉した木々が増えてきます。落ち葉が敷き詰められた霧で霞む林道の紅葉風景もなかなかいい感じです。さらに進むと最初の渡渉点が現れます。ここの紅葉は見事でした。程なく第2渡渉点に到着。普段は丸太の橋がかかっている場所です。ところが、橋が。。。かかっていないのです。雨で増水しているというのに。。。 でも向こう岸まで石が点在してあり、ストックで体を支えながら何とか渡れそうです。この辺りは紅葉が綺麗な場所ですが、もうピークは過ぎてしまっているようです。ここからしばらくは登りが続きます。風も通らずかなり蒸し暑く、レインウェアを着たままでは汗がジワーと噴出。ミツバツツジのトンネルの辺りまで来ると次第に冷たい風が通り始め、生き返る気持ちになります。山頂は風が強そうだし、新燃岳はガス臭いかもしれないので、今日のランチの場所を獅子戸岳に決め、分岐を左に折れガレた登山道に取り付きます。ここは僕が好きな登山道。前半は気持ちよく快調に登っていたのですが、やがて前方を歩いていた10名ほどのパーティーに追いつき急にペースダウン。道を譲ってくれる様子もないので、仕方なく後ろについてノンビリ登ることに。。。

獅子戸岳山頂に到着して、すぐにいつもランチを取る場所に向かったのですが、そこはかなりの強風が吹いています。そこで山頂標識がある場所へと移動。ここは展望はありませんが、木々に囲まれているため風が当たらず快適です。どうせこのガスじゃ展望ないし。。。^^
相方が用意してくれたサバの塩焼き弁当は今日も美味☆でした♪

e0013365_01842100.jpg
                               秋色に染まる新湯林道を歩きます
e0013365_019137.jpg

e0013365_0191899.jpg

e0013365_0194152.jpg

e0013365_020378.jpg
                             1回目の渡渉点付近。いい感じで紅葉しています
e0013365_0202128.jpg

e0013365_0204783.jpg

e0013365_021648.jpg
                                    新燃岳裾野のもみじ
e0013365_021285.jpg

e0013365_0215057.jpg
                            ミツバツツジのトンネル付近のウリハダカエデ
e0013365_022636.jpg
                                   獅子戸岳に向かいます

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-11 00:24 | 山行記録 | Comments(6)
2008年 11月 09日
2008年紅葉のくじゅう黒岳山行 ~⑥みんな変!~
何だか今回はハイテンションなスナップ写真が多いんです。
みんなすごいテンション高いよなぁと思っていたんですが、
相方のブログを読むと「僕が超ハイテンション」って書いてるし。。。
俺かぁ~?と思って改めて写真を見直してみると。。。
う~ん、確かに今回の僕はテンション高めかも^^

きっと紅葉が待っててくれたから、嬉しかったんだね~

e0013365_21305190.jpg
                               「助けてぇ~」「よし、これにつかまれ!」
e0013365_21312286.jpg
                               カメラを向けるとすぐに「助けてぇ~」
e0013365_213141100.jpg
                               天狗岩に到着~♪のガッツポーズ
e0013365_2132476.jpg

e0013365_21322438.jpg
                                ほんとにみんなハイテンション!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-09 21:46 | 山行記録 | Comments(10)
2008年 11月 09日
2008年紅葉のくじゅう黒岳山行 ~⑤復路編~
さぁ、今日中に鹿児島まで帰らなければならないのであまりゆっくりはしていられません。素晴らしい展望に後ろ髪を引かれる思いで天狗岩を後にします。大きな岩が積み重なった天狗岩から慎重に下山します。天狗分かれまで来たところで心配していた事態が発覚しました。いつも下山時に膝に痛みを訴えるY君の膝が天狗の下りで突然悲鳴を上げ始めたとのこと!彼の膝にはすでに強めのサポーターが装着されているのですが、僕が予備として持参していた同じく強めのサポーターを二重で装着。これで痛みが緩和されるといいのですが。。。そういえば、僕の膝は。。。両膝にサポーターを装着していることもあり今日は全く問題なし!快調に歩けます。

天狗分かれから風穴までの急な下山道は、それはそれは素晴らしい眺めでした。登りの時よりも陽射しが逆光となり紅葉が明るく輝いて見えるのです。また下から上を振り返ると雲ひとつ無い青空に赤い紅葉が強めのコントラストで浮き上がって見えます。「すげぇ~」と叫びシャッターを押し続けます。Y君の膝の痛みも緩和された様子。一安心です。

e0013365_7475819.jpg
                                天狗分かれから風穴までの紅葉です♪
e0013365_7481029.jpg

e0013365_7482138.jpg

e0013365_7483147.jpg

e0013365_7484395.jpg

e0013365_7502150.jpg

e0013365_7503347.jpg

e0013365_7504594.jpg

e0013365_7505922.jpg

e0013365_751147.jpg

e0013365_7512487.jpg


風穴からソババッケの道も陽射しの関係で往路以上に美しい姿を見せています。「かくし水」で水を頂きしばし休憩。美しい林を抜けると男池の登山口に帰着です。真っ先に向かったのはフェアビューさんのブログでも紹介され、またまめ。さんから直接メールでお奨めだと紹介されていた「ギャラリー茶屋 おいちゃん家」。男池登山口の目の前にあるお店です。早速「鹿児島から来ました~」とご挨拶。まめ。さんから僕らが来るかもと伝わっていたようで、話が弾みます。お奨めの「助さん」という塩コショウと鴨の炭火焼をゲット☆ 美味です。ほんとにお酒が欲しくなる~♪

e0013365_752428.jpg
                                         ソババッケに到着
e0013365_7521531.jpg

e0013365_7522765.jpg
                                      ソババッケを振り返ります
e0013365_7523810.jpg

e0013365_7524979.jpg

e0013365_753215.jpg

e0013365_7531541.jpg
                                    ギャラリー茶屋 おいちゃん家

温泉は僕らがいつも利用している九重ハイランドホテル。。。ところがなんと休業中の看板が!
ここの温泉を気に入っている相方はガックリ。。。結局、一番大きな「九重星生ホテル展望露天風呂 山恵の湯」に。1人800円とちょっと高めだけど、初めて九重に来たメンバーにはいいかも。。。

今回のくじゅう山行に参加したメンバーはまたくじゅうに来たい!と言ってくれています。登山クラブ「Mont-Low-Walk」でのくじゅう山行も毎年の定番になりそうな気配です☆

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-09 07:54 | 山行記録 | Comments(2)
2008年 11月 08日
2008年紅葉のくじゅう黒岳山行 ~④天狗岩編~
天狗分かれを過ぎそのまま直進するとすぐに眼前に大きな岩を積み重ねたような天狗岩が迫ってきます。そしてすぐにその天狗の岩に取り付きました。大きな岩を乗り越えながら高度を上げます。振り返ると今登ってきたばかりの高塚山の岩肌に赤い紅葉が点在しているのが見えます。岩に張り付きながら狭い道を慎重にすり抜けると天狗岩に到着です。すでにピークは過ぎてしまっているとはいえ、紅葉の名残を十分に楽しめる状況です。大船山と高塚山の間には平治岳、大船山の左奥にはうっすらと阿蘇の高岳とニャンコ岳、祖母山系の山々が見えています。

さぁお待ちかねのお弁当タ~イムですがなかなか場所が見つかりません。良さそうな場所は先客がいるし、他の良さそうな場所は通路だし。。。ここでもない、あっちにしようかとザックを動かしながら迷っていた時です。岩の上に置いていたデジタル一眼レフがズル~と岩の上を滑り落ちていく光景が目に飛び込んできました!そしてゴロゴロ転がり無常にも一つ下の岩へ転落~~。。。。。。。。

「あ“~~」という声は上げたもののザックを抱えたまま体は硬直状態!
慌てて駆け寄りレンズをチェック。。。。OK~~ほっ!
スイッチON、動作チェック。。。。OK~~ほっ!
良かった~、幸いにも無事でした。

ほっとしたのもつかの間、今度は相方が「あ“~~」
ストックを1本岩の隙間に落としてしまったようです。
Y君が隙間にもぐりこみなんとか無事。。。
傾斜のある狭い岩の上では気をつけないといけませんね!

ドタバタはあったものの何とか狭い場所を確保しやっとお待ちかねのお弁当にありつけました。

e0013365_70444.jpg
                                    大きな岩を次々に乗り越え。。。
e0013365_705555.jpg

e0013365_71714.jpg
                                    天狗岩の山頂はもうすぐです
e0013365_711998.jpg
                                     天狗岩に到着です☆
e0013365_713115.jpg
                                      天狗岩からの展望
e0013365_714227.jpg

e0013365_715347.jpg
e0013365_72499.jpg
                                     お待ちかねのランチタイム♪
e0013365_732339.jpg
                                  今日のお弁当~ 美味☆美味☆
e0013365_733423.jpg


相方のブログもご覧下さい!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-08 07:10 | 山行記録 | Comments(6)