カテゴリ:山の話( 92 )

2013年 08月 28日
三浦雄一郎氏講演会
e0013365_965266.jpg


8月26日と27日は、僕の短い夏休み。
2日間で由布岳や九重方面を歩こうと思っておりましたが、ある知人から「80歳でエベレストに登頂した三浦雄一郎氏の講演会があるけど、チケット手配できるよ」との嬉しいお誘いがあり、とりあえず2枚予約してもらいました。2日間が晴れなら、誰かに譲って僕は山に行こうと考えていたんですが、やっぱさすが僕です。山に行こうと計画した日は土砂降り予報・・・。で、三浦氏の講演会に行ってきました。この講演会はクラーク記念国際高等学校の校長である氏が学校関係者や生徒・保護者を中心に若干の一般参加者も集めての講演会。恥ずかしながら、彼がこの学校の校長先生だったことも、この学校の存在すら初めて知った次第。まじめでまっすぐな印象の生徒が多いと感じました。

さて、講演会の前に、5月のエベレスト登頂の記録ビデオが上映されました。その後1時間ほどの講演。たくさんのスタッフの支えとそれを上回る本人の強い意志、夢の達成に向かうエネルギーの強さを感じました。あきらめないこと!大切ですね。

それとエベレストに向かうトレーニングは近くの低山から始めたらしいのですが、毎日両足に5キロずつの重りと2~30キロの重量のザックを背負って歩いたとのこと。僕もモコちゃん散歩に足のウェイトをつけようかな。

by ex-mlwalk326 | 2013-08-28 21:30 | 山の話 | Comments(2)
2011年 11月 18日
なんちゃって登山教室1(レインウェア)
e0013365_753464.jpg
                               寒さ対策のお薦めは何といっても、モコちゃん(ワンコ)♪                                 

霧島山岳会に入り、遭難事象の検証や対策などについての情報を見聞きする機会が増えています。単独で山に入ることも多かった独身時代から、自分の身を守る為の遭難対策については勉強してきてはいたものの、今振り返ってみるとまだまだ十分ではなく、当時は全く怖さを知らなかったんだなと反省しています。僕の周りにもまだまだ知識も装備も十分でない仲間達が多く(もっとも彼らは単独で山に入ることはしないようですが)、今後少しずつでも教えていければと考えているところです。さて、今年はなかなか寒くなりませんが、ここにきてやっと寒波が少しずつやってくるようになりました。そこで、今日は寒さ対策についてちょっと・・・。

2009年7月に北海道の大雪山系において10名の方が亡くなるという悲惨な遭難事故が発生したのを皆さんは覚えておられることと思います(その内9名がトムラウシ山で亡くなりました)。もちろん全員レインウェアを着用していましたし、亡くなった方々全員のレインウェア内部に水が浸み込んでいた訳でもありませんでした。それでも低体温症になり死亡してしまったのです。レインウェアはゴアッテクスに代表される防水透湿性能がある素材が基本ですので、皆さんもそのような素材を使ったレインウェアを持っておられると思います(持っていなければまず助かる見込み無し!真っ先に動けなくなってしまいます)。亡くなった9名の登山者はゴアッテックスのレインウェアを着ていたのに何故低体温症になってしまったのでしょうか?

ゴアテックス素材のレインウェアは防水透湿性能がありますので、雨をはじき、内部の汗などの湿気や熱を外部に放出してくれるので、夏場でもべとつかず心地よく登ることができます。一方で寒くなってもその機能は変わらず内部の熱を外部に放出してしまいます。つまりゴアテックス素材自体には防寒性能はないということです。もちろん風を防ぐ役割は果たしますので、山頂でレインウェアを羽織ることによって風が直接肌に当たることによる寒さから身を守る用途に使用することはできますが、保温効果は全くないのです。もし半袖のTシャツの上にレインウェアを着た場合、ゴアテックスのレインウェアは肌から熱をどんどん奪ってしまいます。これが9名の登山者の命を奪った一因とも考えられます。ではどうすれば死なずに済んだのでしょうか?簡単なことです。もう1枚乾いた長袖のシャツやフリースなどの防寒具を着込むだけ。そうすれば直接レインウェアが肌から熱を奪うことを防ぎ、内部に空気の層を作ることによって保温効果が発揮されたはずです。早めにもう1枚着込むだけで彼らは亡くならずに済んだかもしれないのです。

皆さんは登山の度にレインウェアをザックに入れていますか?雨が降る見込みがない晴れの天気でもレインウェアを持って行っていますか?真夏でも長袖シャツやフリースをザックに入れていますか?僕は真夏でもザックにはフリースを入れていますよ。ゴアッテクスのレインウェア&長袖シャツもしくはフリースは登山の基本装備として、毎回必ず持参しましょう!

でも、やっぱ最高の防寒対策はモコちゃんかも(笑)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2011-11-18 07:56 | 山の話 | Comments(3)
2011年 10月 21日
雨を呼ぶMont-Low-Walk
e0013365_734652.jpg
                                  2009年のMLWでのくじゅう紅葉散策も雨でした





ごめんなさいm(_ _)m

この週末、九重連山へ紅葉散策を計画していた皆さん、大変申し訳ありませんm(_ _)m

晴れの天気予報でも雨を降らすほどの雨男パワーが強い登山クラブ「Mont-Low-Walk」がくじゅう行きを計画したばっかりに
雨になってしまったようです。
紅葉が見頃のこの週末を台無しにしてしまい、この場をお借りして謝らせてください。
m(_ _)mペコリ


でも、MLWは雨にもめげずに行きますよ。
お気に入りの民宿に1泊しての今回のくじゅう山行は、4ヶ月程前から計画していたんですからね。
でもどのコースを歩くかは土日の天候次第。
当初の計画にこだわらず、天気予報と相談しながら最適かつ安全なコースを設定したいと思います。

同行するメンバーに、素晴らしい紅葉を見せてあげたかったのになぁ。
少しでも晴れ間が出るといいいけど・・・

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2011-10-21 07:04 | 山の話 | Comments(4)
2011年 07月 22日
認定証が届きました
e0013365_6402356.jpg


日本体育協会が発行するスポーツリーダーの認定証が届きました。
上の資格を目指す場合の基礎資格となるので、たとえば山岳指導員資格を取得する場合は基礎的な講習などが免除となります。

なかなか勉強&練習の時間が取れませんが、これをステップにして上を目指してみたいと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2011-07-22 06:50 | 山の話 | Comments(2)
2011年 07月 11日
スポーツリーダー研修
e0013365_754036.jpg


先月2日間、そして今月2日間、合計4日間に渡る「スポーツ・レクリエーション活動リーダー養成講習会」が開催され、一昨日と昨日の2日間、最後の研修を受講してきました。(先月の様子はこちら)
4日間に渡り勉強してきたこととは・・・

<1日目>
講義:環境の変化とスポーツ
講義:スポーツと栄養
実技:チャレンジ・ザ・ゲーム指導法
講義:スポーツ障害
講義:青少年期の発育発達の特性

<2日目>
講義:応急手当の基礎知識
実技:心肺蘇生法、AED講習
講義:生涯スポーツ論
実技:スロートレーニング指導法
講義:地域におけるスポーツ振興

<3日目>
講義:トレーニング論
実技:バランスボール指導法
実技:体力測定の方法と実際
講義:スポーツ指導者の資質と役割
討議:生涯スポーツ指導上の問題点

<4日目>
討議:イベント開催プログラムの考案
実技:ストレッチング指導法
   健康づくり体操指導法
講義:社会体育の意義とねらい(実はこの時間は筆記テスト)
実技:高齢者体操指導法
実技:レクリエーションゲーム指導法


このような研修には初めての参加となりましたが、所属している「霧島山岳会」の仲間2名が一緒だったこともあり心強く、また3日目以降はゲームなどを通して、他の参加者とも会話がはずむようにもなり、楽しく勉強させて頂きました。

この研修を受講したことで頂いたのが、「普通救命講習集了証」と「社会体育有志指導者中級の認定証」です。また約1ヶ月には「スポーツリーダー」の認定証も届くとのこと。「スポーツリーダー」とは、公益財団法人日本体育協会の「公認スポーツ指導者制度」における基礎資格で、スポーツ指導やボランティアに関する基礎的な知識を身につけ、地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダー的な存在として活躍するために必要な基礎資格です。「山岳指導員」などの上級資格を目指す上での基礎資格ともなります。

さぁ次に目指すのは・・・まだ秘密です(笑)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2011-07-11 07:07 | 山の話 | Comments(0)
2011年 05月 16日
ロッククラミングができるホテル
e0013365_816410.jpg


スペインにロッククライミングができるホテルが建つらしい。
すごい!

e0013365_8155340.jpg
e0013365_8151711.jpg


情報元はこちらをクリック!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2011-05-16 08:15 | 山の話 | Comments(8)
2011年 05月 02日
新燃岳のハートストーン?
e0013365_719294.jpg


新湯方面とえびの高原方面への分岐点近くから撮影した新燃岳の山肌です。
本来ならこの時期は新緑が輝き始め、一部にはミツバツツジのピンク色で染まる新燃岳なのですが、
ご覧の通り一面灰色の火山噴出物で覆われています。裾野の方を見ると幹の真ん中辺りで折られた木々が何本も見えます。

こんな山、以前どこかで見たことがある・・・
そうです。雲仙普賢岳の噴火でできた平成新山の山肌にそっくりです。
ということは・・・と、画像を拡大して目を凝らして見てみると・・・

あった! 新燃岳のハートストーン!
ってかなり無理矢理かも^^;

e0013365_7181620.jpg
                       新燃岳の拡大画像。上下の輝く石がハートに見えるかも??? かなり無理矢理!



※ちなみに雲仙普賢岳のハートストーンはこちらです。

雲仙普賢岳のハートストーンは見つけると幸せになると云われています。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2011-05-02 07:18 | 山の話 | Comments(2)
2011年 03月 09日
回想 ~美しき新燃岳~ ⑳最後の写真
e0013365_6584688.jpg


今回で「回想 ~美しき新燃岳~」シリーズも最後です。
最後までご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m

シリーズ最終章ということで、僕が撮影した最後の火口湖の写真を掲載しようと探しておりましたら、
ここで紹介するおちゃらけた3枚の組写真だったという訳・・・^^;
「美しき新燃岳」の最後に相応しいかどうかは甚だ疑問ではありますが、まぁ僕らしいということで(笑)

e0013365_6583416.jpg
                                    珍しく相方ものってます♪
e0013365_6582293.jpg
                              これが火口湖が写っている最後の写真。フェアビューさんも熱演中☆


噴火直後の活発な活動が少しずつ収まってきているように感じる最近の新燃岳・・・。
しかしまだ立入規制が緩和される気配はありません。迫力ある写真が撮りたいからと立入規制区域に入り込む人も多いらしく、
さらに監視を強化するとのこと。規制区域外に車を残したまま中に入り噴火に巻き込まれることになれば、
危険な捜索救助活動に多くの人が駆り出されることになります。このような軽率な行為は控えてほしいと切に望みます。

3月も中旬に近付き、麓では春の野花が咲き始めています。
もうすぐ大浪池のマンサクも黄色い花を咲かせる頃・・・。
残念ながら今年は見れそうにありませんね。

1日も早い終息を願いつつ、うっすらと白い噴煙を上げる新燃岳を麓の街から眺める日々は続きます。


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2011-03-09 06:57 | 山の話 | Comments(2)
2011年 03月 08日
回想 ~美しき新燃岳~ ⑲シルエット
e0013365_7412291.jpg
e0013365_7405432.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2011-03-08 07:18 | 山の話 | Comments(0)
2011年 03月 07日
回想 ~美しき新燃岳~ ⑱火口周回
e0013365_6512899.jpg


数年前、まだ火山活動が活発になる前に、一度だけ新燃岳の火口を一周したことがあります。
これまでその時の写真はアップしていませんでしたが、思い出として、また新燃岳の姿を伝えるために、
今回その一部を紹介しようと思います。

新燃岳火口周回をもっと見る

by ex-mlwalk326 | 2011-03-07 06:46 | 山の話 | Comments(2)