<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2005年 11月 28日
夢ヶ丘登山口から高千穂峰
11月26日に「マルに会いに行こう!」と、高千穂峰に登ってきた。もちろん普通のコース(高千穂河原~高千穂峰ピストン)ではない。今回はまだ歩いたことのない御池小学校奥の夢ヶ丘登山口から高千穂峰を目指した。以前から登ってみたいコースではあったが、霧島東神社など御池方面の登山道は夏の間、山ヒルが多いとの話を聞いていたので、寒くなるまで待っていたのだ。緩やかな樹林帯をのんびりと登ること約1時間で樹林帯を抜け、5合目に到着。さらにススキの生い茂る道や両側からミヤマキリシマの枝が迫る狭い道を抜けていくと大きな谷(枯れ沢)に差し掛かる。このまま登山道を進むと霧島東神社からの道と合流するはずだ。しかし、その雄大な景色にちょっと冒険心が刺激されて、この谷を登ることにした。滑りやすく歩きづらい小さな砂利の道。なかなか進まず苦労はするが結構面白い。もう少しで頂上というところで本来の登山道に合流。約2時間50分で高千穂峰頂上に到着した。そしてまっすぐに番犬マルのもとに走った。

e0013365_2139481.jpg
      本来の登山道は右側の尾根だが、今回はこの谷を登っていく
e0013365_21401369.jpg
       頂上小屋の林さんと愛犬マル☆ マルの甘えっぷりがかわいい。
e0013365_21403846.jpg
      今日のランチはおでんとごはん。これからの季節はこれが一番~ん☆
e0013365_21443020.jpg
           ほんの少しだけど、まだ紅葉を楽しむことができた。
e0013365_21445898.jpg
   登山口の夢ヶ丘から見た高千穂峰。それとはわからない見慣れない姿。

今年は、御池奥の霧島東神社コース、皇子原方面の天孫降臨コース、御池小学校コースと様々なルートで高千穂峰を目指した。そして今年の締めくくりとして、来月には高千穂峰の西側を頂上まで直登するコースを歩こうと思っている。そして来年は。。。霧島東神社からえびの高原までの完全逆縦走に挑戦だ!

相方の山行記録はこちら

写真はすべてOlympus μ Digital 800

by ex-mlwalk326 | 2005-11-28 21:45 | 山行記録 | Comments(3)
2005年 11月 20日
くじゅうと大崩山 2日目
10月30日午前4時半。美人の湯第2駐車場の朝は早い。すでにテン泊組みは起きて撤収を開始している。5時半に起きる予定だったが、目が覚めてしまったので5時過ぎに布団から這い出すとすでに周りの車はすっかりいなくなっていた。最初からかなり出遅れてしまったようだ。我々も急ぎ美人の湯を後にして、登山口(620m)を目指す。出遅れると路肩の駐車スペースがなくなってしまうからだ。最悪の場合、かなり長い距離をバックで移動しなければならなくなる。案の定、路肩はすでに車で覆い尽くされていたが、なんとか駐車スペースを見つける。今回のコースは登山口から大崩山荘経由でワク塚尾根コースを登り、山頂を経由して坊主尾根コースを下るという最も一般的なコースである。2年前は7時間15分で歩いたコースだが、今回は2人なので9~10時間はかかるかなと一応は想定していた。出発は6時半。まだ薄暗い中をゆっくりと歩き始める。全行程からするとまだまだ準備運動のような登山口から大崩山荘までの道にもロープや梯子、木の橋などが数箇所ある。
e0013365_23211383.jpg
               まだ薄暗い中を期待に胸ふくらませて出発。
e0013365_2353855.jpg
        すぐにこのような木の梯子や橋、ロープが次々に現れる。

2年前すでにここで道を間違えていたが、今回は前回間違ったであろう枝道は木の枝でふさがれ通行止めとなっていた。これで安心してしまったのか、この後大きなミスをしてしまう。前日の昼からは雨が降っていないので、下山時に徒渉する予定の大崩山荘近くの徒渉点の確認はせずに先を急いだ。しばらく歩くと三里河原とワク塚尾根コースの分岐にさしかかる。ここで何を勘違いしたのか、今思い出しても理解できないが、なんと三里河原方面へまっすぐ進んでしまったのである。20~30分歩いたところで小積ダキの岩峰が後方に遠ざかっていくのに気付き、ここでやっと道を間違えた事を自覚。慌てて戻ったものの約1時間のタイムロスをしてしまった。秋の大崩山山行には致命的なミスである。やっと戻れたとほっとしてアルミの橋(2年前は丸太の橋だった)を徒渉するも、手すりのワイヤーから飛び出していた針金で指を負傷。何とも幸先の悪いスタートとなった。
e0013365_2374932.jpg
          丸太の橋はアルミの橋になっていた。前方の岩峰に胸躍る。
e0013365_7434365.jpg
               ちなみに2年前はこんな感じの丸太ン棒

ここから本格的な登りとなる。急登また急登の連続。厳しい登りだが確実に高度を稼いでいることが実感できる。そして最高のビューポイント袖ダキ(1150m)に到着。雲一つない最高の青空をバックに大崩山の象徴である小積ダキの大岩峰が眼前に迫ってくる。その迫力にただただ圧倒される。袖ダキで一緒になった佐伯から来られた女性達は、他の山が物足りないから今では大崩山しか登らないという。それもどうかと思うが、そうかもしれないと納得させられるだけの迫力ある景色である。恐る恐る自分がいる岩から下を覗き込んでも下が見えない断崖絶壁の上である。「オー怖っ」と体を引き戻し正面の岩峰に目をやるとなんとほぼ垂直の岩壁に3人のクライマーが張り付いているのが見える。物好きだ。。。
e0013365_238479.jpg
                 徒渉後は厳しい登りの連続だ。
e0013365_23181819.jpg
           梯子やロープも多いが着実に高度をかせいでいく。
e0013365_2393038.jpg
        大崩山一番のビューポイントである袖ダキからの圧巻の眺め
e0013365_231068.jpg

e0013365_23103440.jpg

e0013365_2311521.jpg
                  袖ダキでくつろぐ登山者たち
e0013365_23113099.jpg
      向こう側の岩壁に3人のクライマーが張り付いているのが見えるかな?
e0013365_23121286.jpg

その後、強風吹き荒れる上ワク塚付近でラーメンランチを取ったが、スタートでかなり遅れを取っており、ゆっくりしている暇はないので先を急いだ。ここからはスズタケの藪こぎが続くなだらかな登りとなる。登山口付近で追い越されたグループに坊主尾根分岐あたりでまたすれ違った。「頂上行って下りるんですか?ヘッドランプ持ってますか?」と心配げな様子。そうなのだ。すでに14時になろうかという時間。帰りがかなりやばくなってきている。何といっても帰りに通る坊主尾根コースは、梯子梯子&ロープロープの連続で、非常に危険で厳しい下りのため、かなり慎重に下りなければならず当然時間もかかる。展望のいい石塚をそのまま通り過ぎ先を急いで山頂(1643m)へ。山頂到着は14:00。2年前にはもう下山していた時間だ。そそくさと記念撮影を済ませて急ぎ山頂を後にする。
e0013365_23134075.jpg
             長~いスズタケのトンネルにはうんざりだ!
e0013365_2314168.jpg
             大崩山山頂で記念撮影。ここは全く展望がない。

登りのペースを考えると下山にも3~4時間はかかる。しかも危険箇所の連続だ。山荘前の徒渉点さえ渡れば大丈夫だが、明るいうちにたどり着けるか。。。その前に暗くなれば徒渉点にたどり着けない可能性が高い。となればビバーク。。。明日は朝から会議だよなぁ。。。色んなことが頭をよぎる。小積ダキ山頂(1390m)を経由していよいよ梯子&ロープ地獄へ入っていく。ここからはまさに「落ちたら死ぬで」の連続。時間を気にしながらも全身を使っての慎重な下山が続く。袖ダキから見えていたクライマー3人に抜かれ、いよいよ心細くなってきた頃ようやく川の水音が聞こえてきた。その後少し道を見失いかけながらも、なんとか暗くなる前に徒渉点に到着。思わず相方に「徒渉点に着いたぞ~!助かった~☆」と叫んでいた。その後急に明るさを失い、もうヘッドランプを出そうかとした矢先、前方に登山口の赤い横断幕が。。。17時30分。11時間の長い山行がやっと終わった。さぁ車に。。。車、車。。。車がない!フレ君が盗まれた~。。。と思ったらもう一つカーブの先でちゃんと待ってたよ。ほっと安心。その後鹿児島まで3時間半のドライブ。長い長い1日が心地よい疲れの中で終わった。相方は「大崩山には2度と行かない!」。でも僕は。。。アケボノツツジを見に行ってみたいなぁ。。。
e0013365_2315933.jpg
   小積ダキ山頂展望台から象岩を見る。これからあの象岩の下をトラバースする。
e0013365_23155453.jpg
                  ロープ&ロープ&ロープ&ロープ。。。
e0013365_23161446.jpg
                梯子&梯子&梯子&梯子&梯子。。。。
e0013365_23163320.jpg
              やっと帰り着いたぁ~という安堵の笑顔です。。。

by ex-mlwalk326 | 2005-11-20 23:17 | Comments(4)
2005年 11月 19日
MLW~秋の矢岳・竜王山
大崩山報告の前に、11月17日の山行報告を。。。
今回は会社の登山クラブ「モンローウォーク」の第12回目の定例山行。MLWからは僕の父を入れて4名、そして今回も「waがままくらぶ」から2名参加して頂き、合計6名。
今回は、高千穂河原から皇子原方面に歩き、矢岳・竜王山を歩いてくるコースで、昨年霧島の中で最も紅葉が美しかった場所。残念ながらすでに紅葉のピークは過ぎているが、天気にも恵まれ気持ちのいい山行となった。
e0013365_6281566.jpg

e0013365_629092.jpg

e0013365_6293183.jpg

e0013365_630914.jpg

e0013365_6303772.jpg
高千穂河原から皇子原に向かう道。気持ちのいい山歩きが楽しめます。
e0013365_631481.jpg
               矢岳登山道から高千穂峰を振り返る

e0013365_632645.jpg
矢岳~竜王山間の稜線から見た高千穂峰
e0013365_6323263.jpg
竜王山頂上での記念撮影。ムンクの叫びポーズ!
e0013365_6325524.jpg
竜王山下の沢では数本の炭化木を見ることができた。大切に残しておきたいですね。
※上の写真は炭化木の写真ではありません。
写真はすべてOlympus μ Digital 800

by ex-mlwalk326 | 2005-11-19 06:34 | 山行記録 | Comments(4)
2005年 11月 13日
九重と大崩山 1日目
九重と大崩山のポジのスキャンが終了したので数枚UPします。
念願の2度目の大崩山に行こうと取った連休が10月29日(土)と30日(日)。直前の1週間はずっと晴れていたのにこの日に限って雨の予報。29日の夕方からやっと晴れそうな気配。ほんとは29日に大崩山に登って30日に九重へ紅葉散策のお散歩の予定だったが、出発直前に予定変更。1日目に九重、晴れる可能性の高い2日目に大崩山に登ることにした。大崩山は危険箇所が多く、特に下りには雨だとすべる可能性が高いアルミ梯子の連続が待っているからだ。鹿児島県霧島市の自宅から長者原まで約3時間半のドライブ。翌日早めに雨があがる事を祈りつつボンフレ後部の布団に潜り込んだ。

朝6時起床。。。やはり雨。外ではすでに数人がレインウェアを着込んで準備を進めている。今日は明日の大崩山に備えてのんびり出発のお散歩登山だし、もう一寝入りZZZzzz.。。。
8時頃に起き出すとなんとすっかり雨はあがり、長者原の駐車場は登山客で溢れている。
e0013365_187266.jpg

慌てて起き出しボンフレの天井部分に腰を掛けて登山の準備をしていると、いきなり足の裏をコチョコチョ!熊本の馬シャン登場!夕べ出発直前にヤフー掲示板の大分トピに「これから九重に向かいます」と書き込んでいたため、長者原に立ち寄ってくれたのだ。お友達と数人で男池からソババッケまで歩くとのこと。6月に阿蘇高岳~中岳登山でご一緒して以来の再会だ。①長者原~泉水山~黒岩山~牧ノ戸峠のコースか②牧ノ戸峠~星生山~久住わかれ~牧ノ戸峠のどっちかを歩こうと迷っていたが、疲れない軽いお散歩にはちょうどいいと考え、結局彼女と同じコースを歩くことにした。

去年のちょうど同じ時期に親父と二人で黒岳に登った。天狗岩周辺の紅葉が美しかった。今回はソババッケまでなのでその紅葉を愛でることはできないが、ソババッケまでのブナの森林も美しく九重の中でも好きな道の一つである。途中で下山中の馬シャンご一行様とすれ違う。また近いうちに是非ご一緒させてください。
e0013365_1871278.jpg

e0013365_1873598.jpg

e0013365_1883493.jpg

e0013365_189239.jpg
ソババッケから平治岳方面を望む
e0013365_189573.jpg
牧ノ戸峠の紅葉

黒岳下山後、星生温泉の山恵の湯につかり、大崩山登山口近くの「美人の湯」を目指す。ここの第2駐車場は登山者の車中泊・テン泊のために開放されている。大変ありがたい。
九重の南登山口のある九重高原を抜けて国道326号に入る。延岡に入る手前から右折して美人の湯への近道を取った。もうすぐ美人の湯へ出るという直前でなんと通行止め!仕方なく引き返し延岡を経由して美人の湯の駐車場へ。すでに4~5の登山用の小さなテント&オートキャンプ用の大きなテントまで張られていた。到着後はその先着の皆さんに僕のボンフレの2階テントのお披露目会まで開催☆
すでに空には星が輝いている。明日の大崩山登山が楽しみだ☆

by ex-mlwalk326 | 2005-11-13 18:12 | 山行記録 | Comments(5)
2005年 11月 07日
雨の大浪池
まだ大崩山のスキャニングが終わってないんで、先に昨日の山行を報告します。
昨日は、ネットの山仲間たちとの山オフ会。いつものメンバー4人+ネット仲間の職場の2人+僕の会社の登山クラブ「Mont-Low-Walk」の1人+鹿児島市や霧島市に配布されている某生活情報紙の営業マン+鹿児島のフリーペーパー「SCENE」のお二人の合計10名。
当初は、大浪池を展望台のところまで登り、そこから池のほとりに下りて湖畔を1周、その後火口壁の外周を1周。ピークの紅葉を上からも下からも楽しむ予定だった。ところがご存知の通りの雨、雨、雨、あめぇ。。。。滑りやすい湖畔の1周はあきらめて通常の周回コースのみを歩くことにした。8時半の集合で9時出発。のんびり西側コースを歩いて非難小屋に到着したのは10時半。休憩しているうちに雨がひどくなりそのまま11時に少し早めのお昼ご飯となった。予想通り東側の登山道脇の紅葉が美しく、火口壁はもっときれいであろうことは容易に想像できたが、何回覗き込んでも見えるのは真っ白なガスだけ。。。 来年に期待しよう。


e0013365_21362575.jpg
                   東側周回道沿いの紅葉
e0013365_21372586.jpg
     東側周回道はちょうどピーク。今日は晴天だったから最高だったかも。。。
e0013365_21375667.jpg
                 最後まで雨の中の山行でした
e0013365_21381559.jpg
                  ガスに煙る大浪池登山道
写真はすべてOlympus μ Digital 800

by ex-mlwalk326 | 2005-11-07 21:40 | 山行記録 | Comments(4)
2005年 11月 05日
「霧島市」誕生!
明後日、11月7日に一市六町(国分市、隼人町、溝辺町、横川町、牧園町、霧島町、福山町)が広域合併し、新たに「霧島市」が誕生する。
「霧島」という全国的にも有名な山系・温泉地の名前を新しい町にいただくことは、観光業界に身を置く僕にとっては、喜ばしいことだ。単に名前が変わっただけなんで、黙っていても観光客が来るなんて虫のいい話はもちろんないが、いいきっかけになってくれればと願っている。
e0013365_13531168.jpg
Nikon D70

先日、某国営放送が僕の職場を取材に来た。
広域合併で霧島市に生まれ変わることによる地元企業の様々な取り組みを取材しているらしい。僕の職場でも実際、色々なプロジェクトが進行している。その打合せの様子を撮影していった。もしかすると来週あたり僕もテレビに映っちゃうかもしれない。
e0013365_1356363.jpg
CASIO G’z One Type-R(auの携帯)にて撮影

by ex-mlwalk326 | 2005-11-05 13:57 | その他・思うこと | Comments(4)
2005年 11月 04日
326
先日くじゅうから延岡方面へ向かう途中、目に飛び込んできた道路標識。
おおぉぉ~、これは撮らねばなるまい!と助手席から同行者に撮ってもらった1枚。
大崩山に向かう道が国道326号腺とは。。。
どうりで大崩山に呼ばれた気がしたんだよなぁとつぶやく326でした。
e0013365_821640.jpg


by ex-mlwalk326 | 2005-11-04 08:02 | その他・思うこと | Comments(5)
2005年 11月 03日
フィルム現像
フィルム2本分の現像が上がってきた。
大崩山の写真を楽しみにしながら1本目を見ると、1ヶ月前の霧島でのキャンプの写真。
まだ現像してなかったんだぁと思いながら、次のフィルムを見ると。。。
黒岳の紅葉写真だ。うん?大崩山がないっ!
そんなはずはないぞ、どこ行った?と、先日持参したバッグなど色んなものを引っ掻き回すと、撮影済みのフィルム1本を発見!出し忘れていたみたい。。。
紛失してなくてよかったぁ~
e0013365_4142951.jpg
10月6日、霧島高原国民休養地オートキャンプ場での夕景

by ex-mlwalk326 | 2005-11-03 04:15 | キャンプ | Comments(8)