カテゴリ:JAZZ( 6 )

2011年 08月 14日
好きなJAZZアルバム
e0013365_1922214.jpg


ネタぎれです^^;
こんな時は好きなジャズアルバムでも紹介しちゃおうってことで、めちゃくちゃ久しぶりの第2弾!
以前紹介した僕が一番好きなアルバムは、Albert Aylerの「My Name is Albert Ayler」でした。
このアルバムのSummertimeは最高ですので、機会があれば是非聴いてみてください。

で、今日ご紹介するのは、World Saxophone Quartet の「Live in Zurich」です。
大学2~3回生の頃はフリー系のジャズばかりを聴いていまして、そんな頃に聴きまくっていた中の1枚です。




にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2011-08-14 19:33 | JAZZ | Comments(2)
2009年 07月 17日
今日はこれを聴く♪
毎年7月17日が来る度に思い出すこと・・・

もう25年程前、京都の学生時代の同級生の彼女(ヤマモトさん)曰く、

「今日は私の日よ!」
「なんで?」
「今日は祇園祭の山鉾巡行やねんでぇ~、わからへん?」
「わからんわ、何の関係あんねん?」
「山鉾巡行、やまぼこじゅんこう、やまぼとじゅんこう、やまもとじゅんこ、ほら私の日やん!」
「・・・」

   ※7月17日は京都祇園祭の山鉾巡行の日です

なんてアホなやり取りもたまには思い出しますが、それ以上に毎年絶対に忘れずに思い出すのは、
7月17日が、僕の大好きな2人の偉大なジャズミュージシャンの命日だってこと。
その2人とは、女性ボーカリストのビリー・ホリデイとサックス奏者のジョン・コルトレーンです。

帰宅してすぐにコルトレーンのCDをかけると、相方
「なんでそんなに暗いの聴くの? 違うのにして!」
「今日はダメ! 今日はコレを聴く日なの!」
もちろん、今日の僕は譲りませんよ!

と思っていたら、相方が先に寝ちゃったよ。
これじゃ次のビリー・ホリデイを聴けないじゃない!
仕方ない、ヘッドホンで聴くか・・・

e0013365_2225840.jpg






にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2009-07-17 22:27 | JAZZ | Comments(4)
2008年 12月 02日
セクシー系ジャケット
ジャズのLPレコードを買っていたのは京都での学生時代と東京で勤務していた数年間。
その際探していたのは、所謂、名盤と呼ばれるもので、まだ持っていないレコード。
でも時々聴いたことも見たこともないレコードを買うこともありました。
その時の基準になっているのがLPレコードのジャケットデザインです。
デザインだけに魅了され買ってしまうこともしばしば・・・

そんなレコードの中から今日は、セクシー系♪を数点ご紹介しましょう。

e0013365_22501192.jpg
                                Marty PaichのI get a boot out of you
e0013365_22504096.jpg
                                  BOB COOPERのCOOP! 洒落てます
e0013365_22505913.jpg
                                SAM TAYLOR・・・これはジャズじゃないな。。。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-12-02 23:01 | JAZZ | Comments(2)
2008年 11月 25日
僕が好きなジャズの1曲
昨日、相方と1週間遅れの誕生日も穏やかに過ぎ、また一つ歳を重ねました。
おじさん街道まっしぐらではありますが、いつまでも気持ちは若くあり続けたいなと思います。
アウトドアライフとはちょっとかけ離れますが、目指しているのはオープンカーが似合うお爺さんです(笑)

さて、音楽なら何でも聴く僕ですが、一番好きなジャンルはJAZZ♪
メインストリームからフリージャズまで何でも聴きまくります。
家にはジャズのLPレコードを400枚程持っているのですが、以前聴いていたスピーカーが調子悪かったので
結婚を機に処分して以来未だに新しいスピーカーを入手できず、レコードを聴ける環境が出来てないんです。
中古でもいいから小さなスピーカーを手に入れたい!でも今のところはスピーカーよりカメラが先!って
感じなので、まだまだ先になりそうです。もうしばらくはCDで我慢です。

ジャズにはいい曲、素晴らしい演奏がたくさんあるので、その中から1枚、1曲を選ぶのは至難の技です。
でも僕には「これしかない!」という1曲があります。
フリージャズのテナーサックス奏者アルバート・アイラーの「My Name is Albert Ayler」というアルバムに
収録されている「Summertime」です。夕べYou Tubeで検索してみたらUPされているのに気付きました。
スタンダード曲とはいえ、フリージャズで有名な奏者が演奏していますので、ジャズを深く聞き込んでいない方や
綺麗なジャズがお好きな方にはちょっと違和感があるかもしれません。
でもボリュームを大きくして、暗い部屋で静かに目を閉じて音に集中して聞いてみてください。
魂の叫びのような嘆きのサックスにきっと引き込まれてしまうことでしょう。

では、こちらでお聴きください。

e0013365_7313767.jpg


※以前UPしたAlbert Ayler関連の記事です
※ジャズではありませんがジャニス・ジョプリンのサマータイムも最高です!まじ!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-11-25 07:33 | JAZZ | Comments(0)
2008年 05月 18日
JAZZ屋 喜三郎
飲み友達が店を出した。
最近は飲みに出ることも少なくなったので、飲み友達という表現がいいのかどうか分からないが、
会うときはいつも飲んでいるので、やっぱり飲み友達だ。彼との出会いもまた飲み屋だった。
当時、霧島の町(当時は国分市)に1件しかなかった本格的にJAZZを聴かせる店「Django」
にちょくちょく出入りしていた。その日僕の横に偶然座っていたのが彼、「喜三郎」氏だ。
彼が僕に焼酎をすすめてくれたのがきっかけでそのままJAZZの話で意気投合♪ 
僕の家で飲みなおそうと連れてきたところ、僕のJAZZ専用の部屋を見て「うわ、僕の家と一緒だ!」と大層感激!
さらに日本酒を出そうと思い、朱塗りの盆の上にお猪口を10個ほど乗せて「どれで飲みますか?」と差し出したところ、
またまた「ひえ~僕と一緒だ!」と大感激。
なんと彼も家に知人を招いて飲むときは、同じようにお猪口を選んでもらっているらしい。
後日、彼の家を訪れた際、僕も「うわ、僕の家と同じだ!」と叫んだのは言うまでもない。

その後、結婚するまでの数年間、彼とは頻繁に酒を酌み交わした。
昨年共通の知人の結婚式で会った時に、安定した公務員という職を捨てたと聞いた。
店を持ちたいとのことだった。そして今回めでたく開店。先日酒を抱えてお祝いに行ってきた。

店の名前は「JAZZ屋 喜三郎」
スナックだったであろう作りの店内にアルバムジャケットやミュージシャンの写真が掲げられ、
ジャズ屋の雰囲気を作り出してる。酒や音楽はもちろん、奥さんの手作り料理も絶品だ。
カウンターの奥でジャズを語る彼を見ていると、お堅いお役所仕事よりJAZZ屋のマスター
(というより親父)の方が似合っていると実感できる。

今度は相方や会社の仲間も連れてこよう。
近くにお住まいの方は是非!

※JAZZ屋 喜三郎
住所 : あっ知らないんだ。
電話 : あっ店の電話も知らないわ。
場所 : 国分山形屋はす向かいのとらやの真裏です。

e0013365_18314681.jpg

e0013365_1832090.jpg
                               コルトレーンと同じポーズをとるマスター

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-05-18 18:42 | JAZZ | Comments(2)
2008年 02月 28日
Albert AylerのSpritual Unityを聴いた夜に
その時、僕の鼓膜を振るわせたのは何だったのか
嘆きとも叫びとも言えぬ悲痛な響き
垣間見てはならぬ未知なるものへの初めての接触
それは僕の鼓膜を突き抜け、頭蓋を振るわせた

人間的な、あまりにも人間的なその創られた叫び
神秘的、そしてあまりにも霊的なその嘆き
そのSAXの響きは、僕を拘束し瞑想の淵へと誘う

Albert Ayler、僕の意識は体を離れ 君の魂の叫びを追い求め空間を彷徨いだす
その時、君とのSpritual Unityが始まった

(21歳 京都にて)

e0013365_17591162.jpg


※これから少しずつ僕の好きなJAZZのアルバムを紹介していきます。
 今日は第一弾、Albert Ayler のSpritual Unityです。

※You TubeにあったAlbert Aylerの演奏です(音声のみ)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

by ex-mlwalk326 | 2008-02-28 18:05 | JAZZ | Comments(0)