<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2008年 01月 31日
雨の霧島
昨日1月29日は会社の登山クラブ「Mont-Low-Walk」での定例登山。
生憎の雨模様の天気の中、霧島を歩いてきました。
コースはえびの高原~白鳥山~池めぐりコース~甑岳~えびの高原。ここでランチを取り、余裕があれば韓国岳を目指そうというもの。

ガスに包まれた美しい赤松林を抜け、白鳥山へと登っていきます。天気が良ければ目の前に広がる百紫池や韓国岳の姿も完全にガスの中。山頂からの展望はあきらめ先を急ぎます。しばらく平坦な道を進むとやがて道は岩の多い下山道に変わります。しばらく降りると道は緩やかな池めぐりコースに合流。そこからしばらくゆっくり下っていくと大きな杉が目立ち始めやがて神社と展望台が現れます。展望台のテラスに立っても前方はガスで真っ白。何も見えません。「折角だから下まで行こう」と誘いみんなを六観音御池の湖畔に誘導。すると「え~池だ~!」と驚く面々。真下に湖が広がっていることさえ分からなかったらしい。

e0013365_8303991.jpg
                               幻想的な赤松林、好きな道です
e0013365_8305222.jpg
                                     ツチグリ発見!
e0013365_831397.jpg

e0013365_831145.jpg
                               六観音御池の湖畔。あっ、サメがいる!

ここからしばらく不動池方面へと進むと甑岳への分岐が現れます。ここを左折し甑岳方面へ。甑岳山頂到着後、荷物をそこにデポして火口内に向かいます。滑るとわかっていてもズルズル滑ってしまうドロドロの道を慎重に下り、火口内に到着。みな「おぉ~」と声を上げます。そこには枯れたススキの原にガスがかかる幻想的な風景が広がっていたのです。火口中央部にある池の前で記念撮影をして下山。えびの高原に帰着後、エコミュージアム前のベンチでランチしてライブカメラに写り、次の目標、韓国岳へと向かいました。

えびの高原はあきらかに朝よりもぐっと冷え込んできています。韓国岳には霧氷が付いているのは間違いありません。ところがメンバーの一人がちょっと膝の調子が思わしくない様子。大丈夫とは言っているものの僕も彼の膝を気にしながら登り始めました。1合目を過ぎ、急な登りにさしかかった辺りで彼を振り返ると、膝を曲げずに伸ばしたまま登っています。その様子を見てすぐに中止を決定。温泉で体を温めて帰りました。

さぁ、次のMLWは3月の頭に仰烏帽子山を予定。少しでも雪が振ってくれるといいけど。。。

e0013365_8313093.jpg
                                    甑岳へと向かいます
e0013365_8314124.jpg

e0013365_8315218.jpg
                                    甑岳火口内に降り立つ
e0013365_832330.jpg
                                    池の中にカエルの卵発見!
e0013365_8321451.jpg
                                         記念撮影
e0013365_8322440.jpg
                                    えびの高原ライブカメラ映像

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-01-31 08:33 | 山行記録 | Comments(2)
2008年 01月 27日
ボランティア・カメラマン(女子駅伝編)
今日はお休みのはずだった。。。
でも気が付いたら、午前中と午後にそれぞれ別の撮影依頼が入り、休みを返上して撮影の為に朝からご出勤~~ん♪
今日はまず、先程(午前中に)撮影した写真を数枚UPします。

午前中の撮影は今日霧島市で行われた第21回鹿児島地区対抗 女子駅伝競争大会。
僕の職場も住む町も霧島市だから、チームは姶良地区なんだけど、今回はちょっと訳有りで職場をあげて伊佐地区を
応援することになり、その応援風景&応援するランナーの走っている姿を撮影するのが僕の使命。
同じ目的のプロのカメラマンと協力して撮影場所を分担して配置についた。カメラは連写モードに設定。
あとはランナーが来るのを待つばかりだ。

やがて伊佐地区の最終ランナーが他の地区の2人と共にダンゴ状態でやってきた。
他のランナーと重なり撮影できない状況にならなければいいのだが。。。
会社の仲間が掲げる応援の横断幕と「頑張れ~」の声援に笑顔で手を振って応えるランナー。
さぁカーブを曲がって僕の視界に入る。
連写。。。。。。

運よく他のランナーとも重ならず、しかも声援に応えたままの笑顔で走っているランナーを撮影することができた。

さぁ次は午後のボイランティア、会社の仲間の婚礼の撮影だ。
こちらはまた後日報告しましょう。。。
では撮影に行ってきます!

e0013365_12373270.jpg

e0013365_12374636.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-01-27 12:47 | 仕事関連 | Comments(0)
2008年 01月 26日
今日の芸能人
今日は毎年恒例となっている落語のイベントがあった。
今年の噺家さんは、桂文珍師匠だ。

以前、NHKで早朝やっている落語の番組で彼の落語を聞いたことがあり、
それ以来彼の落語を生で聞いてみたいとずっと思っていた
(確かこの前の日曜日の早朝の出演も文珍師匠だったかな)。

期待通り笑いの絶えない楽しい落語だった。

全国あちこちを公演してまわっているとのこと。
機会があれば是非彼の高座を聞いてみてください。
抱腹絶倒間違いなし☆

e0013365_21182919.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-01-26 21:19 | 仕事関連 | Comments(0)
2008年 01月 21日
庭の梅が満開です
満開の桜に負けじと我が家の庭の梅も花をたくさん咲かせています。
ちょっとだけご紹介しましょう。

e0013365_2143517.jpg

e0013365_21341787.jpg

e0013365_21342859.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-01-21 21:44 | 季節 | Comments(8)
2008年 01月 20日
映画「バベル」
先週、相方が寝込んでいる期間中に映画「バベル」を観ました。
菊池凜子がゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされたことでご存知の方も多いと思います。彼女がどんな演技をしているのか興味もあったし、「放たれた一発の銃弾がモロッコ、アメリカ、日本をひとつにつなげていく」って感じのコピーにも興味がありました。世界各地で起こる出来事がどうつながっていくのか。。。ワクワクしながらDVDをPlay。

e0013365_7274361.jpg


では簡単にストーリーを説明しますって言いたいところですが、簡単には説明できないんだな、これが! ちょっとややこしいので、同時進行する物語の一つ一つを導入部分だけ説明します。
映画はモロッコで暮らす羊飼いの家族、モロッコを旅行中のアメリカ人夫妻、アメリカで留守番中の子供達の世話をするメキシコ人女性の家族、耳が不自由な日本の女子高校生に降りかかる事件やそれぞれの悩みや悲哀を表現しながらほぼ同時進行の形で進んでいきます。

<モロッコの家族>
羊飼いの父親は近くに住む男から1丁のライフル銃を買います。父親はそれを2人の息子に渡し羊を襲うジャッカルを退治するよう言いつけます。ある日、子供達2人はお互いの射撃の腕前を競うあまり、遠くを走っているバスに発砲してしまうのです。

e0013365_728087.jpg


<モロッコを旅行中のアメリカ人夫妻>
2人は子供の死に際しての夫の態度が原因で関係がぎくしゃくしてしまっています。ブラピが演じる夫は関係を修復するため2人でゆっくり話がしたいと思いモロッコ旅行に誘ってきていますが、妻はまだ夫を信じきれないままで常時イラついています。そんな中、突然バスに1発の銃弾が。。。妻の首に当たり、みるみる内に血に染まっていきます。騒然となるバスの車内。。。

e0013365_7281359.jpg


<アメリカで留守番中の子供達の世話をするメキシコ人家族>
モロッコでの銃撃事件で両親の帰国が遅くなっている為、子供2人を世話するメキシコ人ベビーシッターのアメリアは、自分の息子の結婚式に出席するために休みを取ることができなくなります。しかし代わりのベビーシッターも見つからず結局子供2人をメキシコに連れて行くことに。そして。。。

e0013365_7282772.jpg


<耳が不自由な日本人女子高生>
モロッコでアメリカ人旅行客を銃撃したライフルは日本人ハンターの登録となっていたのです。その娘チエコは東京に住む耳の不自由な女子高生。耳が不自由で言葉もあまり話せないことで日々疎外感を味わっています。男性経験もないまま同世代の男性からは奇異の視線を浴び、かなり欲求不満が募っている状態。そしてあの女子高生の超ミニスカート姿になんとノーパンで街へと出て行くのです。

e0013365_7283981.jpg


実はこの映画を2度観ました。
1回目は「えっ?もう終わり?何がどう繋がったの?なんかすごく消化不良!」って印象でした。でもこれは、「あぁ~こう繋がったんだ。こういうことだったのか!」という推理小説のような結末を期待して観たことによる印象だったので、その色眼鏡なしで2度目を鑑賞。ミステリー物を観る時のような最後にトリックが明かされることを期待せずに、この作り手が「バベル」というタイトルのもと、何を描きたかったのかを素直に感じようと思いながら観ました。この先どうなったんだろう、これは何を意味しているんだ等等、わからない部分は若干あるものの、2度目を観終わった時にはかなりいい映画だと感じていました。

またチエコの姿は日本の若者の一部の現状を忠実に表現しているんだと思いますが、ちょっと極端過ぎるようにも感じました。東京という大都会の中の高層マンションに暮らすチエコの姿を通して日本を先進国として描いていますが、同時に日本の悪い面が強調されているような。。。

e0013365_7285570.jpg


この映画はかなり評価が分かれているようですが僕は好きな映画ですね。確かに一度観ただけではあまり高い評価を得られないような気がします。この映画を観る方は是非2回以上観ることをお奨めします。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-01-20 07:30 | 映画 | Comments(2)
2008年 01月 19日
それは突然やってきた!(今年の初登山)
一昨日(1月17日)は僕も相方も休み。
でも相方は病み上がりだし、朝からノンビリ過ごしていた。
8時半頃まで遅寝して、布団干して、自転車で借りていたビデオを返しに行き、そのまま自衛隊前まで走って、満開の桜の写真撮影。
帰ってから相方の自転車に空気を入れたり。。。

お昼の12時半頃だっただろうか、突然相方が口を開いた。。。

「今から出掛けるよ」
「えっ、どこに?」
「山よ!」
「へっ?」

てなわけでドタバタと準備をして、13:30頃に自宅を慌しく出発した。
向かった先は韓国岳。無料駐車場には4~5台ほどの車が停まっているが、準備をしている間にも続々と帰ってくる。コンクリート道をしばらく登ると目の前に韓国岳の二つの峰が姿を現す。左側にそびえる北峰が、既に西に傾きかけた陽光を浴びて、いつにも増して美しく見える。寒いだろうと少し多めに着込んできたがすぐに体が温まってきた。2人とも身軽になり再び登り始める。ノンビリ歩きで約1時間15分で山頂に到着。秀麗な高千穂峰の眺望が出迎えてくれた。山頂はかなり寒く慌ててフリースとジャケットを着込む。火口を覗き込むと陽光が当たることのない南側の斜面にはまだわずかに雪が残っている。北側には市房山、石堂山、北西にはかすかに普賢岳などを見渡すことが出来るが、南側はかなり霞んでおり桜島もようやく見える程度。晴れ渡っていれば夕焼けまで見て帰りたいところだったが、この眺望では夕焼けも期待できないから長居は無用。すぐに下山することとなった。

こうしてドタバタと行ってきた今年の初登山。
今回は距離も短く、景色も今ひとつ。。。ちょっと消化不良ぎみ。。。
29日に予定している会社の登山クラブMont-Low-Walkでの山行は、満足できる山歩きにしたい。
そういえば、まだ行き先を決めてなかったな。さぁどこに登ろうか。。。

e0013365_7414050.jpg
                                 すれ違う人のない二人きりの山歩き
e0013365_7415099.jpg
    
e0013365_7422497.jpg
                              山頂に到着。美しい高千穂峰に出逢えました
e0013365_7423511.jpg

e0013365_7424852.jpg
                          下山後、夕日に映える韓国岳の二つの峰を振り返ります
e0013365_7425879.jpg
                           特に北峰が美しく輝いていました。また登りたいな
e0013365_743724.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-01-19 07:44 | 山行記録 | Comments(0)
2008年 01月 17日
桜花爛漫1
今年は去年より1ヶ月半も早く桜便りをお届けします。
ここは国分自衛隊前の小さな公園。
早咲きの寒桜が数本ありますが、毎年その内の1本だけが今の時期に満開を迎えます。
お近くの方は是非一度見に行ってください。

e0013365_20565570.jpg

e0013365_20571370.jpg

e0013365_20572852.jpg

e0013365_20574644.jpg

e0013365_2058066.jpg

e0013365_20581144.jpg

e0013365_20582147.jpg

e0013365_20583411.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-01-17 21:00 | 季節 | Comments(10)
2008年 01月 16日
遠いぞ、今年の初登山
先週金曜日、2人ともお休みの日の出来事。
相方は日・月・火曜日の3連休、僕は月・火曜日の2連休を控え、今度こそ今年の初登りに行くぞ~って気分は高まっていた。
この日ちょいと早い夕食を近所の博多ラーメン屋で食べた。あちこちで見かけるチェーン店だ。
2人で一杯300円台の安いラーメンを2杯とチャーハンを1つ注文。久しぶりの外食ラーメンは美味しかった☆
ところが数時間後、胃がムカムカ、キリキリ。。。急に調子が悪くなってきた。
やばい、あのラーメンがまずかったのか。。。でも相方は大丈夫そうだ。
胃薬を飲み早々寝るも夜中に腹痛で目が覚める。結局翌朝からお腹を下してしまった。
夕方には腹痛も下痢症状もすっかり回復し仕事を終え帰宅すると、なんと今度は相方がぐったりしている。
腹痛・下痢の症状がある上、熱まである。仕事中もかなりきつかったらしい。軽い食中毒症状のようだ。
結局相方は連休中ずっと寝込んでしまうことに。
こうして僕らの初登山はまたまた遠のいてしまった(;へ:)
僕らの初登山は一体いつになるんだろう。。。

e0013365_7591721.jpg
                                  早くこの景色を眺めた~い

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-01-16 08:02 | その他・思うこと | Comments(2)
2008年 01月 13日
映画「トランスフォーマー」
相方が深夜勤務の夜に相方が観ないジャンルの映画を1本借りてきた。
スティーヴン・スピルバーグ監督作品の「トランスフォーマー」だ。
マジンガーZ、グレートマジンガー、グレンダイザー、ゲッターロボ、ライディーン、ガンダム、そしてエヴァンゲリオンまで
数多くのロボットアニメと共に育ってきた僕の世代にはたまらない映画である(ちなみに僕の中ではガンダムの存在感が別格)。
CGを駆使しているとはいえ、ロボット同士が凄まじいスピードと迫力で実写で戦うのだから目が離せない。
戦闘中のシーンではアングルが近すぎてよくわからない部分が多くちょっと残念だが、それでもこれまでは
アニメだったものが実写ベースになっているのだから感動ものだ。

正直ストーリーは結構チープ、というかストーリーがないというか。。。
かなり手抜きの印象でロボットの戦闘シーン以外で印象に残る箇所はほとんどない。
でも、マジンガーZ世代のお父さんから小学生の男の子まで幅広く楽しめる1作かな。。。
けど中途半端にちょっとお色気シーンもあるし。。。う~ん

とにかくロボットアニメ世代のおじさんたちは是非見てみましょう!
マジンガーZに胸躍った少年時代にタイムスリップできるかも。。。

e0013365_1811778.jpg


オフィシャルサイト
You Tube

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-01-13 18:03 | 映画 | Comments(6)
2008年 01月 12日
子供の名前(最近の命名事情)
毎月我が町の広報誌が届けられます。そこに掲載されているのが新生児の名前。
毎月ここを見る度に奇抜で見慣れない名前のオンパレードに驚いてしまいます。
ちょっとだけ紹介しましょう。皆さん、読めますか?

燈火(ひいろ)、琉生(るい)、澄空(すかい)、裕翔(ゆうと)、獅生(ししお)、
凜夏(りんな)、昴芽(こうが)、劉希(りゅうき)、帆央(ほのと)、青空(そら)、
碧透(あおと)、颯来(そら)、優空(ゆうひ)、心彩(ここあ)、琉南(るな)、
蓮士(れお)、陽姫(ひなき)、愛(あろは)、栞花(かんな)、仁歩(にぽ)、
晃辻(せつ)、心羽(ことね)、歩心(ほし)、武心(いさむね)、満琳(まりん)、
結莉(ゆら)、徠翔(らいと)、閃斗(せんと)、心愛(みあ)、理琴(りこ)、
乃愛(のあ)、奏芽(かなめ)、淳光(あつき)、心琥(ことら)、歩生(あおい)、
銀(しるば)、開陸(かいり)、琥空(こくう)、心花(こはな)、空大(そらと)、
海琉(かいる)、想藍(そら)、翔剛(しょうご)、翔空(とき)、羅大(らおう)、
斗望(とも)、与夢(あとむ)、敬陽(けいた)、依訊(いしん)、美海(みう)、
梓竜(しりゅう)、麗來(うらら)、愛美音(らびん)、春瑠(はるる)、皇君(おうき)、

これはほんの一部。でもほとんどすべてこんな名前です。ほんとです!
ご覧の通り、何でこう読ますのか理解できない名前もかなりあります。
たまに明(あきら)とか孝史(たかし)とか耕平とか(こうへい)など普通の名前が出てくるとなんだかホッとします。
マンガやアニメの影響なのか、ほんとに読み仮名なしでは読めない名前ばかり。。。
これから数年後、学校の先生は大変だ!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-01-12 18:44 | その他・思うこと | Comments(8)